現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!

ここから本文です

70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!

掲載 6
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!

 1970年に登場した初代トヨタ セリカ。もしかしたら読者のみなさんの中には生まれていなかった人もいるかもしれない。今回試乗をしていただいた土屋圭市氏はまだ免許も持っていない中学生だ。懐かしの名車を存分に堪能する!!

※本稿は2024年4月のものです
文:ベストカー編集部/写真:奥隅圭之
初出:『ベストカー』2024年5月26日号

70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!

■キャブ車ならではの音と乗り味にニンマリ

6代目、セリカGT-FOURを従えて走る初代トヨタ セリカ リフトバック2000GT

 1980年代~1990年代のセリカの系譜に試乗した勢いで、さらにセリカの先祖を辿りたくなった土屋圭市氏とともに、初代セリカを求めて滋賀県草津市を目指した。

 セリカの誕生は今を遡ること54年、1970年12月のことだった。

 この時点ではノッチバッククーペのみで、今回取材した、リアウィンドウがハッチゲートとなって開閉するリフトバック(LB)と呼ばれるタイプが追加されたのは1973年4月のことだった。

 当初クーペには搭載されていなかった直4、2LDOHCの18R G型エンジンを搭載するセリカLB2000GTがひと際目立つ存在だったのだ。

 「いい音するねぇ~! ソレックスの吸気音がそそる!」

 エンジンをかけて土屋さんが懐かしそうな顔をした。

 「今のクルマと違ってキャブレターだから、気温や湿度によって微妙にエンジンのレスポンスに変化が出るんだよね。このクルマはちょうど今日のコンディションにピッタリなんだろうね。アクセル操作にビンビンレスポンスするよ」と調子のよさを実感。

今回の取材車は195/50R15タイヤを履くためオーバーフェンダーが装着されていた。5本スリットのリアコンビランプは前期型の証だ

 「でもさ、1970年代のクルマって、まっすぐ走らなかった。直進していてもステアリングを小刻みに右へ左へと修正が必要。このセリカに限った話ではなくどのクルマでもそうだった。久しぶりにこの感覚を思い出したよ」と土屋さん。

 今回試乗したセリカLBはレストア時に195/50R15サイズのタイヤを履いてオーバーフェンダーを装着。車高調サスを組んだりしてオリジナルではないが、当時の雰囲気をいい感じで今に伝える仕様だ。

 「シートはノーマルだよね。ステアリングはナルディのウッドに交換しているけど、雰囲気はいい。それにしてもシフトレバーが遠い。左手をスッと伸ばした位置にレバーがなくて探しちゃったよ。かなり前のほうにあるね。こんなだったかな?

 シフトフィール自体はしっかりしていてヤレた感じはまったくない。ブレーキもしっかりと利くし、50年前のクルマに普通に乗って楽しめるというのは凄いことだよ」。

●トヨタ セリカ リフトバック2000GT
・型式:RA25型
・初度登録年月:1975(昭和50)年8月
・当時の新車価格:112万円(1973年)
・全長:4215mm
・全幅:1620mm(現車は1660mm)
・全高:1280mm(現車は1230mm)
・ホイールベース:2425mm
・車両重量:1080kg
・前軸重量:630kg
・後軸重量:450kg
・エンジン:直列4気筒DOHC
・エンジン型式:18R-G
・総排気量:1968cc
・最高出力:145ps/6400rpm ※
・最大トルク:18.0kgm/5200rpm ※
・トランスミッション:5MT
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:4リンク式
・タイヤサイズ:185/70R13(現車は195/50R15)
※印はグロス値

【画像ギャラリー】懐かしいキャブの吸気音に思わず笑顔!! 初代トヨタ セリカを土屋圭市がドライブ(24枚)

投稿 70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

こんな記事も読まれています

走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
ベストカーWeb
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
ベストカーWeb
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
ベストカーWeb
超低い車高がカッコいいのよ!! V12が最高に気持ちいい! スーパーカーブームの火付け役[フェラーリ512BB]
超低い車高がカッコいいのよ!! V12が最高に気持ちいい! スーパーカーブームの火付け役[フェラーリ512BB]
ベストカーWeb
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
スープラのパワーアップ版[GRMN]ついに登場か!? スイスポはハイブリッドに!! 2024年登場予定のスポーツモデル3選
スープラのパワーアップ版[GRMN]ついに登場か!? スイスポはハイブリッドに!! 2024年登場予定のスポーツモデル3選
ベストカーWeb
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
3000万円てマジか…… と思ってたのは序の口だった!! 「最後の」中古NSXタイプRを追いかけた[復刻・2013年の話題]
3000万円てマジか…… と思ってたのは序の口だった!! 「最後の」中古NSXタイプRを追いかけた[復刻・2013年の話題]
ベストカーWeb
パイクカーの最後[ラシーン]は7万台も売れたヒット車だった!? エンジンもブレーキも[まず壊れない]驚きの耐久性
パイクカーの最後[ラシーン]は7万台も売れたヒット車だった!? エンジンもブレーキも[まず壊れない]驚きの耐久性
ベストカーWeb
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
ベストカーWeb
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
ベストカーWeb
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
ベストカーWeb
モーターの動力性能に余裕アリ!! [アクア]は滑らかで乗り心地もいい!乗ってわかる意外な欠点とは?
モーターの動力性能に余裕アリ!! [アクア]は滑らかで乗り心地もいい!乗ってわかる意外な欠点とは?
ベストカーWeb
マツダ[ルーチェ]の怪! 広島ベンツは本家を超えたのか 当時の評価はいかに?
マツダ[ルーチェ]の怪! 広島ベンツは本家を超えたのか 当時の評価はいかに?
ベストカーWeb
新型[GR86]は300馬力超えのハイブリッドに!! 新型[LFA]も登場なるか!? 2025年登場予定のスポーツカー6選
新型[GR86]は300馬力超えのハイブリッドに!! 新型[LFA]も登場なるか!? 2025年登場予定のスポーツカー6選
ベストカーWeb
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • tma********
    流石に初代には手が出ませんが、今から30年前、5代目セリカに乗っていました。
    セリカはリフトバックがカッコ良く、代々3ドアが設定されていたのが良ったですね。
    当時はデートカーが流行りでしたが、2Dのプレリュード、シルビアに対して3DHBのセリカは後席を倒した広大なラゲッジルームで今でいうSUV的な使い方ができました。
    走ってよし、彼女をスキーに連れてくのもよし。私の下宿の引越しもセリカ1台で出来ましたよ。
  • sa_********
    この型を含めてセリカは初代から流面型までを
    足にして使った事があるが3代目のヒラメマスクの後期型が良かったな
    次いで初代で3位はFFになった4代目、最下位はダントツで2代目
    Zもスカイラインもそうだけど初代はやっぱりスペシャリティカーを造るんだぞーって味があり、キャブ時代での安全装備なんて無い軽量ボディーが魅力的だったな
    総じて50年規制前のキャブ車は心引きつけるから
    ハコスカも30Zもダルマも27系も皆んなとんでも無い値段を付けて売ってる


※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.9650.0万円

中古車を検索
セリカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.9650.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村