現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初フィアットの「プント」は成田エクスプレスとして大活躍! ジウジアーロのデザインも冴えてました【忘れじの車】

ここから本文です

初フィアットの「プント」は成田エクスプレスとして大活躍! ジウジアーロのデザインも冴えてました【忘れじの車】

掲載 11
初フィアットの「プント」は成田エクスプレスとして大活躍! ジウジアーロのデザインも冴えてました【忘れじの車】

普通なのに非凡な実用車の鑑のようなコンパクトカー

自動車メディアに長く携わっている業界関係者に、心に残っているクルマの思い出を語ってもらいました。今回は、モータージャーナリストの島崎七生人さんにフィアット「プント」にまつわるお話を振り返ってもらいました。

高校男児をズキュンと射抜いたフィアット「124スパイダー」! 青山学院前とアグネス・ラムの呪縛とは【忘れじの車】

自分で所有した最初のフィアット

それまでにも仕事やプライベートで乗ったフィアット車はいろいろあった。だが、自分で所有した最初のフィアットはプントだった。今から26年前の1997年3月に導入が始まった日本仕様の初代で、カブリオや後にアバルト版なども展開されたが、ウチにやってきたのは5ドアの“セレクタ”という仕様。4気筒の1240ccエンジンにCVTが組み合わせられた簡素なクルマだった。

このプントだが、僕にとっては実は“追いイタ車”でもあった。というのも、当時の僕は自分のクルマを、アルファ ロメオのセダン「164」から発作的にクーペ「GTV」に乗り換えたばかりの頃。しかしある時、海外試乗かショーの取材で成田に向かうことになった際、GTVのトランクルームには何とスペアタイヤがデン! と縦に載っており、それを降ろさない限り愛用のスーツケースが入らないことが判明。そこで乗っていたクラシック「ミニ」を手放して、代わりに導入したのがプントだった。アルファGTVはロングツアラーとしてそのままにし、フィアット・プントは増車の2台体勢、だから追いイタ車だったという訳だ。

ところでこの初代プント、自分で選んで乗っていた立場で言うのもこそばゆいが、今から考えても、普通なのに非凡な実用車の鑑のようなコンパクトカーだったと思う。

とくにパッケージングの素晴らしさにはつくづく感心させられた。全長3760mm×全幅1625mm×全高1460mm、ホイールベース2450mmと外観はとてもコンパクトだったが、室内はとても広々としていて居心地がよかった。とくに後席は6ライトの窓の明るさと相まって、1クラス上のクルマに乗っているかのような余裕で、人を乗せると大抵「へえ、広いねぇ」と言われた。前席は少しアップライトなシートポジションということもあり見晴らしがよく、クルマそのものの扱いやすさは上々だった。

成田エクスプレスの任務もこなしてくれた

シートは表皮がオーセンティックなチェック柄のファブリックで風合いもサッパリとしていて、何よりコンパクトカーながらクッションの厚みがありシッカリとした着座感が味わえた。インパネにはこの時代のクルマらしく後付け感満載のエアバッグが助手席側にポコッとついていたものの、インパネ自体は空調関係の2つのダイヤルをはじめ、必要最小限の機能が並んでいる程度。実にシンプルながら実用車の用途だったからそれで十分で、クルマそのものは鉄ホイール+ホイールキャップのまったくの“吊るし”の状態で乗っていたが、1DINサイズの標準装着のFM/AMカセットステレオだけ、SONYのMDデッキに自分で付け替えた。

もちろん“成田エクスプレス”の任務もちゃんとこなしてくれた。とあるメーカーの海外試乗会のお誘いに、とある編集部の人と参加することになり、ダブルフォールド式の後席を畳めば彼のサムソナイトと僕のTUMIの22インチの2人分のスーツケースが楽々と載せられた。実用車としての面目躍如といったところだった。

ジョルジェット・ジウジアーロが手がけた冴えたスタイル

4気筒/1240ccのFIREエンジンは60ps/9.8kgmで、1750~4850rpmで最大トルクの90%以上を発生するというもので、街中はもちろん高速走行も必要にして十分だった。ただし組み合わせられるのがCVTだったためアクセルワークはコツを掴む必要があり、無闇にアクセルを踏み込むと、いわゆるかつてのCVTで言われたラバーバンドフィールを味わうことになり、それが少々もどかしかった。一方でサスペンションストロークがたっぷりとしているおかげで乗り心地はすこぶる快適で、コーナリングでクルマがロールした際のロードホールディングも確かで安心感が高く、こうした何気なく走りの素性が高いところはフィアット(=欧州コンパクト)の魅力だなと改めて実感した。

それからもうひとつ、初代プントの魅力のひとつとして忘れてはならないのがジョルジェット・ジウジアーロが手がけた冴えたスタイルだ。何を隠そう物心ついてミニチュアカーのコレクションを始めた頃から(!)ジウジアーロのファンだった僕は、それまでも自分のクルマとしていすゞ「117クーペ」を皮切りに、いすゞ初代「ピアッツァ」、VW初代「シロッコ」などを乗り継いだ。なので初代プントでジウジアーロにまた乗れることをおおいに楽しんだ。

同じフィアットのコンパクト系でジウジアーロはパンダやプントの前身のウーノも手がけていたが、それらともまた違うプントの“作風”は、年代が異なるとはいえ彼のセンスとアイデアの引き出しの豊富さを思い知らさられたもの。とくにショルダーから下に微妙なインバースを設け、それをリアまで回したところや、縦長のリアコンビランプをピラーに沿わすなどし無駄なパーティングラインを徹底的に整理していたところなど、とてもさり気ないがデザイン上の味わいどころだった。プントは庶民のための足グルマだったが、同じ庶民ながら、イタリア(と欧州)の人たちはこんなに洒落たクルマが身近にあって羨ましいなぁ……と思ったものだ。

こんな記事も読まれています

マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
motorsport.com 日本版
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
レスポンス
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
ベストカーWeb
実は「現役の」力士って自分じゃ運転できないってほんと? 結構複雑な相撲の世界 でも免許の取得はオッケーとおかしくない?
実は「現役の」力士って自分じゃ運転できないってほんと? 結構複雑な相撲の世界 でも免許の取得はオッケーとおかしくない?
ベストカーWeb
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
ベストカーWeb
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
Auto Messe Web
シリーズはまだまだ続く!フォーミュラEの魅力と見どころをチェック
シリーズはまだまだ続く!フォーミュラEの魅力と見どころをチェック
Webモーターマガジン
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
レスポンス
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
くるまのニュース
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
レスポンス

みんなのコメント

11件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.0165.0万円

中古車を検索
プントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.0165.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村