現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界

ここから本文です

優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界

掲載 更新
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界

 初代「グラントゥーリズモ」がデビューしたのが2007年3月。ピニンファリーナが担当したボディーデザインは、ロングノーズ、ショートデッキの2ドアクーペ。全長5m、ホイールベース3mに近い大柄なボディーを、古典的なスポーツカープロポーションでまとめあげていた。

 マセラティは、この美しいボディーのプロポーションを崩すことなく、2019年まで12年間造り続けた。ホイールベースが長いことから、室内は大人4人が快適に過ごせる広さを確保していた。文字どおり、ヨーロッパ大陸を大人4名がラゲージと共にラクに移動できるGTカーであった。

トヨタがBEVのコンセプトカー「bZ Sport Crossover Concept」「bZ FlexSpace Concept」を公開

 2019年でいったん、生産を停止した「グラントゥーリズモ」が2023年4月に、日本でのオーダー受付を開始した。新型のパワーユニットには、フル電動の「グラントゥーリズモ」があるのだが、今回受付けたのは、マセラティが新開発したV6、3.0Lガソリンツインターボを搭載した「モデナ」と、そのエンジンをベースに60PSもパワーアップして載せた「トロフェオ」だった。

スーパーカーとは思えないほどの扱いやすいさ



 新型のスタイリングは、先代からのキャリーオーバーのように見えるが、ピニンファリーナではなく、マセラティ・イノベーション・ラボで手がけたモデルは、先代より全長55mm、全幅40mm、全高30mmも大きくなっている。ただし、ホイールベースだけ10mm短いというプロポーションが特徴だ。



 前後のサスペンションも前はダブルウィッシュボーン、後ろはマルチリンクで、エアサスペンションと電子制御ダンパーを組み合わせている。ブレーキも強化された。後輪駆動形式は生地と同じだが、ミッションは6速から8速に進化している。

 新型「グランツーリズモ」のトピックはこれだけではない。実は、V6ツインターボ以外のパワーユニットに、電気モーターが搭載されたのだ。もちろん、マセラティ初のフルEV。しかも、V6モデルとシャーシなどは共通のものを採用しているらしい。情報の段階だが、フレームの空間などを利用して、電池を搭載することで、車体前後の重量配分も前50、後50の理想に近い配分を実現。その操縦性はガソリンの「グランツーリズモ」と同じレベルだという。

 EVのネーミングも決定している。「フォルゴーレ」。イタリア語で雷を意味する。その実力は、まだ試乗できていないので想像の域を出ないが、マセラティがフォーミュラEに出場し、蓄えたノウハウが生かされていることは間違いない。フォーミュラEで開発された800V技術をベースに300kWの磁石モーターを3基搭載している。電池容量は92.5kWh、約760PSのパワーを発生すると伝えられている。

 早く、フルEVの「グランツーリズモ」に乗ってみたい!という気持ちを抑えながら、V6、3.0Lツインターボ「トルフェオ」のハンドルを握った。ハンドルスポーク左下に不随するスターターボタンを押し、センターコンソール上部の変速スイッチでDモードを選ぶ。スイッチは左からP/R/N/D・Mの4つが並んでいる。

 さらに、ハンドルスポークの右下にあるドライブモードダイヤルで、ドライブモードも選択する。ダイヤルを回すと、コンフォート/GT/スポーツ/コルサの4モードが選べる。スタートはノーマルモードに相当するGTモードをチョイス。やや重めのハンドルを操りながら、街中の乗り出した。V6、3.0lLツインターボと8速ATの組み合わせは実にスムーズだ。

 低い回転数でシフトを重ねていく。60km/hでの走行はDレンジで6速1400回転で、流すように走行する。その姿は、優雅で、美しい。とても0→100km/hが3秒台、最高速320km/hという動力性能を秘めているスーパーカーとは思えないほどに扱いやすい。



リアシートも大人2名が長時間座るのに耐えられる広さを確保

 高速道路に入り、高速巡航に移る。グランツーリズモが、車名どおり、長距離、高速移動=グランドツーリングの体勢に入る。100km/hの巡航は、Dレンジ8速1500回転、7速1900回転。エンジン音も風切り音も低く抑えられている。乗り心地も路面からの振動も上下動もコントロールされている。ドライビングモードを「GT」から「スポーツ」に切り替えると、上下動がややキツメになり、乗り心地は硬くなる。「GT」から「コンフォート」にすると、路面のうねりに対しての上下動がやや大きくなる。

 新しくなったサスペンションと電子制御ダンパーが常に安心感のあるハンドリングをキープしてくれる。今回の試乗中はドライ路面だったが、ウェットになれば、4輪駆動の安定感も体感できるはずだ。ブレーキもベンチレーテッドディスクの径は前380mm、後350mm。ワインディングでの働きは絶大だ。

 そのワインディングに入り、Mモードに切り替え、「スポーツ」モードを選択する。目の前のエンジン回転計は6500回転からレッドゾーンだが、パドルレバーで1速5000回転まで回しても40、2速70、3速105km/hに達してしまう。V6エンジンは4000回転をオーバーすると、それまでの軽いハミングから、爆音に近いボリュームになる。この加速なら0→100km/h、3秒台も十分に可能に違いない。

 このようなスーパースポーツでありながら、グランドツーリングは、リアシートも大人2名が長時間座るのに耐えられる広さを確保している。足元も狭くはないし、頭上はリアゲートのウインドが拡がっているので、陽射しは辛いかもしれないが、身長165cm以下ならロングドライブも苦にならないだろう。



 美しい容姿、上品で高品質の内装、ジキルとハイド的なパワーユニット。「トロフェオ」の車両価格は2998万円。標準グレードのモデルは2444万円と発表されている。しかし、新型「グランツーリズモ」の本命は100%EVの「フォルゴーレ」。その走りがどこまで”GT”しているのかを早く確かめたい。

■関連情報
https://www.maserati.com/jp/ja/models/granturismo/granturismo-trofeo

文/石川真禧照 撮影/萩原文博

こんな記事も読まれています

トーヨータイヤが「スコア・バハ500」参戦チームへ「OPEN COUNTRY」供給でサポートを発表
トーヨータイヤが「スコア・バハ500」参戦チームへ「OPEN COUNTRY」供給でサポートを発表
レスポンス
新型電動SUV『T9』、東洋の美学を取り入れたデザイン…奇瑞「風雲」ブランドが発表
新型電動SUV『T9』、東洋の美学を取り入れたデザイン…奇瑞「風雲」ブランドが発表
レスポンス
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
WEB CARTOP
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
AUTOSPORT web
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
レスポンス
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
くるまのニュース
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
バイクのニュース
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
VAGUE
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
AUTOSPORT web
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
WEB CARTOP
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
motorsport.com 日本版
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
日刊自動車新聞
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
レスポンス
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
LE VOLANT CARSMEET WEB
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
くるまのニュース
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
@DIME
トヨタ 改良された液体水素燃料車のカローラH2コンセプトで富士24時間レースに出場
トヨタ 改良された液体水素燃料車のカローラH2コンセプトで富士24時間レースに出場
Auto Prove
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2444.02998.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

305.02070.0万円

中古車を検索
グラントゥーリズモの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2444.02998.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

305.02070.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村