現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが「日本イチの軽」発売! 世界初の斬新「サンシェード」設定!? 「ありそうでなかった」の声も… 反響はいかに

ここから本文です

ホンダが「日本イチの軽」発売! 世界初の斬新「サンシェード」設定!? 「ありそうでなかった」の声も… 反響はいかに

掲載 29
ホンダが「日本イチの軽」発売! 世界初の斬新「サンシェード」設定!? 「ありそうでなかった」の声も… 反響はいかに

■めちゃ…便利やん! ありそうでなかった「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」とは

 ホンダは軽自動車ラインナップとして「Nシリーズ」を展開しています。その中でも主力となるのが「N-BOX」ですが、2023年10月5日に3代目となる新型N-BOXを発売しました。
 
 日本で1番売れているクルマとなるN-BOXはどのような進化を遂げ、いま注目されているアイテムとはどのようなものなのでしょうか。

【画像】「えっ…!」スゴい! これが世界初の「斬新サンシェード」です! 画像を見る(36枚)

 新型N-BOXは3代目となり、質さが感じられるデザインに磨き上げるとともに広い室内空間はそのままながら開放感のある居心地の良い空間を実現したと言います。

 見た目では、標準となるN-BOXはシンプルな造形美を基本に、身の回りにある家電製品にも共通する丸穴デザインを採用することで身近さを表現。

 新型N-BOXCUSTOMでは、立体感のある緻密な造形のフロントグリルやフロント全幅いっぱいに広がる横一文字ライトなどにより、品格のある佇まいと性能の高さを表現したと言います。

 中身では、ダッシュボードをフラット化や窓ガラスを水平基調で連続させることで、開放的かつ姿勢や視線の乱れを少なくするなど運転しやすく、乗り物酔いはしづらいという工夫が盛り込まれています。

 パワートレインは、先代から継承しつつ刷新した自然吸気エンジンと、ターボエンジンをの2種類を設定。

 安全面でも先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車標準装備しています。

 そんな新型N-BOXですが、純正アクセサリーで注目を集めているアイテムがあります。

 それは「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」というもので、従来モデルにも設定されていた小物などを収納できるルーフコンソールにフロントガラスを覆うシェードを組み合わせたもので、世界初の装備です。

 最近のクルマの使い方として、コロナ禍以降では「車内を部屋のように使う」というカタチとして「移動オフィス」「車中泊」といったものが定番化してきました。

 そうした際に気になるのが外からの視線となり、プライバシー保護の観点からもシェードやカーテンなどは人気のアイテムとなっています。

 使い方としては、ルーフコンソールから内蔵されているシェードを取り出し、ダッシュボードに備わるパーツに固定することで使用出来ます。

 また、固定位置は、やや手前側となり、フロントガラスとの間には隙間が出来ますが、「運転席からあまり手を伸ばさなくても簡単に固定できる」、「ドライブレコーダーとの干渉を防ぐ」という意図があるようです。

 SNSでも「これはありそうでなかった!」、「めちゃ便利そう!欲しい」、「このアイテムN-BOX以外にも欲しい」といった声が多く見られ、注目度は高いようです。

 そんなサンシェード内蔵大型ルーフコンソールについて、ホンダアクセスの担当者は次のように話しています。

「商品の企画を開始したのはコロナ禍で、クルマの持つ『自由空間』としての価値が見直されつつありました。

 ユーザーの声を聞いたところ『後席で子供の着替えやオムツ替えをする』や『お化粧直しをする』といった声があり『気軽にプライベート空間をつくりたい』という声もありました。

 また従来のサンシェードであれば、つける・はずすの作業に加えて置いておく場所の問題もありましたが、これはルーフコンソールにに巻き上げて収納するため、そのあたりも楽になっています」

※ ※ ※

 なおホンダ「ステップワゴン」にも純正アクセサリーとして大型ルーフコンソールが設定されていますが、こちらは運転席・助手席の分割式です。

 しかしながら、前述の移動オフィスや車中泊のニーズはステップワゴンでも高いと言えますが、このシェード内蔵機能が展開されることは無いのでしょうか。

 前出とは別の担当者は「現時点では予定はありません。ただし、需要はあるとは思いますので、検討できればと思っています」と話しています。

 またホンダ車のみならず様々なモデルで今回のような純正シェードがあると、ますます車内を活用したライフスタイルの幅が広がるかもしれません。

こんな記事も読まれています

ホンダ「新型オデッセイ」発売! 一度消滅もなぜ「再投入」? 2年ぶりに「最上級ミニバン」登場 ラインナップ復活の理由とは
ホンダ「新型オデッセイ」発売! 一度消滅もなぜ「再投入」? 2年ぶりに「最上級ミニバン」登場 ラインナップ復活の理由とは
くるまのニュース
アンダー200万円スタートの「トヨタ小型ミニバン」なぜ人気? 実は「イチバン売れている」クルマだった!? 「シエンタ」オーナーの本音は
アンダー200万円スタートの「トヨタ小型ミニバン」なぜ人気? 実は「イチバン売れている」クルマだった!? 「シエンタ」オーナーの本音は
くるまのニュース
ホンダ新型「オデッセイ」発売! “イチバン安い仕様”はアンダー500万円!? 「豪華リアシート」も付いて装備は十分!? 「最廉価モデル」の中身は
ホンダ新型「オデッセイ」発売! “イチバン安い仕様”はアンダー500万円!? 「豪華リアシート」も付いて装備は十分!? 「最廉価モデル」の中身は
くるまのニュース
ホントに軽!? スズキ新型「軽ワゴン」高級内装がまるで“ホテルのラウンジ”! 上質感高めた新型「スペーシア」の特徴は?
ホントに軽!? スズキ新型「軽ワゴン」高級内装がまるで“ホテルのラウンジ”! 上質感高めた新型「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
ホンダ「最上級ミニバン」初公開! 高級感が凄すぎる「新型オデッセイ」“純正カスタム仕様”がカッコいい! スポーティさも楽しめるアイテムとは
ホンダ「最上級ミニバン」初公開! 高級感が凄すぎる「新型オデッセイ」“純正カスタム仕様”がカッコいい! スポーティさも楽しめるアイテムとは
くるまのニュース
アンダー250万円のホンダ「新型コンパクトSUV」発売へ 手頃価格に期待高まる! “非SUVユーザー”からも関心が高い? 販売店に寄せられた声とは
アンダー250万円のホンダ「新型コンパクトSUV」発売へ 手頃価格に期待高まる! “非SUVユーザー”からも関心が高い? 販売店に寄せられた声とは
くるまのニュース
スズキ初の「5速MT×ハイブリッド」登場! 全面刷新の「新型スイフト」徹底解説! なんと「MT車」のみエコカー減税“100%”
スズキ初の「5速MT×ハイブリッド」登場! 全面刷新の「新型スイフト」徹底解説! なんと「MT車」のみエコカー減税“100%”
くるまのニュース
全長4m級で「豪華内装」採用! ホンダ「小さな高級車」のインテリアがイイ! クラス超え質感の「フィット」特徴は?
全長4m級で「豪華内装」採用! ホンダ「小さな高級車」のインテリアがイイ! クラス超え質感の「フィット」特徴は?
くるまのニュース
スズキが5速MTの新型「軽ワゴン」発売! 1か月ぶりに復活!? いまや希少なクルマに対する販売店への反響は?
スズキが5速MTの新型「軽ワゴン」発売! 1か月ぶりに復活!? いまや希少なクルマに対する販売店への反響は?
くるまのニュース
スズキが新型「スイフト」発売! 7年ぶりに世界戦略車を全面刷新! 初のマイルドHV×MT設定 172万円から
スズキが新型「スイフト」発売! 7年ぶりに世界戦略車を全面刷新! 初のマイルドHV×MT設定 172万円から
くるまのニュース
ホンダ新型「オデッセイ無限仕様」初公開! 黒カーボンで迫力顔に! スポーティ&高級感が増すカスタムパーツ発売
ホンダ新型「オデッセイ無限仕様」初公開! 黒カーボンで迫力顔に! スポーティ&高級感が増すカスタムパーツ発売
くるまのニュース
ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?
ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?
くるまのニュース
スバル新型SUV「フォレスター」全面刷新! 新型は「車中泊性能」向上した!? 荷室の「デコボコ」はどう変わったのか
スバル新型SUV「フォレスター」全面刷新! 新型は「車中泊性能」向上した!? 荷室の「デコボコ」はどう変わったのか
くるまのニュース
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
くるまのニュース
ホンダ「オデッセイ」の改良モデルが2023年12月8日に発売!
ホンダ「オデッセイ」の改良モデルが2023年12月8日に発売!
月刊自家用車WEB
【試乗記】新型ホンダ N-BOX 全方位でユーザーニーズに応える三代目
【試乗記】新型ホンダ N-BOX 全方位でユーザーニーズに応える三代目
Auto Prove
新型スズキ・スペーシアが軽3強の中で注目なワケ NAとターボで試乗・検証
新型スズキ・スペーシアが軽3強の中で注目なワケ NAとターボで試乗・検証
AUTOCAR JAPAN
ホンダ新型「シティSUV」登場!? 250万円以下のSUVを24年春発売へ! ワイルドすぎる新型「WR-V」とは?
ホンダ新型「シティSUV」登場!? 250万円以下のSUVを24年春発売へ! ワイルドすぎる新型「WR-V」とは?
くるまのニュース

みんなのコメント

29件
  • 最上級車が236万ですか?コミコミで300万時代到来ですか、金額的にはもう軽じゃないな
  • カスタムターボは270万円と聞いた。これ税込みなら300万円位になるのか。色々な創意工夫は良だけど。余裕で普通車買える金額じゃなかろうか。ライバル車に流れる可能性大。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8279.8万円

中古車を検索
N-BOXの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8279.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村