現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキが「ワゴンR」と「スイフトスポーツ」のMT車を一部仕様変更

ここから本文です

スズキが「ワゴンR」と「スイフトスポーツ」のMT車を一部仕様変更

掲載 更新 5
スズキが「ワゴンR」と「スイフトスポーツ」のMT車を一部仕様変更

スズキは、「ワゴンR」の5MT車と、「スイフトスポーツ」の6MT車について、法規対応に伴う一部仕様変更を実施し、「ワゴンR」の5MT車は11月24日より、「スイフトスポーツ」の6MT車は11月27日より発売する。

また、仕様変更や原材料価格の高騰などに伴い、メーカー希望小売価格を改定するとしている。

最高出力770PS、最大トルクは900Nm!アストンマーティンがDBSの最終モデル「770 Ultimate」を発売

【メーカー希望小売価格】(税込)

■ワゴンR

・メーカーオプション
CDプレーヤー[AM/FMラジオ付] 11,000円
ピュアホワイトパール塗装 22,000円

■スイフトスポーツ

・メーカーオプション
全方位モニター用カメラパッケージ 全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]、USBソケット、GPSアンテナ、TV用ガラスアンテナ 52,800円
2トーンルーフ仕様車 44,000円
バーニングレッドパールメタリック、ピュアホワイトパール、プレミアムシルバーメタリック塗装 22,000円
バーニングレッドパールメタリック ブラック2トーンルーフ仕様車 66,000円

関連情報:https://www.suzuki.co.jp/car/

構成/土屋嘉久

こんな記事も読まれています

マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
motorsport.com 日本版
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
くるまのニュース
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
motorsport.com 日本版
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に
AUTOSPORT web
【試乗記】BMW523i Exclusive 守るべきものを守るこだわりとその完成度の高さ
【試乗記】BMW523i Exclusive 守るべきものを守るこだわりとその完成度の高さ
Auto Prove
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
くるまのニュース
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
レスポンス
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
AUTOSPORT web
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
motorsport.com 日本版
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
OPENERS
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
カー・アンド・ドライバー
かつて日本でも人気を誇ったアメリカンSUV フォード新型「エクスプローラー」2025年モデルが米国登場! どんなクルマに進化した?
かつて日本でも人気を誇ったアメリカンSUV フォード新型「エクスプローラー」2025年モデルが米国登場! どんなクルマに進化した?
VAGUE
トヨタ新型「カローラ“SUV”」初公開! 斬新「レクサス顔」採用!? 豪華すぎ“赤内装”もアリ!? もはや“小さな高級車”な400万円超え「カロクロ」泰で発表
トヨタ新型「カローラ“SUV”」初公開! 斬新「レクサス顔」採用!? 豪華すぎ“赤内装”もアリ!? もはや“小さな高級車”な400万円超え「カロクロ」泰で発表
くるまのニュース
人生アガリの車はマセラティ「3500GT」で。「ディーノ246GT」ではなく難ありトライデントを選んだ理由とは
人生アガリの車はマセラティ「3500GT」で。「ディーノ246GT」ではなく難ありトライデントを選んだ理由とは
Auto Messe Web
2代目のアウディ R8は、快適なスーパーカーというコンセプトを初代から継承【スーパーカークロニクル/116】
2代目のアウディ R8は、快適なスーパーカーというコンセプトを初代から継承【スーパーカークロニクル/116】
Webモーターマガジン
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • hap********
    一時期スイスポがATだけしか表示されなかったから、MTが廃盤になったのかと思った。
  • ラル
    仕様変更という値上げ、安くないと売れないスズキ車なのに
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0300.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0300.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村