現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダが新型「コンパクトスポーツカー」初公開! ロータリーエンジン&リトラ搭載!? 市販化が期待できるワケとは

ここから本文です
マツダが新型「コンパクトスポーツカー」初公開! ロータリーエンジン&リトラ搭載!? 市販化が期待できるワケとは
写真を全て見る(1枚)

■ロードスターとRX-7の中間サイズのスポーツカー

 2023年10月28日から一般公開された「ジャパンモビリティショー2023」でマツダは、コンパクトスポーツカーコンセプト「MAZDA ICONIC SP(以下、アイコニックSP)」を世界初公開しました。
 
 低いシルエットとリトラクタブルヘッドライトを思わせるライトを身にまとったこのコンセプトモデルは、かつての「RX-7」を思い出させるモデルとして話題になりました。
 
 アイコニックSPとはどのようなモデルなのでしょうか。また、そこから読み取れるマツダのスポーツカーの未来はどうなるのでしょうか。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

フェルスタッペンがF1中国GP初優勝。セーフティカー出動も2位に13秒以上の差「ペースや一貫性、すべてに満足」
フェルスタッペンがF1中国GP初優勝。セーフティカー出動も2位に13秒以上の差「ペースや一貫性、すべてに満足」
AUTOSPORT web
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
AutoBild Japan
レクサスの「和製スーパーマシン」!? 600馬力超えエンジン搭載で「後輪駆動」! 迫力ボディも超カッコイイ「LF-LC GT VGT」とは
レクサスの「和製スーパーマシン」!? 600馬力超えエンジン搭載で「後輪駆動」! 迫力ボディも超カッコイイ「LF-LC GT VGT」とは
くるまのニュース
ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『WR-V』の9インチ・ディーラーオプションナビの適合が新たに追加
ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『WR-V』の9インチ・ディーラーオプションナビの適合が新たに追加
レスポンス
横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた
横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた
Merkmal
パイオニアのバイク用音声ナビ「MOTTO GO/モットゴー」プレリリース版を Android 端末向けにリリース!
パイオニアのバイク用音声ナビ「MOTTO GO/モットゴー」プレリリース版を Android 端末向けにリリース!
バイクブロス
高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道
高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道
くるまのニュース
難攻不落の「小田原城」を訪れ『本丸茶屋』でアジフライを堪能
難攻不落の「小田原城」を訪れ『本丸茶屋』でアジフライを堪能
バイクのニュース
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
レスポンス
【角田裕毅F1第5戦分析】問題を抱えながらも最後列スタートを選択。リタイアに終わるも一段と成長した振る舞いを見せる
【角田裕毅F1第5戦分析】問題を抱えながらも最後列スタートを選択。リタイアに終わるも一段と成長した振る舞いを見せる
AUTOSPORT web
「何か“茶色いモノ”が……」石浦宏明、ST-Q32号車のドライブ中に小動物とニアミスの珍事/スーパー耐久
「何か“茶色いモノ”が……」石浦宏明、ST-Q32号車のドライブ中に小動物とニアミスの珍事/スーパー耐久
AUTOSPORT web
当選者はイタリアの工場見学招待旅行付?! 「エンツオの形見」と評された最期のスーパーカー 「フェラーリ F40」が偉大過ぎて言葉にできない
当選者はイタリアの工場見学招待旅行付?! 「エンツオの形見」と評された最期のスーパーカー 「フェラーリ F40」が偉大過ぎて言葉にできない
ベストカーWeb
バブルに乗り遅れたトヨタ「ソアラ」は4リッターV8搭載! 世界初アクティブ4WSを採用した米国名「レクサスSC400」とは
バブルに乗り遅れたトヨタ「ソアラ」は4リッターV8搭載! 世界初アクティブ4WSを採用した米国名「レクサスSC400」とは
Auto Messe Web
よく見かける高速料金所前後で左に寄せての駐停車! 故障でもない限り「違反」なので絶対にダメ!!
よく見かける高速料金所前後で左に寄せての駐停車! 故障でもない限り「違反」なので絶対にダメ!!
WEB CARTOP
2024年3月の欧州新車販売、3カ月ぶりの前年割れ EVも11%減少 欧州自動車工業会
2024年3月の欧州新車販売、3カ月ぶりの前年割れ EVも11%減少 欧州自動車工業会
日刊自動車新聞
全長4.4m以下で "7人乗り" 実現! シトロエン新型「C3エアクロス」 箱型シルエットのSUV登場 
全長4.4m以下で "7人乗り" 実現! シトロエン新型「C3エアクロス」 箱型シルエットのSUV登場 
AUTOCAR JAPAN
ボディカラーに「ベージュ」採用するクルマが増加中! 「アースカラー」ブームの現状は?
ボディカラーに「ベージュ」採用するクルマが増加中! 「アースカラー」ブームの現状は?
くるまのニュース
中国重視:VWがコンセプトカーを4月24日に発表
中国重視:VWがコンセプトカーを4月24日に発表
レスポンス

みんなのコメント

46件
  • 諸橋由晃
    ヘッドライトやドアの形状は市販化が難しいかもしれないが、購入する側としては別にそんなところにこだわりを持ってはいないと思う。

    ただ、あまりにも市販化に時間がかかると気が抜けてしまう。

    「ただのハリボテ」という声を払拭して是非とも近い形で何年も待たせることなく市販化に踏み切って欲しい。新型のZを見るまでもなく、スポーツカーに対する需要は一定数はあると思うし、このスタイルに近い形で市販化できるなら世界中で引く手あまたになるはず。

    市販化できるかどうかは、利益が期待できるだけの需要があるかが最低条件だと思うが、日本だけではなく世界に販路を求めれば、こんなことは全くの杞憂にすぎないだろうし、いつまでも待たせることなく市販化に舵を切って欲しいと思う。
  • dre********
    マツダお得意のコンセプトカーの市販は絶対に無いね。
     
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.9368.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.0528.0万円

中古車を検索
ロードスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.9368.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.0528.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村