現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「トヨタ」と「日産」は月も走破する! 自動車メーカーの技術は宇宙にまで及んでいた

ここから本文です

「トヨタ」と「日産」は月も走破する! 自動車メーカーの技術は宇宙にまで及んでいた

掲載 17
「トヨタ」と「日産」は月も走破する! 自動車メーカーの技術は宇宙にまで及んでいた

 この記事をまとめると

■日本で先日打ち上げられらたロケットには月面着陸を目指す無人探査機などが積まれている

アポロ以来の月面探索をニッポンの自動車メーカーが支える! トヨタ&日産が市販車技術を「月面車」に活用

■トヨタは有人で月面探査ができる「ルナクルーザー」を開発中だ

■日産は4輪駆動制御の「e-4ORCE」を武器にした無人探査機を開発している

 自動車メーカーが目指す次の領域は「宇宙」

 9月7日に、日本のH2ロケット47号機が打ち上げに成功した。2001年に1号機が打ち上げられて以来、実績が積み上げられてきたが、今回の打ち上げがとくに注目されるのは、日本初の月面着陸を目指す無人探査機や、NASA(アメリカ航空宇宙局)と共同開発した天体観測衛星などが搭載されているためだ。

 天候の影響で打ち上げ日程が延期されたなかでの打ち上げ成功であり、関係者はまずほっと胸をなでおろしたことだろう。

 月面着陸ということに関しては、日本のトヨタや日産が、ローバー(探査車)と呼ばれる走行車両を開発している。このうちトヨタは有人での探査車両ということで、有人与圧ローバーとし、愛称をルナクルーザーとしている。三菱重工との連携で、車内の気圧を調整し、密閉された室内では地球上に近い環境をつくり、重力が地球の6分の1、気温が昼は120度、夜はマイナス170度となる月面で、車内に居れば船外活動用の服を着なくて済む環境が保たれる。

 車体全長は6m、車幅は5.2m、全高は3.8mになり、マイクロバス約2台分の大きさのなかに、4畳半ほどの客室がある。そこでふたりの宇宙飛行士が、生活しながら30日という長期間の探査をすることができる仕様だ。

 トヨタは、自動運転など将来のクルマ開発で培った技術を適応していくことになる。

 一方の日産は、無人での探査車両の開発を行なっており、エネルギー使用量が限られる月面の環境において、これまで電気自動車(EV)開発で培ってきたモーター制御技術を使い、タイヤの空転をなくすことで確実に駆動力を使い、少ないエネルギーで移動できることに役立てようとしている。そこには、アリアで採用されている4輪駆動制御のe-4ORCEを進化させ、滑りやすい砂地などでの確実な駆動力の確保を進める。

 中国やインドも月面への関心を高めているなか、ロケットを飛ばすという単に宇宙航空技術だけでなく、別の惑星での地上活動に際しての移動に、自動車メーカーの技術が活かされようとしている。ここは、欧米を含め、自動車産業で永年の知見を持つ日本のひとつの力量の見せ所となっていくかもしれない。

こんな記事も読まれています

スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
AUTOSPORT web
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
AUTOSPORT web
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

17件
  • 以前は日産のターボ技術がロケットエンジンにも生かされてたはず。
    部門ごとIHIさんに身売りされたけど
  • 欧州車成功野郎・湾岸のヒヨコスイフト・覆面ローダウンゼロクラの3バカトリオを、月面に捨ててくれ、JAXAさん(笑)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

850.5955.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

130.01298.0万円

中古車を検索
H2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

850.5955.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

130.01298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村