現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽自動車のレース「東北660選手権」は2023年シーズン最終戦! スズキ「アルト」だけのレースも白熱、超盛り上がってます

ここから本文です

軽自動車のレース「東北660選手権」は2023年シーズン最終戦! スズキ「アルト」だけのレースも白熱、超盛り上がってます

掲載 2
軽自動車のレース「東北660選手権」は2023年シーズン最終戦! スズキ「アルト」だけのレースも白熱、超盛り上がってます

アルトワンメイクのHA36カップが大盛況

2023年10月15日、福島県二本松市のエビスサーキット西コースで、東北660選手権・第4戦と東北660 HA36カップ第2戦、そして軽自動車だけのドリフト走行会が開催された。年4戦で争われる東北660選手権は早くも最終戦で、今回の結果でシリーズチャンピオンが確定する。

うら若き女子も参戦中!「東北660選手権」は大学自動車部や10代・20代の若手ドライバーが楽しめる軽カー草レースです

1クラス:ベテランの実力を見せつけ#11アベが優勝

天候は朝からあいにくのヘビーウェットで、練習走行では慎重にグリップを確かめながらのドライビングが続いた。1クラスはランキング首位の#456細田駿也がポールポジションを獲得、2位の#11アベに対し約1秒の差を付ける。しかし決勝では序盤こそ細田がレースをリードするも、大ベテランのアベが一瞬の隙を突いて逆転に成功。悪天候での経験豊富さを見せ付け、そのままチェッカーを受けた。

2クラス:#154小松日高が安定のポール・トゥ・ウィン

2クラスは#154小松日高がポールポジション、2番手に#121巳ノ瀬健太といつもの面子が揃う。いっぽうで小松とシリーズを争っている#61高橋康平は、6番手に沈み厳しい戦いを余儀なくされてしまった。決勝は小松が安定したラップを刻みポール・トゥ・ウィン。巳ノ瀬はファイナルラップ直前に痛恨のコースアウトしてしまい、消化した周回数により完走とはなるもののシリーズ争いから脱落する。変わって2位に入ったのは3番手からスタートした#787安彦司、そして3位は#919茂木勇輝という結果となった。

3クラス:2023年シーズン注目の#43大平が優勝

そして例年と変わらず激戦区の3クラス。シリーズチャンピオンが最有力視される#377岩塚眞澄は無理をせず予選4位、ポールポジションは今シーズンの成長株と目されていた#43大平崇文だ。2番手は同じく若手の#54五葉風雅、3番手は5クラスからステップアップしたばかりの#808松村幸哉が続く。決勝も上位3名はまったくポジションを変えずにフィニッシュし、いずれも最終戦でシリーズランキングを大きく上げた。

4クラス:圧倒的強さを見せつけるアルト! #6猪又が優勝

2ペダルの4クラスは相変わらずAGSアルトの独壇場だ。#6猪又真輝は練習走行から一度もトップを譲らず優勝、2位は第3戦に続きレンタル車両で参戦の#179石山祐也、3位は同じくレンタルのL275ミラを駆る#113阿部優翔だ。なお来年はHA36が性能調整でセカンドラジアル限定となり、一般的なATやCVTとの差が少なくなるであろうと思われる。

5クラス:#15小野寺が強さを見せつけポール・トゥ・ウィン

ビギナーを対象とした5クラスは#15小野寺潤がポール・トゥ・ウィン。第2戦でクラッシュし復帰戦となった#463村上征也は、完走を目標に掲げながら2位に入賞を果たす。3位は学生クラスとして東北660耐久にも参戦する阿部孔城。多くのドライバーは来シーズンから3クラスに移行するはずで、よりレベルの高いステージを経験しドライバーとして大きく成長するだろう。

HA36カップ:アルトワンメイクは過去最大の17台がエントリー

併催された東北660・HA36カップの第2戦は、徐々にエントリーが増え今回は過去最多となる17台。MTの1クラスは#83小松日高がポールポジション、2番手は公式レースの経験も豊富な#888姉・珍、3番手が#920茂木大輝というオーダーで、決勝も同じポジションでフィニッシュした。

2ペダルの2クラスは予選が#8猪又真輝、#999高杉俊太郎、#47椎名栄一郎と並び、1クラスと同様に決勝も同じ順位でチェッカー。ワンメイクなうえ改造範囲も東北660選手権より狭いため、オーバーテイクが非常に難しいことの証明といえるだろう。もうひとつ注目したいのは昨年の最終ラウンドに続いて、2ペダルのAGS車両が総合優勝を果たしたこと。さらに上位6台のうち4台が2クラスと、もはや「2ペダルは遅い」といったマイナスイメージは皆無だ。なお東北660選手権のシリーズチャンピオンと、ドリフト走行会の模様は別に機会を作って紹介したい。

こんな記事も読まれています

トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も
トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も
レスポンス
ピレリ、ポルシェ・タイカン用に2種の新しい承認タイヤを開発! P ZERO タイヤでEVの特性に適したELECTのレンジを拡大!
ピレリ、ポルシェ・タイカン用に2種の新しい承認タイヤを開発! P ZERO タイヤでEVの特性に適したELECTのレンジを拡大!
LE VOLANT CARSMEET WEB
人間の心の闇に踏み込んだ衝撃のアンチモラル・ロマンス『マンティコア 怪物』
人間の心の闇に踏み込んだ衝撃のアンチモラル・ロマンス『マンティコア 怪物』
バイクのニュース
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
motorsport.com 日本版
NEDOと東京都、水素エネルギーで未来を紡ぐラッピングバス運行開始
NEDOと東京都、水素エネルギーで未来を紡ぐラッピングバス運行開始
レスポンス
ニヤケテールがいいじゃないか!スカイラインに対決を挑んだ「二代目コロナ・マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第45回
ニヤケテールがいいじゃないか!スカイラインに対決を挑んだ「二代目コロナ・マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第45回
LE VOLANT CARSMEET WEB
F1中国GPスプリント予選速報|雨の中ノリス最速! ハミルトン2番手で母国戦の周がSQ3進出。RB角田裕毅は19番手
F1中国GPスプリント予選速報|雨の中ノリス最速! ハミルトン2番手で母国戦の周がSQ3進出。RB角田裕毅は19番手
motorsport.com 日本版
ダイハツ、ムーヴキャンバスとロッキー/ライズHVの出荷停止が解除 現行モデルすべての試験完了
ダイハツ、ムーヴキャンバスとロッキー/ライズHVの出荷停止が解除 現行モデルすべての試験完了
日刊自動車新聞
アクティブの「ラウンド/ストレートオイルクーラーキット」がリニューアルして登場
アクティブの「ラウンド/ストレートオイルクーラーキット」がリニューアルして登場
バイクブロス
日産、2023年度決算見通しを下方修正 販売計画に届かず サプライヤー関連費用も拡大
日産、2023年度決算見通しを下方修正 販売計画に届かず サプライヤー関連費用も拡大
日刊自動車新聞
アウディのEV「Q8 e-tron」、航続距離を118km伸ばすオプションを設定
アウディのEV「Q8 e-tron」、航続距離を118km伸ばすオプションを設定
日刊自動車新聞
【復刻版カタログ】オリジナルとスクエア、2種のフロントマスクで個性を主張した1973年クラシックミニの肖像
【復刻版カタログ】オリジナルとスクエア、2種のフロントマスクで個性を主張した1973年クラシックミニの肖像
カー・アンド・ドライバー
ホンダのスゴい「新型軽バン」発売延期! 「100万円台」なるか 斬新「前後2人乗り」で注目も!  6月に価格発表、どんな声集まる?
ホンダのスゴい「新型軽バン」発売延期! 「100万円台」なるか 斬新「前後2人乗り」で注目も! 6月に価格発表、どんな声集まる?
くるまのニュース
【NISMO、STI、無限、TRD】ワークスチューニング・サーキットデイ2024を開催。マイカーでのサーキット体験とレーシングドライバーからレッスンが受けられる
【NISMO、STI、無限、TRD】ワークスチューニング・サーキットデイ2024を開催。マイカーでのサーキット体験とレーシングドライバーからレッスンが受けられる
driver@web
「開発チームが語るスズキGSX-8Rの実力」GSX-R不在の時代に現れた、サーキットもイケるフルカウルスポーツ
「開発チームが語るスズキGSX-8Rの実力」GSX-R不在の時代に現れた、サーキットもイケるフルカウルスポーツ
モーサイ
「モデリスタ」からランドクルーザー 250用のカスタマイズ アイテムを発表
「モデリスタ」からランドクルーザー 250用のカスタマイズ アイテムを発表
Webモーターマガジン
レクサスが世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2024」に出展! EVコンセプトカー「LF-ZC」にインスパイアされた2作品を展示
レクサスが世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2024」に出展! EVコンセプトカー「LF-ZC」にインスパイアされた2作品を展示
THE EV TIMES
明治通りが「完全分断」へ!? 池袋駅前の再開発で「ブツ切り」になる南北道路、一体何がどうなってしまうのか 実は渋滞緩和の解決策も
明治通りが「完全分断」へ!? 池袋駅前の再開発で「ブツ切り」になる南北道路、一体何がどうなってしまうのか 実は渋滞緩和の解決策も
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • rin********
    こういうイベントってどこで調べればいの?いつも後で分かるんだけど。
  • zpf********
    軽も軽トラック、軽箱バン、ボンネットバン、セダン型(実際セダンはない)、トールワゴン型、ハイト系でどれがいいのか見比べていかないと
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村