現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】BMWの電動版5シリーズ「i5」にはワゴンも! 最強モデル「M60」プロトタイプを初スクープ!

ここから本文です

【スクープ】BMWの電動版5シリーズ「i5」にはワゴンも! 最強モデル「M60」プロトタイプを初スクープ!

掲載
【スクープ】BMWの電動版5シリーズ「i5」にはワゴンも! 最強モデル「M60」プロトタイプを初スクープ!

デュアルモーター全輪駆動システムにより最高出力は619psを発生か!?

BMWは現在、5シリーズセダンの電動版となる『i5セダン』を開発中だが、その派生ワゴンとなる『i5ツーリング』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

BMWドライビングレッスン+新型M2試乗+レース観戦を5/13(土)-14(日)に富士スピードウェイで開催!

【画像22枚】BMW i5のワゴンバージョン「i5ツーリング」のスクープカットはコチラ

i5セダンはすでにプロトタイプが公式リークされているほか、ツーリングを設定することを発表しているが、プロトタイプはまだ未公開だ。欧州では現在エレクトリックワゴン市場が熱くなっており、プジョーは昨年9月発表した「e-305 SW」の出荷を開始、プラットフォームと電動システムを308と共有するオペル/ボクスホール「アストラ スポーツツアラー」や、2023年にはVW「ID. Space Vizzionコンセプト」の市販バージョン(ID.7と予想)、アウディ「A6 Avant e-tron」など続々市販化が期待されている。

スウェーデンの氷上で捉えたプロトタイプはまだディテールを隠しているが、「Electrified Vehicle」と記されたドアのステッカーに加えて、ブランクオフのグリルと排気管がないことから、ICEの5シリーズではなく、i5であることは間違いない。

また大型のフロントブレーキと、レッドキャリパーから判断すると、噂の最強モデル「i5 M60」の可能性が高い。フロントフェンダーの偽装テープの下に「M」バッジが隠れていると思われ、少なくともMスポーツパッケージを備えているはずだ。またプロトタイプの1台にはスポーティーな外観のサイドミラーが付いていることに気づくが、実はこれは以前のピュア「M」が装備していたものなのだ。

側面では、オーバーハングがかなり長いことがわかるが、これはi5が内燃エンジンの5シリーズと同じCLARプラットフォームを共有しているからで、フラッシュドアハンドルも確認できる。

2024年「5シリーズ」は、iDrive 8.5インフォテインメントシステムを搭載する最初のBMWとなり、ほぼすべての既存モデルと同じように、左右に並べた画面を備え、最新のソフトウェア持つ。HVAの機能を含むほとんどの機能へのアクセスがタッチスクリーンに移動されるため、センターコンソールには従来のボタンがほとんどないはずだ。おそらく市販型では、14.9インチのセンターディスプレイと12.3インチのデジタルインストルメントクラスターが装備されるだろう。

i5のパワートレインは、シングルモーター搭載の「i5 40」から始まる可能性が高く、上位「i5 M60」では「iX M60」と同じデュアルモーター全輪駆動システムを採用、最高出力は現在のピュアMモデルと同レベルの619psにも達すると予想される。

i5ツーリングは、2024年春、世界市場で発売される予定となっている。

こんな記事も読まれています

ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
このボックスシートは広すぎる! フルフラットへの変更も簡単なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
このボックスシートは広すぎる! フルフラットへの変更も簡単なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
クルマは本当に日本を幸せにしたのか? 戦後つくられた「クルマ強制社会」、持ってなければ生活ニーズも満たせない深刻現実とは
クルマは本当に日本を幸せにしたのか? 戦後つくられた「クルマ強制社会」、持ってなければ生活ニーズも満たせない深刻現実とは
Merkmal
伝説の第二章!! パチンコ『頭文字D』新シリーズ「P頭文字D 2nd」全国のホールに実装開始
伝説の第二章!! パチンコ『頭文字D』新シリーズ「P頭文字D 2nd」全国のホールに実装開始
ベストカーWeb
【ポイントランキング】2024MotoGP第6戦カタルーニャGP終了時点
【ポイントランキング】2024MotoGP第6戦カタルーニャGP終了時点
AUTOSPORT web
ルクレールが悲願の母国初優勝。角田裕毅、日本人3人目となるモナコGP入賞果たす【決勝レポート/第8戦】
ルクレールが悲願の母国初優勝。角田裕毅、日本人3人目となるモナコGP入賞果たす【決勝レポート/第8戦】
AUTOSPORT web
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
ベストカーWeb
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
レスポンス
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
ベストカーWeb
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
グーネット
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
グーネット
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
グーネット
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
グーネット
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
グーネット
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

798.0964.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0899.0万円

中古車を検索
5シリーズ セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

798.0964.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0899.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村