現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかのコーナリングマシン!? 2.4Lディーゼルターボ速ぇぇ!! 三菱新型「トライトン」悪路試乗でわかったピックアップ最強の実力

ここから本文です

まさかのコーナリングマシン!? 2.4Lディーゼルターボ速ぇぇ!! 三菱新型「トライトン」悪路試乗でわかったピックアップ最強の実力

掲載 11
まさかのコーナリングマシン!? 2.4Lディーゼルターボ速ぇぇ!! 三菱新型「トライトン」悪路試乗でわかったピックアップ最強の実力

 みんなが待っていた三菱 トライトンが、いよいよ日本にも登場する。北海道の三菱が誇るテストコース「十勝アドベンチャートレイル」で、トライトンの国内向けプロトタイプに試乗することができた。悪路を攻めたトライトンの実力は如何に!?

※本稿は2023年9月のものです
文/竹岡圭、写真/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

まさかのコーナリングマシン!? 2.4Lディーゼルターボ速ぇぇ!! 三菱新型「トライトン」悪路試乗でわかったピックアップ最強の実力

■北海道のテストコースで初試乗!!

2024年の日本導入が予定されている三菱 トライトン

 乗ってきましたヨ! トライトン! ちょうど、ラリー北海道に入る前日だったこともあり、いっそここからこのまま乗っていっても、勝てるんじゃないかな!? なんて思っちゃいました(笑)。ズバリそれくらいよかったんです~。

 2024年初頭、カタログモデルとして日本初導入というわけで、話題沸騰中なのは知ってるけれど、とはいえピックアップトラックだからねぇ……くらいに思っていらっしゃる方、いますぐその概念を捨てましょう。

 何を隠そう、もうこれはSUVのひとつと言っちゃっていいよね! くらいのレベルだったんですから。

 まず、なんと言っても乗り心地がイイ! ピックアップトラック=ガタゴトという図式がついつい思い浮かびますが、目隠しして乗せられたらアウトランダーかな? って、思っちゃうくらいのレベルで、前席はもちろん後席でも乗り心地がよかったんです。

 今回はオフロードでの試乗となりましたが、フラットダートは言うまでもなく、河原の石が連なるようなところでも安定感も高いし、いなし加減も上手。無論突き上げもなく、上下動の収まりも早いので、体がラク!

 思えばラリーを始めた頃、横Gはサーキットで知っていたものの、縦Gには慣れてなかったので身体がキツかったのですが、トライトンなら疲労度激減間違いナシ。今回はついつい楽しく試乗しちゃいましたけど、基本用途は働くクルマ。乗員に掛かる負担が少なくなるのは最重要項目のひとつですからね。

 今回は軽量化を考慮して、リアサスペンションのリーフスプリングが5枚から3枚に減らされたと聞き、耐荷重的にはOKでも乗り心地はどうなのかなぁ? なんていう勝手な心配は杞憂に終わりました。実は枚数は減らされたものの、幅は広げられているんですって。納得です。

■ボディ大きいのにグイグイ曲がる!?

新開発の2.4Lディーゼルターボはトルクフル。タービンはギャレット製だ

 無論、操舵的にもフラットライドだから扱いやすい。先代に比べてトレッドが50mm広げられ、ホイールベースが130mm伸ばされていることもあり、クルマの動きが安定しているので、とにかくコントロールがしやすく、2WD走行でも不安を感じません。

 というより、逆に2WDだと動きが俄然軽快になり、まったく重さを感じなくなります。ハンドルを切ったとおりに、頭がクッと入ってくれるので、ライントレース性も高く、これはいよいよ攻め込めるレベル。

 パワーステアリングのロックトゥロックも、先代モデルの4回転強という回しきれないくらいのものから適切なものとなり、操舵力もフィーリングもバッチリでした。

前輪のブレーキAYCでグイグイ曲がるコーナリングをトライトンは得た

 さらに、気持ちよく曲がってくれちゃうのは、ブレーキAYCのおかげもあります。

 S-AWCとまではいかないものの、ステアリングを切り足さずとも待っていれば曲がってくれる感じなので、コーナリングスピードが上げられちゃうんですよね。

 掻きすぎちゃうこともなく、前へ前へと的確にクルマを進めてくれるし、重心も低く感じられ、上下動も抑えられてるから、コーナー入り口から脱出までの姿勢が乱れることがないんです。

 かといって、ストロークは充分に取られているので、ちょっと大きめのギャップを飛び越えても、ガツンという衝撃もなく、はたまたモーグルのような足を伸ばしたいところでも、下回りの充分取られたアングルと合わせて、何事もなかったかのように、ラクラク超えて行けちゃいます。

 もうね、スーパーセレクト4WDの4LLcモードなんて日本では使うことないんじゃないかしら?

■まさに三菱らしい1台だ!!

増岡浩氏のデモランは市販車とほぼ同等の試作車で実施。フルバンプするようなジャンプもこなし、とんでもない速度でコーナーに進入する姿は「あの頃」の三菱だぜ!!

 オフロードはこんな感じに路面が刻々と変わるので、スピードコントロールも細かな制御が必要とされますが、ツインスクロールターボが搭載された2.4Lクリーンディーゼルターボは、低回転からのパワーのツキもよく、上まで気持ちよく回ってくれて、とにかく速い!

 204ps/47.9kgmのパワーを全域でスムーズに発揮してくれるので、ペダル応答性も高いものに仕上がってました。視界がいいこともあり、こんなにガタイが大きいのに手足感覚って驚愕ですよね。

 加えてヒルディセントコントロールなどの電子デバイスをはじめ、ドライバーをサポートしてくれるADASはフル装備、さらに最小回転半径5.4mということで小回りも利く。インテリアも上質感があるから、ゆったり寛げる。

 スイッチ類もわかりやすく使いやすく、もうこれは日常生活平気レベル。新しいSUVチョイスとしてアリだと思いました! 場所によって車庫探しが大変ですが、走りだせば意外と気負わず乗れますから。

 ちなみに、加藤社長とお話させていただいたところによると、トライトンをベースにしたパジェロスポーツの日本導入も期待できそうですし、他にも冒険心を呼び覚まし、毎日をワクワクさせてくれる三菱らしいクルマが出てきそう。もう目が離せませんね!

三菱 トライトン(プロトタイプ)諸元表
・全長×全幅×全高:5360×1930×1810mm
・ホイールベース:3130mm
・車両重量:2140kg
・エンジン種類:直4ディーゼルターボ2442cc
・エンジン最高出力:204ps/3500rpm
・エンジン最大トルク:47.9kgm/1500-2750rpm
・サスペンション:F=ダブルウィッシュボーン R=リーフスプリング
・タイヤサイズ:265/60R18

こんな記事も読まれています

ポルシェ963、最終盤のドラマを経て初優勝&表彰台独占。トヨタは7号車が6位【第1戦カタール/後半レポート】
ポルシェ963、最終盤のドラマを経て初優勝&表彰台独占。トヨタは7号車が6位【第1戦カタール/後半レポート】
AUTOSPORT web
フィアット「パンダ」が大幅進化! 新型「パンディーナ」世界初公開 新しい名となったコンパクトカーってどんなクルマ?
フィアット「パンダ」が大幅進化! 新型「パンディーナ」世界初公開 新しい名となったコンパクトカーってどんなクルマ?
VAGUE
トヨタ「和製スーパーカー」登場! 1400万円「謎のシュバルツァー」とは? 意外なトヨタ車がベースだった
トヨタ「和製スーパーカー」登場! 1400万円「謎のシュバルツァー」とは? 意外なトヨタ車がベースだった
くるまのニュース
F1、欧州ラウンドでの“ローテーション開催”は決定路線か。ドメニカリCEO、新時代2026年シーズンからの実施を示唆
F1、欧州ラウンドでの“ローテーション開催”は決定路線か。ドメニカリCEO、新時代2026年シーズンからの実施を示唆
motorsport.com 日本版
コロナ禍以降不足しまくっていたタクシーがやっとつかまるようになってきた! 運転士の増加だけじゃないその理由とは
コロナ禍以降不足しまくっていたタクシーがやっとつかまるようになってきた! 運転士の増加だけじゃないその理由とは
WEB CARTOP
2024年2月の国内新車販売、19.2%減 ダイハツ不正の影響により過去30年で最低
2024年2月の国内新車販売、19.2%減 ダイハツ不正の影響により過去30年で最低
日刊自動車新聞
ヤマハ『YZF-R』ファンイベント 3月9日から全国7か所で
ヤマハ『YZF-R』ファンイベント 3月9日から全国7か所で
レスポンス
「フォルクスワーゲン カリフォルニア コンセプト」次世代型VWカリフォルニアのコンセプトモデルを徹底取材 大人気キャンパーのほぼ生産モデルをレポート!
「フォルクスワーゲン カリフォルニア コンセプト」次世代型VWカリフォルニアのコンセプトモデルを徹底取材 大人気キャンパーのほぼ生産モデルをレポート!
AutoBild Japan
BEVの魅力再考:クルマ好きが見落としているかもしれないポイント
BEVの魅力再考:クルマ好きが見落としているかもしれないポイント
レスポンス
ブルー&ホワイト、新幹線カラーが相鉄・東急新横浜線を走る
ブルー&ホワイト、新幹線カラーが相鉄・東急新横浜線を走る
レスポンス
長崎~佐世保が大幅短縮に!? ハウステンボスも長崎空港も近づく「東彼杵道路」事業スタートに向けて準備進行中 遠回り「武雄ルート」をショートカットして便利に
長崎~佐世保が大幅短縮に!? ハウステンボスも長崎空港も近づく「東彼杵道路」事業スタートに向けて準備進行中 遠回り「武雄ルート」をショートカットして便利に
くるまのニュース
アロンソ、9位は予想通り? 結果に驚きなし「トップ4チームと戦うチャンスはなかった」
アロンソ、9位は予想通り? 結果に驚きなし「トップ4チームと戦うチャンスはなかった」
motorsport.com 日本版
ロールスロイス カリナン【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロールスロイス カリナン【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
ヤマハが「ジョグ125」の2024年モデルを3/19に発売! コスパ最高でヤマハ原付二種スクーター最軽量の車重95kg
ヤマハが「ジョグ125」の2024年モデルを3/19に発売! コスパ最高でヤマハ原付二種スクーター最軽量の車重95kg
WEBヤングマシン
【ポイントランキング】2024年F1第1戦バーレーンGP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第1戦バーレーンGP終了時点
AUTOSPORT web
2024年1月欧州新車販売は前年同月比11.5%増。ノルウェーのBEV比率は92%超え
2024年1月欧州新車販売は前年同月比11.5%増。ノルウェーのBEV比率は92%超え
カー・アンド・ドライバー
国内初「2L」仕様!? マツダ「新型ロードスター最強版」実車公開! 市販化前提の新型「RS C」どこがスゴイ?
国内初「2L」仕様!? マツダ「新型ロードスター最強版」実車公開! 市販化前提の新型「RS C」どこがスゴイ?
くるまのニュース
ホンダの新型モデル「NX400」 教習車仕様「NX400L」を4月11日に発売
ホンダの新型モデル「NX400」 教習車仕様「NX400L」を4月11日に発売
バイクのニュース

みんなのコメント

11件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

498.1540.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

115.9568.0万円

中古車を検索
トライトンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

498.1540.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

115.9568.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村