現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ブロンズのアクセントがボディに映える! ”上質な”特別仕様車トヨタ「アクア Z”Raffine”」が誕生

ここから本文です

ブロンズのアクセントがボディに映える! ”上質な”特別仕様車トヨタ「アクア Z”Raffine”」が誕生

掲載 3
ブロンズのアクセントがボディに映える! ”上質な”特別仕様車トヨタ「アクア Z”Raffine”」が誕生

 この記事をまとめると

◾️トヨタ「アクア」に特別仕様車「Z“Raffine”」が追加された

現役女子大生の目線は「クルマ好き」とはまったく違う! 2023年を代表する10台に対する意見を聞いてみたらけっこう衝撃!!

◾️アースカラーやブロンズの加飾、ブラウンのシートカバーが映える仕様となっている

◾️同時にカタロググレードの一部改良も行われ、装備が変更された

 特別な加飾をまとったアクアが登場

 ハイブリッドのもたらす高い環境性能とコンパクトハッチバックの高い実用性によって、2011年のデビューから愛され続けているトヨタ・アクア。その2代目となる現行型に、アースカラーとグレーのボディカラーにブロンズのアクセントが光る特別仕様車、「アクア Z“Raffine”」が登場した。

 “Raffine”とはフランス語で”上質な”という意味であり、このクルマはその言葉にぴったりな装備が満載だ。

 ボディカラーは、クリアベージュメタリック、アーバンカーキ(薄いカーキ色)&ダークグレールーフ、そしてダークグレー&ブラックマイカルーフという、全3種類から選ぶことができる。

 また、ドアミラーとドアハンドルもルーフカラーで塗装され、ホイールとグリルモールはブロンズに塗装される。4WDグレードでは、ホイールが2WDの16インチから15インチとなり、デザインも異なるものとなるが、ブロンズに塗装される点は変わらない。

 内装ではインパネとフロントコンソールにブロンズの加飾が施され、ゴージャスでありながらも落ち着いたインテリアとなる。

 また、「”Raffine”」専用ディーラーオプションとして、ブロンズメタリックのサイドガーニッシュ、バックドアエンブレム、専用シートカバー、インテリアパネルエンブレム、専用フロアマット、専用プロジェクションイルミネーションが用意されている。このオプションをつけることで、さらに上質な見た目と空間を手に入れられること間違いなしだ。

 そんな「アクア Z”Raffine”」の気になる価格は、メーカー希望小売価格が2WDモデルで266万7000円、4WDモデルで283万7000円となっている。そして、先述のディーラーオプションをすべて網羅した「Z”Raffine” セット A」は16万4450円、シートカバーとプロジェクションイルミネーションを省略した「Z”Raffine” セット B」は7万4250円となっている。

 同時にカタログモデルも装備の変更が行われた。

 停車時警報機能付きブラインドスポットモニター、パーキングサポートブレーキ、シースルービュー&ムービングビュー付パノラミックビューモニターがZグレードに標準設定されたほか、パーキングサポートブレーキをXグレードに標準設定。Z、G、GR SPORTグレードにはレコーダー付き自動防眩インナーミラーも標準設定された。

 おしゃれな「Z”Raffine”」と運転支援システムの拡充。どちらもアクアの躍進を、さらに手助けすることになりそうだ。

こんな記事も読まれています

「間違いなくポジティブ」ル・マンで完走を果たしたランボルギーニ、WEC後半戦はペース改善が目標
「間違いなくポジティブ」ル・マンで完走を果たしたランボルギーニ、WEC後半戦はペース改善が目標
AUTOSPORT web
新東名「半分だけ」できてました! 未開通部つかって実験“未来の高速道路”を垣間見た
新東名「半分だけ」できてました! 未開通部つかって実験“未来の高速道路”を垣間見た
乗りものニュース
日産「“次期型”GT-R」いつ登場? 歴代「GT-Rデザイン」採用か!? 「R35型の終焉」で後継モデルはどうなるのか
日産「“次期型”GT-R」いつ登場? 歴代「GT-Rデザイン」採用か!? 「R35型の終焉」で後継モデルはどうなるのか
くるまのニュース
軍用フェラーリがあった!? およそ7700万円で落札された「458イタリア アーミー」をオーダーした人物の名を知って納得のテーラーメードです
軍用フェラーリがあった!? およそ7700万円で落札された「458イタリア アーミー」をオーダーした人物の名を知って納得のテーラーメードです
Auto Messe Web
ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型
ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型
レスポンス
ついに大人気モデルのカングーもEV化へ 実用的でクリーンだがこの値段では家族用のバンというコンセプトには説得力に欠ける?
ついに大人気モデルのカングーもEV化へ 実用的でクリーンだがこの値段では家族用のバンというコンセプトには説得力に欠ける?
AutoBild Japan
レッドブルF1、ライバルのパフォーマンス向上はフレキシブルウイングの効果と疑う
レッドブルF1、ライバルのパフォーマンス向上はフレキシブルウイングの効果と疑う
AUTOSPORT web
【4400万円で日本限定30台】 メルセデス・マイバッハS 580にナイト・エディション
【4400万円で日本限定30台】 メルセデス・マイバッハS 580にナイト・エディション
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ、60年ぶり開催の「ソリチュードリバイバル」参加へ…歴史的名車が走る
ポルシェ、60年ぶり開催の「ソリチュードリバイバル」参加へ…歴史的名車が走る
レスポンス
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税&重量税”高くなるのか…「クルマは税金の塊」「いい加減見直して~」の声も? 理不尽な重課措置の仕組みとは
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税&重量税”高くなるのか…「クルマは税金の塊」「いい加減見直して~」の声も? 理不尽な重課措置の仕組みとは
くるまのニュース
遂に国内EV展開がスタート!? ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を発表
遂に国内EV展開がスタート!? ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を発表
バイクのニュース
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
ベストカーWeb
300台以上のダイハツ新旧「コペン」が裾野に集合! オーナーの手づくりミーティングが急成長した理由とは?
300台以上のダイハツ新旧「コペン」が裾野に集合! オーナーの手づくりミーティングが急成長した理由とは?
Auto Messe Web
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「ホンダ N-ONE RS(6速MT)」(2021年12月放映)
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「ホンダ N-ONE RS(6速MT)」(2021年12月放映)
Webモーターマガジン
6月22日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
6月22日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove
全長5m!? 斬新「和製スーパーカー」実車展示! 6速MT×2人乗りのスタイリッシュマシン「VEGA」とは
全長5m!? 斬新「和製スーパーカー」実車展示! 6速MT×2人乗りのスタイリッシュマシン「VEGA」とは
くるまのニュース
ホンダ フォーサイト[名車バイクレビュー] 時代に乗れなかった悲しき“ビッグスクーター”
ホンダ フォーサイト[名車バイクレビュー] 時代に乗れなかった悲しき“ビッグスクーター”
WEBヤングマシン
ケータハム、スーパーセブン600/2000を発売。日本限定“クラシック・エディション”は期間限定販売
ケータハム、スーパーセブン600/2000を発売。日本限定“クラシック・エディション”は期間限定販売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

3件
  • ren********
    燃費競争がおわり
    補助金も出ないなら
    庶民にとっては
    中古でじゅうぶんです。
    トヨタさん。
  • umi********
    スズキも特別仕様車にブロンズを好んで使うけど、いまいちセンスが無い気がする。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

214.6283.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8299.9万円

中古車を検索
アクアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

214.6283.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8299.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村