現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マイナーチェンジでどこが変わった? VW「パサート・オールトラック」の万能さとは

ここから本文です

マイナーチェンジでどこが変わった? VW「パサート・オールトラック」の万能さとは

掲載 更新
マイナーチェンジでどこが変わった? VW「パサート・オールトラック」の万能さとは

■マイチェンで内外装ともに大幅に変更

 8代目となるフォルクスワーゲン(VW)現行型「パサート」が日本で発売された2015年というと、あまり蒸し返すのもよろしくないのですが、ちょうどVWがディーゼルゲート問題に揺れたのを思い出します。

【画像】VW改良新型「パサート・オールトラック」を画像でチェック(20枚)

 じつは件のパサートにも、もっと早くTDI搭載モデルが日本に導入される予定があったようですが、そんな事情もありだいぶ遅れてようやく始まったのが、2018年2月のこと。さらに同年10月に追加されたのが、TDIを搭載したクロスオーバーの「パサート・オールトラック」です。

 じつのところ、日本導入当初のTDIモデルはディーゼルらしい力強さを身につけている半面、音や振動がにぎやかで、出足のクラッチのつながりにもたつきがあるなど、気になる点が少なくないように感じていました。

 待ったぶん、そのあたりも洗練されているのかと思いきや、意外とそうでもないことが少々残念でした。

 ところが、約半年後に日本に初めてやってきたパサート・オールトラックは、同じパワートレインを搭載するにもかかわらず、そのあたりの問題がずいぶんと解消していたことに驚いたものです。

 パサート・オールトラックは、パサートセダンやパサートヴァリアントには設定のない、フルタイム4WDの「4MOTION」のみの設定で、パサートヴァリアントよりも車高が30mm高く、外観では専用バンパーやホイールエクステンション、サイドシルなどが与えられるほか、インテリアには専用シートやアルミ調ペダルクラスターなどが採用されているのが特徴です。

 それから約3年。現行パサート自体、登場したのがもう約7年前なので、いつフルモデルチェンジしてもおかしくないわけですが、このタイミングで大がかりなマイナーチェンジを実施したということは、まだ当面はこれで行くと思ってよさそうです。

 今回のマイナーチェンジでは、LEDマトリックスヘッドライトが採用されたほかは、見た目の変更点はそれほどないようですが、全体的にいくぶんシャープさが増して精悍になったような印象を受けます。

 またリアのPASSATのロゴも移設されました。ボディカラーに、これまでパサートヴァリアント専用だった「アクアマリンブルーメタリック」が追加されたのも新しい試みです。

 インテリアはメーター類が一気にデジタル化されたほか、ダッシュ中央のアナログ時計に代えてバックライト付の「Passat」ロゴが配されるなどしています。

 さらに最新のインフォテイメントシステムが与えられ、常時コネクティッド化とオンラインサービス「We Connect」との組み合わせにより、渋滞情報の入手や、専用アプリによりスマートフォン上で窓の閉め忘れや駐車位置などの確認、さらにドアの解錠・施錠の操作も可能となりました。

■DSGが従来の6速から7速になり滑らかで力強い加速を実現

 試乗記の掲載順は新型ゴルフと前後してしまいましたが、じつはVW初の同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」の設定は、こちらのパサート系が少しばかり先行しました。

 走りの面では、パサートのセダンおよびヴァリアントのTDIモデルともども、これまで6速だったDSG(DCT)が新しい7速仕様に変更されています。また、パサートのTSIは、1.4リッターから最新世代の1.5リッターに換装されたことも併せてお伝えしておきます。

ドライブすると、ディーゼルのTDIはいつもながら力強く、あまり回さなくても十分な加速が得られることにあらためて感心します。DSGのギア段数が6速から7速へと増えたことで、よりその良さが生きてくるのはいうまでもありません。

 パサートヴァリアントよりも地上高が高められていることに合わせて、ロール等の挙動を抑えるためのセットが施されているようで、荒れた路面を走るとやや硬さを感じる半面、狙い通り巡行時の安定性も高く保たれています。

 一方で、クロスオーバー4WDとしての使い方に合わせて、ヒルディセントアシストを搭載するほか、ドライブモードにオフロードモードが専用に設定されているのもオールトラックならでは。

 ラゲッジスペースは、通常時639リッター、最大1769リッターと広大です。2WDのパサートヴァリアントに対して、後輪を駆動するための機構による差はわずか11リットルに抑えられているのも特徴となります。

 リアシートは3分割可倒式で、4人の成人を乗せて、さらにスキーのような長尺物を積むような使い方にも問題なく対応します。背もたれを前倒しすると前端が少し持ち上がるものの、かなりフラットな荷室ができるのも、使いやすさを高めてくれそうです。

 車両価格(消費税込)は、標準モデルが552万9000円で、各種運転支援装備やDCC、XDSなどを標準装備するAdvanceが604万9000円となりますが、内容の充実度を考えると、せっかくオールトラックを買うなら、圧倒的に後者をオススメしたいところです。

Volkswagen Passat Alltrack TDI 4MOTION Advance
フォルクスワーゲン パサート・オールトラックTDI 4モーション アドバンス

・車両価格(消費税込):604万9000円
・全長:4785mm
・全幅:1855mm
・全高:1535mm
・ホイールベース:2790mm
・車両重量:1740kg
・エンジン形式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
・排気量:1968cc
・駆動方式:4WD
・変速機:7速DSG(DCT)
・最高出力:190ps/3500-4000rpm
・最大トルク:400Nm/1900-3300rpm
・タイヤサイズ:245/45R18

こんな記事も読まれています

"三浦半島の先端"に悲願のバイパス道路!? 「地獄の渋滞」解消へ三崎口~油壷を直結「西海岸線」計画が進行中!
"三浦半島の先端"に悲願のバイパス道路!? 「地獄の渋滞」解消へ三崎口~油壷を直結「西海岸線」計画が進行中!
くるまのニュース
上位勢のギャップが消えつつあることは「F1にとって良いニュース」とフェラーリF1代表
上位勢のギャップが消えつつあることは「F1にとって良いニュース」とフェラーリF1代表
AUTOSPORT web
佐藤琢磨が3度目の制覇に挑むインディ500をNHK BSで完全放送。琢磨優勝の2020年大会を振り返る特集も
佐藤琢磨が3度目の制覇に挑むインディ500をNHK BSで完全放送。琢磨優勝の2020年大会を振り返る特集も
AUTOSPORT web
【カワサキ】Ninja ZX-25R オーナーのためのレーシングスクール「Ninja Team Green Trial in SPA直入」のレポートを公開
【カワサキ】Ninja ZX-25R オーナーのためのレーシングスクール「Ninja Team Green Trial in SPA直入」のレポートを公開
バイクブロス
2回のテストを行ったアントネッリの適応能力をメルセデスが高く評価「長い間F1に乗っていたかのような走りを見せた」
2回のテストを行ったアントネッリの適応能力をメルセデスが高く評価「長い間F1に乗っていたかのような走りを見せた」
AUTOSPORT web
苦戦続くBMW Mハイブリッド V8が2戦目で得た自信。三味線は「一目瞭然でバレる」とレネ・ラスト
苦戦続くBMW Mハイブリッド V8が2戦目で得た自信。三味線は「一目瞭然でバレる」とレネ・ラスト
AUTOSPORT web
【カワサキ】映える!遊べる! 新しいKCBM「カワサキコーヒーブレイクミーティング in とっとり花回廊」が6/23に開催
【カワサキ】映える!遊べる! 新しいKCBM「カワサキコーヒーブレイクミーティング in とっとり花回廊」が6/23に開催
バイクブロス
フェラーリがレッドブルに勝てないのは、エンジンパワーで劣っているから? “完敗”したイモラ戦を終えて考察
フェラーリがレッドブルに勝てないのは、エンジンパワーで劣っているから? “完敗”したイモラ戦を終えて考察
motorsport.com 日本版
ホンダ「新型プレリュード」25年頃に登場へ “22年ぶり復活”する「スペシャリティモデル」 そもそもどんなクルマだった? 5世代に渡る歴史とは
ホンダ「新型プレリュード」25年頃に登場へ “22年ぶり復活”する「スペシャリティモデル」 そもそもどんなクルマだった? 5世代に渡る歴史とは
くるまのニュース
いまやミニ「1275GT」が300万円オーバーに! かつての不人気車はビミョーなスタイリングと台数の少なさから価格上昇中です
いまやミニ「1275GT」が300万円オーバーに! かつての不人気車はビミョーなスタイリングと台数の少なさから価格上昇中です
Auto Messe Web
メルセデスF1のラッセルがバンディーニ賞を受賞。100年前のタルガ・フローリオ優勝マシンでのドライブも楽しむ
メルセデスF1のラッセルがバンディーニ賞を受賞。100年前のタルガ・フローリオ優勝マシンでのドライブも楽しむ
AUTOSPORT web
【ベンテイガに次ぐ稼ぎ頭】 ベントレー新型コンチネンタルGTを予告 第四世代はハイブリッドへ
【ベンテイガに次ぐ稼ぎ頭】 ベントレー新型コンチネンタルGTを予告 第四世代はハイブリッドへ
AUTOCAR JAPAN
ボタンがポイントの新コスチュームも注目度抜群!! 今年もサーキットに「ZENT Sweeties」の花が咲く!!!
ボタンがポイントの新コスチュームも注目度抜群!! 今年もサーキットに「ZENT Sweeties」の花が咲く!!!
ベストカーWeb
テスラが社名変更、エネルギー事業拡大へ
テスラが社名変更、エネルギー事業拡大へ
レスポンス
脇道を出るときに忘れがちな「歩行者保護」|長山先生の「危険予知」よもやま話 第26回
脇道を出るときに忘れがちな「歩行者保護」|長山先生の「危険予知」よもやま話 第26回
くるくら
全国に5台のみ!! ミニバンなのに3ドアを採用!? 個性派すぎる[アヴァンタイム]
全国に5台のみ!! ミニバンなのに3ドアを採用!? 個性派すぎる[アヴァンタイム]
ベストカーWeb
BYDがカスタムカーや旧車イベントに出展する意義とは?「シール」の導入でセダンの復権なるか!?
BYDがカスタムカーや旧車イベントに出展する意義とは?「シール」の導入でセダンの復権なるか!?
Auto Messe Web
【ドゥカティ】「ディアベルV4」が2024 レッド・ドット・アワードのプロダクトデザイン部門で最高評価を獲得
【ドゥカティ】「ディアベルV4」が2024 レッド・ドット・アワードのプロダクトデザイン部門で最高評価を獲得
バイクブロス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

521.6677.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0538.0万円

中古車を検索
パサートヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

521.6677.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0538.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村