サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【なぜ失敗作の烙印が?】BMW i8 惜別の辞 前編

ここから本文です

唯一無二の存在

初めてBMW i8を運転したのは2014年のことだった。

【画像】いま見ても新鮮? BMW i8【ディテール】 全52枚

初めてのドライブを終え、少しでもこのクルマに対抗し得るモデルを考えてみたが、「時代に先行し過ぎた実験的なモデルというだけでも唯一無二の存在」だという結論に落ち着いている。

そして、「他メーカーも追随するとともに、この完ぺきとは言えないi8を上回るモデルを創り出すかも知れないが、現時点ではこのクルマの独壇場であり、大成功は間違いないだろう」と記事にしたのだ。

だが、わたしは間違っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ