サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「200馬力のスズキ・キャラで頂点を目指す!」オートポリス最速の軽カーが筑波を駆ける

ここから本文です

ガルウイング+剛強ボディながら車重は600キロ台

チューニングパーツの少なさが大きなネック!?

「これがN-ONE RSのお手本チューニングだ!」ブリッツが専用パーツを続々開発中

ハイパワーチューンを得意とする福岡県の名門“ディサイド”が手がけたスズキキャラ(AZ-1のOEM車)の登場だ。10年以上に渡ってチューニングが熟成されたマシンの戦闘力はハンパではなく、オートポリスでは軽自動車のレコードタイム(2分5秒093)を保持しているほどだ。

10年以上前に作られたというエンジンは、アルトワークスなどと共通の657cc3気筒のF6A型がベース。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン