現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 目がない!? 日産「フェアレディZ」にまさかの「ホンダ製エンジン2基」搭載!? 米に登場したリア丸出しの「ド迫力仕様」に反響集まる

ここから本文です

目がない!? 日産「フェアレディZ」にまさかの「ホンダ製エンジン2基」搭載!? 米に登場したリア丸出しの「ド迫力仕様」に反響集まる

掲載 9
目がない!? 日産「フェアレディZ」にまさかの「ホンダ製エンジン2基」搭載!? 米に登場したリア丸出しの「ド迫力仕様」に反響集まる

■目がない!? エンジン2基搭載!? 魔改造「フェアレディZ」登場

 2023年10月31日から11月3日まで、ラスベガスで開催されたカスタムカーショー「SEMA2023」にて、2基のエンジンを搭載した魔改造フェアレディZ「TWIN-ENGINED NISSAN 350Z(ツインエンジン350Z)」が展示されました。

【画像】めちゃカッコイイ! ”エンジン2基搭載”の「フェアレディZ」を画像で見る(35枚)

 これについて日本ユーザーからさまざまな反響が寄せられています。

 ENEOSの米国部門は、“フランケンシュタインカー”と称するエンジンの載せ替えなど激しい改造を行ったクルマを3台展示。

 そのなかの1台であるツインエンジン350Zは、2003年製の日産「350Z(日本名:フェアレディZ)」をベースに、ワイドボディ化、エンジン換装などのカスタマイズを施したモデルです。

 アシュリー ロビンソン氏が作成し、ENEOSが主催した「ENEOS / Pit+Paddock 2023 SEMAショー・カーコンテスト」では優勝を勝ち取っています。

 改造前のベース車両を800ドル(約13万円)で購入。リアはすでに破損状態だったそうで、リアを修理し、しばらくはドリフト車として使用。

 その後横転して激しく損壊したため、改めてツインエンジン化を行ったといいます。

 エクステリアは、ワイドボディ化やローダウンが行われ、迫力あるシルエットとなっているほか、ヘッドライトの部分にルーバー状のパーツが取り付けられるなど印象が一変しています。

 またリアのボディは完全になくなってしまっており、フレームとして組まれた金属製のパイプがむき出しの状態に。

 フロントと中央に搭載された2つの2.4リッターターボエンジンは、アコードなどに用いられるホンダ製のK24エンジンで、これらに組み合わされるトランスミッションはホンダ製のEP3です。

 ブレーキには、フロントにヒュンダイ「ジェネシス」のブレンボキャリパー、リアには350Zのキャリパーが装備されます。

※ ※ ※

 ツインエンジン350Zの登場に、ユーザーからは「壊れてしまったクルマを改良して新たな価値を生み出すのすごい」「こういう狂った魔改造車大好き!」など反応を示す声や、なかには、「ジャパンモビリティショーで展示してほしかった」と先日行われたJMS2023での展示を望む声も。

 また「燃費はどうなっているんだろう。気になる」「ちょっとコンビニ行くレベルでタクシー代以上にガソリン代かかりそう」など、車両の構造が気になるという声をはじめとしたさまざまな反響が集まっていました。

こんな記事も読まれています

懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • che********
    かなり前に見ましたな、このネタ
    目がない?で閲覧させると思ったんでしょうな
    フェアレディとか、ホンダとか結局は
    日本のメーカーでPV数増やして広告料収入増やしたいだけ
  • tan********
    まさにホンダZ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.02800.0万円

中古車を検索
フェアレディZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.02800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村