現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型アウディ「RS3」がニュルのコンパクトカー新記録達成! 従来のタイムを大幅短縮

ここから本文です

新型アウディ「RS3」がニュルのコンパクトカー新記録達成! 従来のタイムを大幅短縮

掲載 更新 7
新型アウディ「RS3」がニュルのコンパクトカー新記録達成! 従来のタイムを大幅短縮

■従来の記録を4.64秒上回る7分40秒748のレコードタイム

 独アウディは2021年8月3日、アウディ新型「RS3セダン」でニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)をタイムアタックし、7分40秒748というコンパクトカークラスの最速記録を叩き出したと発表しました。

4000ccクラスの加速力! ターボ搭載の激速「マツダ3」が発売

 このタイムは、従来のニュル北コースのコンパクトクラスのラップレコードを4秒64上回るものです。

 ハンドルを握ったのは、アウディ・スポーツレーシングの開発ドライバーでもあるフランク・ステープラー氏。ニュルブルクリンクでのタイムアタックに際して、彼は新型RS3に初めて工場オプション設定されたセミスリックタイヤ、ピレリPゼロ「トロフェオR」の空気圧をトラックコンディションに合わせて調整しただけだったといいます。

「このような記録を試す機会はめったにありません。だからこそこうした重要な日にはほんの少しのことが必要です。タイヤの空気圧に関しては、成功しました」とステープラー氏はコメントします。

 新型RS3のテクニカルプロジェクトリーダーのマーヴィン・シュヴェッター氏は「私たちが新型RS3の開発を初めた時、このコンパクトスポーツカーが実際にどれだけのタイムでニュルブルクリンクをラップできるかはわかりませんでした」とコメントします。「しかし、耐久テストの過程で、私たちは非常に良いタイムに到達したため、新記録を狙えると判断しました。私はこの日のために一生懸命仕事したチーム全体を誇りに思っています」

※ ※ ※

 アウディ新型「RS3スポーツバック」および新型「RS3セダン」は、2021年7月19日に世界初公開されたモデルで、RS3スポーツバックは3代目、RS3セダンは2代目となります。

 今回、最新世代に進化したRS3に搭載される2.5リッター直列5気筒ターボエンジンは、最高出力400馬力・最大トルク500Nmと、先代モデルよりも20Nm増加。最高出力の発生回転数は5600rpmと先代モデルよりも引き下げられており、7000rpmまでパワーを維持します。最大トルクは2250rpmから5600rpmと、幅広い回転数で発生します。

 組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニック(7速DCT)で、4輪を駆動するクワトロです。

 これにより、0-100km/h加速はわずか3.8秒というパフォーマンスを発揮します。また最高速度は250km/hに制限されていますが、オプションで280km/hまで引き上げることも可能。さらにオプションのRSダイナミックパッケージとセラミックブレーキを装着すると、最高速度は290km/hに引き上げられます。

 新型RS3は、アウディモデルとして初めてトルクスプリッターを標準装備。これはリアアクスルディファレンシャルや従来のリアアクスルマルチプレートクラッチに代わるもので、電子制御式のマルチプレートクラッチが左右のドライブシャフトに駆動力を伝達。これにより左右のリアアクスルにトルクが理想的に配分されます。

 トルクスプリッターは、より大きな負荷がかかる外側リアホイールの駆動トルクを増加させ、アンダーステアの傾向を大幅に軽減。左コーナーでは右リアに駆動トルクを配分し、右コーナーでは左リアに配分します。直進時には左右のホイールにトルクを均等に配分します。

 今回のタイムアタックでは、このトルクスプリッターが大きな効果を発揮したといいます。

 また新型RS3ではサーキット専用に設計した「RSパフォーマンス」モードも搭載。このモードでは、オプション設定されるセミスリックタイヤに合わせ、エンジンとトランスミッションの設定が調整されています。これらのモードはアウディドライブセレクト、ドライビングダイナミクスシステムで選択できます。

 欧州では2021年秋に発売されます。ドイツでのベース車両の価格は、RS3スポーツバックが6万ユーロ(約775万円)、RS3セダンが6万2000ユーロ(約800万円)です。

こんな記事も読まれています

トヨタ、ランドクルーザー新型“250”シリーズの特別仕様車“First Edition”を限定8000台発売
トヨタ、ランドクルーザー新型“250”シリーズの特別仕様車“First Edition”を限定8000台発売
AUTOSPORT web
ガスリー、FP1でトラブルに見舞われパワーユニット交換。しかし予選アタックには満足「期待よりもポジティブ。今後も仕事を続けていかないと!」
ガスリー、FP1でトラブルに見舞われパワーユニット交換。しかし予選アタックには満足「期待よりもポジティブ。今後も仕事を続けていかないと!」
motorsport.com 日本版
1000万円超えた!? 三菱が「最後のランサーエボリューション」販売! 特別な「エボX」に驚愕! 即“完売”の「激レアランエボ」に大反響
1000万円超えた!? 三菱が「最後のランサーエボリューション」販売! 特別な「エボX」に驚愕! 即“完売”の「激レアランエボ」に大反響
くるまのニュース
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
レスポンス
「ここまで苦しんだことはなかった……」角田裕毅、19番手に終わったF1中国GPスプリント予選の苦戦に困惑
「ここまで苦しんだことはなかった……」角田裕毅、19番手に終わったF1中国GPスプリント予選の苦戦に困惑
motorsport.com 日本版
BASFコーティングス事業部、アジア太平洋地域で自動車補修用新世代のクリヤーコートとアンダーコートを発売
BASFコーティングス事業部、アジア太平洋地域で自動車補修用新世代のクリヤーコートとアンダーコートを発売
AutoBild Japan
マツダ、新型3列シートSUV『CX-80』をついに世界初公開 日本導入時期は
マツダ、新型3列シートSUV『CX-80』をついに世界初公開 日本導入時期は
レスポンス
ノリス、”オール・オア・ナッシング”のアタックが報われポール「状況は悪かったけど、楽しかったよ!」
ノリス、”オール・オア・ナッシング”のアタックが報われポール「状況は悪かったけど、楽しかったよ!」
motorsport.com 日本版
トヨタ、ランドクルーザーの中核モデル“250”シリーズを発売
トヨタ、ランドクルーザーの中核モデル“250”シリーズを発売
AUTOSPORT web
新型「ランドクルーザー250」のタフ感アップ!モデリスタがカスタマイズパーツ発表
新型「ランドクルーザー250」のタフ感アップ!モデリスタがカスタマイズパーツ発表
グーネット
F1中国GPスプリント予選で3番手アロンソ「グリップレベルとリスクのバランスを判断するのが難しかった」
F1中国GPスプリント予選で3番手アロンソ「グリップレベルとリスクのバランスを判断するのが難しかった」
motorsport.com 日本版
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
Auto Messe Web
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
グーネット
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
くるまのニュース
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
日刊自動車新聞
1986年、国内でグループAレース人気が加速する【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(3)】
1986年、国内でグループAレース人気が加速する【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(3)】
Webモーターマガジン
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
グーネット
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
グーネット

みんなのコメント

7件
  • スポーツバックで日本ではオプション込みで900万
    乗り出し950万弱くらいか…

    ラストになるだろう2.5L、乗りたいけどちと高いかな…
    悩むわ

  • 5秒で結構かもしれんけどFFでローパワーのメガーヌがすごく見えてしまう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

847.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

438.0966.0万円

中古車を検索
RS3(セダン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

847.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

438.0966.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村