現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型登場でN-BOX優勢は続くのか!? 室内空間ならタントに軍配!! ライバル3台と徹底チェック

ここから本文です

新型登場でN-BOX優勢は続くのか!? 室内空間ならタントに軍配!! ライバル3台と徹底チェック

掲載 7
新型登場でN-BOX優勢は続くのか!? 室内空間ならタントに軍配!! ライバル3台と徹底チェック

 2023年10月に登場した3代目ホンダ N-BOX。好評だったエクステリアはほぼそのままに、ウイークポイントをひとつずつ解決する丁寧なモデルチェンジを行った。では、新型N-BOXのライバルといえるクルマは何だろうか?

※本稿は2023年10月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年11月10日号

新型登場でN-BOX優勢は続くのか!? 室内空間ならタントに軍配!! ライバル3台と徹底チェック

■新しくなったN-BOXのライバルは?

エンジンやプラットフォームは先代型から引き継ぎ、先代が抱えていた弱点には徹底的に改良を加えた新型ホンダ N-BOX

 N-BOXは、先代型の時点で、エンジン、プラットフォーム、安全装備などを大幅に刷新した。販売は好調で、国内で売られるホンダ車の約40%をN-BOXが占めた。

 ただし開発や製造のコストも高く、ホンダ社内からは「大量に売れても儲からない」という話も聞かれた。新型では儲けを増やすこともテーマになった。

 新型N-BOXのエンジンやプラットフォームは先代型と共通でコストを抑えた。その代わり先代型の欠点潰しを行った。先代型はメーターを高い位置に装着して前方からの視線移動を抑えたが、小柄なドライバーは前方が見にくい。

 そこでメーターをステアリングホイールの奥に移して視界を向上した。後席は座面を柔軟に仕上げ、腰の支え方もよくなった。プラットフォームの解析が進み、運転感覚も改善された。

 例えばステアリングホイールを回し始めた時の曖昧さを払拭して、操舵感が正確になった。車線変更を終えた時の微妙な揺り戻しも抑えた。

 その代わり収納設備の数が減り、メッキパーツなどの装飾も控え目だ。標準ボディでは、先代型のLに標準装着された前席シートヒーターや後席アームレストなどがオプションに変更された。

 新型で加わった装備もあるが、差し引きすると4万~5万円値上げされた。

 ライバル車と比べると、N-BOXは今でもホイールベースが最長で車内も一番広い。燃料タンクを前席の下に搭載したから荷室の床も低い。

■N-BOXの好調に待ったをかけるライバル車3台

 ライバル車の筆頭はタントで、左側のドアを前後ともに開くとワイドな開口幅を得られる。車内の移動もしやすく、子育て世代に適する。価格も割安だ。

 その代わりN-BOXよりも乗り心地が硬い。後席を低い位置で格納する機能も省かれ、車内の使い勝手はN-BOXが勝る。

 ルークスはインパネの上面が平らで前方視界もいい。新型N-BOXも、インパネの形状をルークスに近づけた。2台先を走る車両を検知できる安全装備も特徴だ。ただし車内の広々感はN-BOXが勝る。

 ルークスの姉妹車であるデリカミニも注目される。外観にはSUVらしさが表現され、撥水シートや汚れを落としやすい荷室もアウトドアでの使用に適する。

 4WDは乗り心地も快適だ。後席の座り心地はN-BOXに負けるが、デリカミニは独自の魅力によってN-BOXに対抗している。

■ダイハツ タント

2019年7月登場のダイハツ タント

 2019年7月登場、デビューから4年目。2022年8月にマイナーチェンジでファンクロスを追加

●タントの〇と×

○……左側のセンターピラーはスライドドアに内蔵され、前後のドアを両方ともに開くと開口幅が1490mmに拡大する。ベビーカーを抱えながら乗降できる。標準ボディのXは実用装備を充実させて価格は150万7000円に抑えた。ライバル車と違って標準ボディのターボも選べる。

×……現行型は走行安定性を向上させた代わりに乗り心地が硬い。後席の背もたれを前側に倒した時、座面も連動して下がり、荷室の床を低く抑える機能が省かれた。

■日産 ルークス

2020年5月登場の日産 ルークス

 2020年5月登場、デビューから3年目。2023年4月にマイナーチェンジでフェイスリフトを実施。

●ルークスの〇と×

○……前方衝突予測警報は、2台先を走る車両も検知して、危険の発生を早期にドライバーに伝える。インパネの上面を平らに仕上げ、前方視界をスッキリさせたから運転しやすい。ノーマルエンジンでも実用回転域の駆動力に余裕がある。

×……後席は乗員の大腿部と座面が接する部分が短く、座り心地に違和感が生じる。運転支援機能を装着するのはプロパイロットエディションのみで、その価格はすべて200万円を超える。

■三菱 デリカミニ

2023年4月登場の三菱 デリカミニ

 2023年4月登場、デビューから半年。eKクロススペースの後継となるSUVタイプの軽カー。

●デリカミニの〇と×

○……4WDは最低地上高に余裕があり、悪路のデコボコを乗り越えやすい。乗り心地は適度に柔軟で、挙動の変化が穏やかだから安定性にも不満はない。Tプレミアム4WDはT4WDに運転支援のマイパイロットなど28万円相当の装備を加えて、価格アップを14万6300円に抑えた。

×……充実装備だが価格は全般的に高く、最も安価な2WDのGでも180万円を超える。低予算で買うのは難しい。後席はルークスと同じ造りで座り心地が不満だ。

こんな記事も読まれています

グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーネット
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
motorsport.com 日本版
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
AUTOSPORT web
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
motorsport.com 日本版
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ベストカーWeb
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
AUTOSPORT web
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
ベストカーWeb
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
Auto Messe Web
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
カー・アンド・ドライバー
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
AUTOCAR JAPAN
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
AUTOSPORT web
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
AUTOSPORT web
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
Auto Messe Web
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

7件
  • たーぼー
    現行ルークスの前期型を所有してますが、リアサスが硬く感じます。バックドアのとこに座ってユサユサしてみると、少なくともタントや新型スペーシアより硬い。そのせいか嫁の運転のせいか自分は後席では酔ってしまう事があるのですが、そういった情報は見かけませんね。
    しかし運転する時ははなかなかに乗り心地良いと感じます。ドライバーメインの味付けなんでしょうかね。
  • oya********
    タントは安いけど、ボディ剛性や安全支援に問題あり。
    詳しくは「自動車事故対策機構」の評価にて。
    ファイブスター賞を受賞しているのは、この車種の中ではルークス(2021年)の92% (176.54 / 190点)とN-BOX(2017年)の88%(184.1 / 208点 )のみ。最も安全性が高いのはルークス。

    因みにN-BOXの「衝突テスト」動画は公開されていません。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.01000.0万円

中古車を検索
N-BOXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.01000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村