サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「狂気の市販車、ストーリアX4を再考する」超ハイブースト設定のガチ競技スペック!【ManiaxCars】

ここから本文です

競技ベース車両というより競技車両そのもの

前期型と後期型を比較してみる!

「このS14シルビアは美しすぎる!」大クラッシュから蘇った最先端ドリドレ仕様

元祖リッターカー、シャレードの後継的なモデルとして1998年2月に登場したストーリア。トヨタブランドではデュエットが存在したが、ストーリアにしか用意されなかったスペシャルモデルがある。それが、ここで紹介する『X4(クロスフォー)』だ。

当初は限定受注生産モデル、翌99年からカタログモデルに昇格したモータースポーツ用ベース車両。排気量1000cc以下で争われる全日本ラリーAクラスへの参戦&制覇を目的に開発された1台で、まずは専用エンジン、JC-DETを搭載する点に注目だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ