現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる

ここから本文です

【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる

掲載 3
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる

 2024年4月20日、スーパー耐久が宮城県スポーツランドSUGOで開幕。そこでスーパー耐久機構から記者会見があるというお知らせが来ていた。会見場にはなんとモリゾウさんの姿があったぞ。いったいなにが始まるのよ?

文/写真:ベストカーWeb編集長 塩川雅人

【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる

■スーパー耐久は「単なるレース」から卒業して次のステージへ

モリゾウさん(左)と桑山事務局長の会見

 スーパー耐久機構(STO)事務局長の桑山晴美氏とモリゾウさん(トヨタ自動車豊田章男会長)の2ショットはちょっと新鮮な雰囲気が漂っていた。いったいなにが始まるのだろう、メディアにも緊張感が走る。

 まず発表があったのがスーパー耐久機構は「スーパー耐久未来機構(STMO)」と改称し、一般社団法人となるということ。

 2018年からスーパー耐久に参戦してきたモリゾウさんだが、スーパー耐久への熱の入れ方はかなりのもの。それはモータースポーツへの情熱はもちろんのこと、開発車両をメインとしたST-Qクラスの設定など「いいクルマ作り」を行うためでもあった。

 実際に水素エンジン車両を世界で初めて耐久レースに投入し、年々その信頼性を高め続けているなど未来への投資としてモリゾウさんは挑み続けている。

 2021年からはスバル、マツダもST-Qクラスへの参戦を決めるなど日に日にその規模は拡大し続けている。

■STMOとして「チームやファンに未来を見せたい」

桑山事務局長は亡き夫である、充氏の遺志を引き継いできた

 桑山事務局長は他界した前事務局長であり、夫の桑山充氏の遺志を継ぎ事務局長としてスーパー耐久を2013年から継承してきた。充氏の遺志でもあった「スーパー耐久を自動車メーカーの開発に使ってほしい」という言葉は、現状のST-Qクラスを設定するキッカケとなっている。

 しかしSTOだけでレースの維持をしていくことの困難さも実感してきたという。自動車メーカーが参画し、エントラントも増え、経営やレースの成長を考えればもっとしっかりした経営の母体がほしいというのは自然の流れだ。

 そこでスーパー耐久を発展させていくためにも、桑山事務局長は意を決しモリゾウさんに相談したという。「ほかにご相談はされていませんか? それであれば皆によい形になるように考えてみます」と快諾をもらったのだという。

 スーパー耐久はオートサロンと似ているとモリゾウさんは言う。「クルマ好き、チューニング好きなどいろいろな方が参戦できる形がスーパー耐久には大切だと思っています」。

 今後もスーパー耐久「らしさ」を残した進化を遂げるはずだ。

■スーパー耐久はアジアへ進出する

新たなパワーユニットやカーボンニュートラル達成の研究はスーパー耐久の場でアジャイルに進んでいく

 スーパー耐久は以前よりアジア進出を狙ってきた歴史がある。海外への進出はもちろん検討すべきことだが、モリゾウさんは「海外から日本のスーパー耐久へ参戦してほしい」と説明する。

 これについては今後の計画次第だが、やっぱりアジアのエントラントが日本式の規律正しいレースフォーマットでレース活動をする光景も見てみたいものだ。

 またスーパー耐久未来機構(STMO)ではモリゾウさんは理事長となり、桑山晴美さんも引き続きSTMOに参画することも発表された。

 「旅館で言うと私(理事長)は総支配人です。総支配人はあまり表にでてきませんよね? だからやっぱり女将さんの桑山さんがメインでやりつつ、総支配人はバックアップをしっかりするイメージです」とモリゾウさんは自身の立ち位置を語る。

STMOへの進化はスーパー耐久のよさを失うものではない

 今後は富士24時間レースも含めてスーパー耐久のよさは変わらないが、やっぱりよりダイナミックに、そして大規模なレースになっていくだろう。

「お手並み拝見でも結構です、とにかく見ててください!!」とモリゾウさんは自信を見せた。手の届かない垣根のあるモータースポーツはそれはそれでいいけれど、やっぱりお祭り(モリゾウさんは"村祭り"と表現)としてのモータースポーツがあってもいいよね、というのがモリゾウさん率いるSTMOの考えのようだ。

 いい意味で「緩くて」「垣根の低い」スーパー耐久は変わってほしくないが、そこはSTMOもきっちり理解しているはず。ベストカーもスーパー耐久を盛り上げていきますぞー!!!

 

 

こんな記事も読まれています

アルファードより650万円高で何が違うの!? レクサスLM6人乗りの存在意義って!?!?
アルファードより650万円高で何が違うの!? レクサスLM6人乗りの存在意義って!?!?
ベストカーWeb
最終コーナーでクラッシュ続出。ドライバーたちの不満と“危機意識”「もうちょっと耳を傾けて欲しい」/SF第3戦SUGO
最終コーナーでクラッシュ続出。ドライバーたちの不満と“危機意識”「もうちょっと耳を傾けて欲しい」/SF第3戦SUGO
AUTOSPORT web
フェルスタッペンがノリスとの一騎打ちを制し今季7勝目飾る。角田裕毅は19位【決勝レポート/第10戦】
フェルスタッペンがノリスとの一騎打ちを制し今季7勝目飾る。角田裕毅は19位【決勝レポート/第10戦】
AUTOSPORT web
くるまりこちゃん OnLine 「大型連休」第102回
くるまりこちゃん OnLine 「大型連休」第102回
ベストカーWeb
市販車最速タイムはこうして生まれた!ダンロップがタイヤに注いだ“本気”とは【動画あり】
市販車最速タイムはこうして生まれた!ダンロップがタイヤに注いだ“本気”とは【動画あり】
グーネット
日本三霊山を巡る旅!石川・富山・静岡の高速道路が定額利用できるおトクなドライブプラン発売
日本三霊山を巡る旅!石川・富山・静岡の高速道路が定額利用できるおトクなドライブプラン発売
グーネット
オートバックス限定!オレンジカラーをステッチ調にあしらった軽自動車用アルミホイール発売
オートバックス限定!オレンジカラーをステッチ調にあしらった軽自動車用アルミホイール発売
グーネット
坪井翔「赤旗で終わるほど残念なことはない」 野尻智紀「この状況を避けることはできなかったか」【SF第3戦決勝会見】
坪井翔「赤旗で終わるほど残念なことはない」 野尻智紀「この状況を避けることはできなかったか」【SF第3戦決勝会見】
AUTOSPORT web
今中古車で大人気!! スムーズでトルクフルな走りがめちゃ楽しい! ボルボ V40T5 Rデザイン試乗プレイバック
今中古車で大人気!! スムーズでトルクフルな走りがめちゃ楽しい! ボルボ V40T5 Rデザイン試乗プレイバック
ベストカーWeb
ル・マン24時間で「ロッシ」に会えた! チョロQみたいな「ビートル」が走る「VWファンカップ」も注目です【みどり独乙通信】
ル・マン24時間で「ロッシ」に会えた! チョロQみたいな「ビートル」が走る「VWファンカップ」も注目です【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
BMWの車内エンタメをもっと充実!iDriveディスプレイ専用最新モデル APPCAST
BMWの車内エンタメをもっと充実!iDriveディスプレイ専用最新モデル APPCAST
グーネット
フェラーリ「e-ビルディング」オープン 持続可能性に配慮した新たな生産プラント
フェラーリ「e-ビルディング」オープン 持続可能性に配慮した新たな生産プラント
グーネット
ホンダ 新型「アコード」純正アクセサリー人気ランキング TOP3をロアースカートが独占!
ホンダ 新型「アコード」純正アクセサリー人気ランキング TOP3をロアースカートが独占!
グーネット
アルピーヌ「A290」日本導入を検討 ブランド初の電動スポーツモデル
アルピーヌ「A290」日本導入を検討 ブランド初の電動スポーツモデル
グーネット
フルEV化された[新型GT-R]は1300馬力超えで28年登場へ!! 同時期に[NSX]も誕生でスーパーカー対決か
フルEV化された[新型GT-R]は1300馬力超えで28年登場へ!! 同時期に[NSX]も誕生でスーパーカー対決か
ベストカーWeb
マツダ「RX-7」用ロータリーを「スーパーセブン」に搭載! 人生最後の1台になぜエンジンもボディも「セブン」を選んでRE雨宮に製作してもらった?
マツダ「RX-7」用ロータリーを「スーパーセブン」に搭載! 人生最後の1台になぜエンジンもボディも「セブン」を選んでRE雨宮に製作してもらった?
Auto Messe Web
ショウエイから加藤大治郎レプリカモデル「X-Fifteen DAIJIRO/ダイジロウ」が9月発売!
ショウエイから加藤大治郎レプリカモデル「X-Fifteen DAIJIRO/ダイジロウ」が9月発売!
バイクブロス
ショウエイのプレミアムツーリングフルフェイス「GT-Air 3 NILE/ナイル」が9月発売!
ショウエイのプレミアムツーリングフルフェイス「GT-Air 3 NILE/ナイル」が9月発売!
バイクブロス

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村