現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【最新BEV試乗】東京→仙台・無充電ドライブ達成。VW ID.4の優れた快適性と電費性能を実感した

ここから本文です

【最新BEV試乗】東京→仙台・無充電ドライブ達成。VW ID.4の優れた快適性と電費性能を実感した

掲載 6
【最新BEV試乗】東京→仙台・無充電ドライブ達成。VW ID.4の優れた快適性と電費性能を実感した

BEVの心配事は航続距離。ロングツーリングでその電費を検証

 VWのBEV、ID.4は着実に進化している。上級グレードとなるProの2023年モデルの1充電当たり走行距離は613km(WLTCモード)。2022年モデルの561kmから大幅に延びた。それを確認するために、ID.4で都内と仙台を往復するという企画に参加した。
 調べると、北品川から仙台までの距離は常磐道経由で355km、東北道経由で375km。20km短い常磐道で向かうことにする。

【最新モデル試乗】VWの最新BRV、ID.4は「欧州の今」を実感させる本気モード全開

 往路は2023年モデルだ。走行可能距離はそれまでの走り方が反映されるため、北品川を出発した時点では、バッテリー残量が100%で455kmと表示されていた。走り方は、とくにエコドライブを意識せず、あくまで“普通”に走り、エアコンもON。ごく普通に使ってどうなのかを確認するのが今回の主旨である。

 途中、電費の表示を見ていると、ずっと6km/kWh台が出ていた。車重が2tを超えるBEVとしては上々だ。スタートから約100km走った友部SAでの数値は、電費が6.3km/kWh、バッテリー残量は79%、走行可能距離は380kmの表示。まったく問題なさそうだ。
 2023年モデルは新色の設定以外に見た目の変更はなく、足回りの変更も説明はない。だが、心なしか乗り心地がよくなっているような印象を受けた。

 さらに進むと、福島の帰還困難区域を通過する。年々エリアが減少しているとはいえ、放射線量の表示を目にすると、まだ震災の影響が残っていることを感じる。

 いわきで一般道に下りて、クルマで川を渡ることのできることで知られる内郷白水町へ。地上高が確保されているおかげで段差や凸凹も臆せずに進んでいけた。出発からの距離は約200km。バッテリー残量は52%、電費は5.6km/kWh、走行可能距離は236kmと表示されていた。

 そこからしばしワインディングを走る。ID.4はとくにスポーティさはうたっていない。とはいえVWである。後輪駆動でサスペンションも引き締まっているので、けっこう楽しめた。

 再び高速にもどり、最寄りのICから目的地までは一般道を走る。到着時点での走行距離は379km、バッテリー残量は13%、走行可能距離は58kmと、ごく普通に走っても余裕を持って到着できた。高速道路の120km/h区間を走ると、ガクンと電費が落ちるBEVが少なくないところ、ID.4はそうでもないことが印象的だった。

 往路は2022年モデル。いろいろ立ち寄りながら東京を目指す。常磐道を南下し、出発から約200km走った小名浜で、名物のカニピラフを食す。バッテリー残量は53%。感触としては2023年モデルと減り方に大差はない。多少エコランすれば充電せずに目的地までたどりつけなくなかった気もするが、念のため友部SAで少し充電した。新電力の充電器なら70kWh超で充電されることを確認できた。
 優れたパッケージングや走行性能とともに、ID.4のProはロングドライブでもストレスを感じさせない実力の持ち主だと実感した。

グレード=Pro
価格=648万8000円
全長×全幅×全高=4585×1850×1640mm
ホイールベース=2770mm
トレッド=フロント:1585/リア:1570mm
車重=2140kg
モーター型式=EBJ(交流同期電動機)
モーター定格出力=70kW
モーター最高出力=150kW(204ps)/4621~8000rpm
モーター最大トルク=310BNm(31.6kgm)/0~4621rpm
一充電走行距離=618km(WLTCモード)
交流電力量消費率=139Wh/km(WLTCモード)
駆動用バッテリー=リチウムイオン電池
駆動用バッテリー総電力量=77.0kWh
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=フロント:235/50R20/リア:255/45R20+アルミ
駆動方式=RWD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m

関連タグ

こんな記事も読まれています

ツートンカラーのボディがかわいい! 車内もオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
ツートンカラーのボディがかわいい! 車内もオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす
ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす
ベストカーWeb
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
グーネット
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
ベストカーWeb
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
グーネット
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
グーネット
MeiMei 新キャンピングカーブランド「ノマドラックス」などデザイン車両6台を一挙展示
MeiMei 新キャンピングカーブランド「ノマドラックス」などデザイン車両6台を一挙展示
グーネット
スズキ 軽トラック「キャリイ」シリーズ 一部仕様変更 安全性能強化など
スズキ 軽トラック「キャリイ」シリーズ 一部仕様変更 安全性能強化など
グーネット
スマホ連携でアプリが使える!ディスプレイオーディオ登場!ワンセグ搭載モデルも【動画あり】
スマホ連携でアプリが使える!ディスプレイオーディオ登場!ワンセグ搭載モデルも【動画あり】
グーネット
自動車整備士不足に新たな一手。独マイスター制度採用の育成プログラムに注目。
自動車整備士不足に新たな一手。独マイスター制度採用の育成プログラムに注目。
グーネット
井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
グーネット
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
ベストカーWeb
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
ベストカーWeb
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
Auto Messe Web
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
AUTOSPORT web
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
Auto Messe Web
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
  • *******
    以前、某番組の自作ソーラー充電の軽自動車でドライブする番組にたまたま出会った事がある。
    山中の1本道をトロトロ走った挙句に電欠停止。
    スタッフが手押しで脇に寄せてたがとても迷惑。
    そもそも電欠するかも?ってギリギリまで走行テストなんて良いの?
  • pon********
    技術の進歩はすごいと素直に思いつつ、本体640万円の車、買えないなあ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.9648.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

378.0529.0万円

中古車を検索
ID.4の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.9648.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

378.0529.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村