サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則289】イオスとニュービートルカブリオレにはオープンモデルとして異なる魅力があった

ここから本文です
2006年にイオスが登場したことで、フォルクスワーゲンにはイオスとニュービートルカブリオレというふたつのオープンモデルが設定されることになった。それまでもフォルクスワーゲンは積極的にオープンモデルを提案していたが、このふたつのモデルにはどんな思いが込められていたのか。Motor Magazine誌で比較試乗を行っているので振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2007年3月号より)

合理性が感じられるリトラクタブルルーフ
フォルクスワーゲンのクルマづくりの根底には今でも理詰めの合理精神が流れている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン