現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型SクラスにV8+ISGの最上級モデルを追加! 「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」の予約受付を開始

ここから本文です

新型SクラスにV8+ISGの最上級モデルを追加! 「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」の予約受付を開始

掲載 6
新型SクラスにV8+ISGの最上級モデルを追加! 「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」の予約受付を開始

 この記事をまとめると

■新型Sクラスに「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」を追加

昭和のスーパースター3人が乗っていたガルウイング! 当時のドル円換算で245万円だったメルセデス・ベンツ300SLとは

■最高出力503馬力、最大トルク700N・mの4リッターV8エンジン+ISG搭載

■「S 580 4MATIC」が1611万円、「S 580 4MATIC ロング」が1953万円

 503馬力のV8ツインターボ搭載のSクラスが登場

 いつの時代も、その時点でメルセデス・ベンツの持てるすべての技術が投入され、世界の自動車の指標とされてきたSクラス。現行モデルとなる7代目Sクラスは、2021年1月に直6+48Vマイルドハイブリッドのモデルが導入されている。

 そんなSクラスに、4リッターV8ツインターボ+48Vマイルドハイブリッドの最上位モデル、「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」が発表され、先行予約の受付を開始した。

 搭載される4リッターV8ツインターボは、最高出力503馬力、最大トルク700N・mで、低中負荷域で祈祷休止する機能を備えた燃費性能にも配慮されたユニット。このエンジンに最高出力20馬力(15kW)、最大トルク208N・mを発生するISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)が組み合わせられる。

 ISGは、回生ブレーキによる発電も行い、約1kWのリチウムイオンバッテリーに充電することが可能で、エンジンの低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現している。

 これにより、シフトチェンジに要する時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現している。

 2021年9月以降順次納車で価格は1611万円~

 また、「S 580 4MATIC」「S 580 4MATIC ロング」では、フルアクティブサスペンションのE-ACTIVE BODY CONTROLをオプションで選択可能。AIRMATICのシステムをベースに4輪それぞれに48V対応のアクチュエーターを追加し、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別制御することが可能となっている。

 さらに、ステレオカメラで前方の路面のアンジェレーションをモニターし、あらかじめダンパーの減衰力を演算して準備するロードサーフェススキャンを採用。この機能により、タイヤへの初期入力から適切に減衰させるとともに、バネ上にその振動を極力伝えないようにすることで、フラットな乗り心地を提供してくれる。ダイナミックカーブ機能のCURVE3では、コーナリング時のロールによるバネ上の傾きを趨勢し、水平になるよう制御が働く。

 衝突安全性に寄与する機能も採用されており、側面衝突の可能性があると車両側が判断すると、運転席/助手席のバックレストのサイドサポートに内蔵されたエアクッションが展開され、ドアが乗員にぶつかる際のショックを軽減するだけでなく、E-ACTIVE BODY CONTROLが瞬時に車高を上げて頑強な構造部分であるサイドシルで衝撃力を受け止めることで、乗員を守る機能も備えている。

 価格は「S 580 4MATIC」が1611万円、「S 580 4MATIC ロング」が1953万円となる。

 なお、「S 580 4MATIC」および「S 580 4MATIC ロング」には新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・部品交換)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

 両モデルの納車は2021年9月以降を予定している。

こんな記事も読まれています

MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
motorsport.com 日本版
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
AUTOSPORT web
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
ベストカーWeb
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
Auto Messe Web
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
ベストカーWeb
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
AUTOSPORT web
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
AUTOSPORT web
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
ベストカーWeb
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
Auto Messe Web
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
AUTOSPORT web
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
AUTOCAR JAPAN
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
AUTOSPORT web
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
AUTOCAR JAPAN
メルセデスAMG、ル・マン/LMGT3参入に向け交渉を続ける。ELMSを糸口にする可能性も
メルセデスAMG、ル・マン/LMGT3参入に向け交渉を続ける。ELMSを糸口にする可能性も
AUTOSPORT web
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
くるまのニュース
2024年最初の勝者は? スーパーGT第1戦岡山のGT500ウイナー&PPを編集担当スタッフがガチ予想
2024年最初の勝者は? スーパーGT第1戦岡山のGT500ウイナー&PPを編集担当スタッフがガチ予想
AUTOSPORT web
『トールマン』創設者のテッド・トールマンが86歳で死去。セナやヨハンソンらのキャリアを育む
『トールマン』創設者のテッド・トールマンが86歳で死去。セナやヨハンソンらのキャリアを育む
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.02180.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.02180.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村