現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型スイフトにMT車あり!でも欧州チューニングの「RS」や1Lターボの「RSt」はなぜないの?

ここから本文です

新型スイフトにMT車あり!でも欧州チューニングの「RS」や1Lターボの「RSt」はなぜないの?

掲載 29
新型スイフトにMT車あり!でも欧州チューニングの「RS」や1Lターボの「RSt」はなぜないの?

 新型スイフトシリーズが12月6日に発表、12月13日に発売となった。クルマ好きには嬉しい5速MT車もハイブリッドMXに用意されており、この5速MT車のみ1月17日に発売される。MTを残してくれただけで嬉しいけど、先代モデルにあった1Lターボは復活するのか?

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、スズキ

新型スイフトにMT車あり!でも欧州チューニングの「RS」や1Lターボの「RSt」はなぜないの?

■新型スイフトに5速MT車がある!

新型スイフトは1.2Lガソリン車のXG、1.2Lハイブリッド車のハイブリッドMX、上級グレードのハイブリッドMZをラインアップ。そのうち、ハイブリッドMXの2WDに5速MT車が192万2800円で設定されている

 12月6日に発表、13日から発売される新型スイフト。そのなかに、いまどき珍しい5速MT車がラインナップされている! 5速MT車は1.2Lマイルドハイブリッドの「ハイブリッドMX」に設定されている。

 5速MT車は財布にも優しい。なんと環境性能割、エコカー減税が免税、WLTCモード燃費は、ハイブリッドMX(FF)、CVTの24.5km/Lよりも0.9km/L上回る25.4km/L。

 5速MT車のハイブリッドMXの価格は、同グレードのCVT車と同じ192万2800円と、200万円切りは嬉しい。発売はこの5速MT車のみ1月17日となっている。

 なかなかいまどき、200万円切りのMT車がないので、欲しい人はぜひ!

[articlelink]

■ガソリン車のRS、ハイブリッドRS、1LターボのRStがないのはなぜ?

2017年7月に登場したストロングハイブリッド仕様の4代目スイフト。出力10kWトルク30Nmの駆動用モーターと5速AGS(自動MT)を使ったパラレルハイブリッド。しかし2020年8月に販売終了

 新型スイフトのラインナップを見て、ストロングハイブリッド、ガソリン車のRSとハイブリッドRS、1LターボのRStがないのに気付いた方はかなりの通。

 この事実について、スズキ開発者に聞いてみたが「先代スイフトの販売割合が、ガソリン車4、マイルドハイブリッド4、ストロングハイブリッドが2となっていました。ストロングハイブリッドの割合が2と極端に少なかったので見送りました」。

 たしかに2017年4月の発売当初は、マイルドハイブリッドだけだったが、2017年7月にストロングハイブリッドが追加された。しかしストロングハイブリッド車の価格が高く、コストパフォーマンスが悪かったので、2020年8月に販売終了となっていたのだ。

 マイルドハイブリッド車は、ガソリン車に対して燃費が14%向上し、車両価格は約23万円アップ。それに対し、ストロングハイブリッドは、マイルドハイブリッドに対して燃費は17%向上、車両価格は約16万円ほど高かった。

 その後、1.2LのNAガソリンエンジン仕様に5速MTを組み合わせるRS、同エンジンのマイルドハイブリッド仕様のCVT搭載車となるハイブリッドRS、そして、スイフト史上初となるターボエンジン搭載のRStの3タイプを設定していた。

1Lターボの“ブースタージェット”エンジンを搭載していたスイフト「RSt」。流行りのダウンサイズターボ車として玄人には注目の存在だった

 RS、ハイブリッドRS、RStはフロントグリル、フロント&リアバンパー、スポイラー、サイドステップ、ルーフスポイラーを専用開発し、リアフォグランプや切削加工とブラック塗装を施した16インチアルミホイールを装備。

 インテリアはセンターコンソール、ステアリング、シフトブーツ、専用ファブリックシート表皮、シルバー加飾、シルバーステッチを施したほか、3代目同様、ショックアブソーバーや電動パワーステアリングなど欧州チューニングが施されていたこともあって評価も高かったのだが……。

 しかし、102ps/15.3kgmを発生する1LターボのRStも2020年5月に販売終了、今回の新型スイフトにも用意されていない。

 新型スイフトにはこのRS、RSハイブリッドがラインナップされていないことに関しては今回スズキ関係者に聞いてみたが「いまのところ考えていませんが、ご要望があれば……」とのことだった。

 RStに関してもすでに先代スイフトの時に途中で販売終了となっている経緯もあるので、仕方ない気もするが、やはり、トップモデルのスイフトスポーツがあるので、ラインナップされないのもやむなしといったところか。

 1Lのターボは、それほどハイチューンなターボではなかったが、欧州仕様の足回りのもたらすハンドリングの良さとの相乗効果で、気持ちいい走りのモデルだったのに……。

こんな記事も読まれています

なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
バイクのニュース
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
くるまのニュース
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
カー・アンド・ドライバー
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
VAGUE
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
AutoBild Japan
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
くるまのニュース
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
モーサイ
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

29件
  • cyn********
    スイスポとの価格差が性能差で考えると誤差レベルだったからスイスポを選んだ
    これがスイフトRStがいい車の割に売れなかった理由では?
    スイフトが高いんじゃなくスイスポが安すぎただけ
    RSは一つ前のMTを7万㎞ほど乗ったけど一般的に知られている違いだけでなくタイヤ銘柄がエコピアではなくトランザだったりパワステ制御が違ってたり速くはないけど高速道路を長距離走るのも得意な感じ
    2型ゴルフが洗練されたみたいで面白かった
  • nwt********
    たとえ非力でも、小排気量のエンジンを目一杯ブン回してマニュアルで操るのは楽しいものです。新型スイフトは楽しそうですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村