現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > めちゃくちゃ“四角い”トヨタの斬新「箱クルマ」!? 「カクカク」ボディの異色「カローラ」に反響! 想像以上の“使い勝手”に高評価!

ここから本文です

めちゃくちゃ“四角い”トヨタの斬新「箱クルマ」!? 「カクカク」ボディの異色「カローラ」に反響! 想像以上の“使い勝手”に高評価!

掲載 16
めちゃくちゃ“四角い”トヨタの斬新「箱クルマ」!? 「カクカク」ボディの異色「カローラ」に反響! 想像以上の“使い勝手”に高評価!

■めちゃくちゃ「四角い」カローラの評価とは

 「カローラ」は1966年から続くトヨタを代表する伝統的な車名のひとつですが、2007年には極めて個性的な派生車種として「カローラルミオン」というモデルが登場していました。
 
 同車は一体どんな特徴を持つクルマで、SNSではどのような評判が見られるのでしょうか。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これが四角い「カローラ」です(26枚)

 カローラは元来セダンタイプをメインとするモデルですが、その一方でワゴンやミニバン、SUVなど様々な「派生車」も存在します。
 
 先述したカローラルミオンもそのような派生車の一台で、カローラのイメージを大きく覆す「幅広・背高」かつ「直線基調」の四角いフォルムが特徴的なハイトワゴン。

 ボディサイズは全長4210mm×全幅1760mm×全高1630-1640mmと、カローラシリーズにおいて初めて3ナンバーサイズを採用し、大きく箱型のスタイリングが高い存在感を放ちます。

 このデザインは「広さ」と「開放感」という若い世代のニーズを捉えるもので、カローラシリーズに新たなユーザーを招くことが同車に期待されていました。

 実はカローラルミオンは元々、北米市場で当時トヨタが展開していた若年層向けブランド「サイオン」で販売するために開発された車種でしたが、日本でもラインナップされるに伴い、主にフロント周辺のデザインを変更。

 北米感の強かった威圧的なマスクを大人しめに整えたことで、新しいカローラブランドを支える1台となるべく日本でもデビューしたのです。

 このように、細かな配慮や改良を施して日本市場にに登場したカローラルミオンでしたが、一定の支持を得たものの残念ながら売れ行きは好調とは言えませんでした。

 当時は同じトヨタのラインナップ内に、カローラルミオンに似た特徴を持つモデルの「bB(2代目)」が販売されており、かつbBの方が価格が安かったため、購入層がバッティングしたカローラルミオンは同社内でユーザーの取り合いに。販売では思わぬ苦戦を強いられます。

 ちなみにbBの販売価格が134万円からのところ、カローラルミオンは最安グレードでも168万円からという価格設定でした。

 厳密には、カローラルミオンはカローラをベースに開発した一方、bBはパッソをベースとしており、ボディサイズでもカローラルミオンはワンランクからツーランク上の存在だったのですが、ユーザーにその魅力が十分に伝わっていたかは疑問も残ります。

 その後、カローラルミオンは商品力を上げるため、デザインや動力・燃費性能を向上させるマイナーチェンジや特別仕様車の発売を行いますが、大きく売り上げが改善すること無く、2015年12月で販売終了となりました。

※ ※ ※

 このカローラルミオンについて、SNSでは様々な評価が寄せられており「四角い車好きには刺さるよね~。当時はイロモノだったけど絶版になってから人気が出たタイプ」「覚えてる!ついにカローラも3ナンバーサイズになったか、という妙な感慨があった」「中で寝れそうだし、デザインもイケイケじゃなく品があったから欲しかったクルマ」「まだ走ってるのを見るから地味に良いクルマなんだろうね」など、大ヒットしなかったものの興味を持っていたという声が見られます。

 また、実際に同車を購入し愛用するユーザーからの投稿もあり、「たまたま目について中古車を買ったけど、これが想像以上の当たりだった!乗り心地もまずまずで静か、燃費も最新のクルマと比べれば悪いけど十分走る」「プラットフォームが当時走りに定評があった『オーリス』とも同じなので、意外にもしなやかで良い走りでした」「足として購入したら良いクルマだった。年代的に細かな修理は発生しているけど、まだまだ乗ります!」「直線デザインだからサイズ感も掴みやすくて運転しやすい」といった、使い勝手を高く評価するコメントが見られます。

 そのほか、「大きいから出だしが重く感じた。エンジンが最大で1.8リッターだったけどアメリカには2.4リッター仕様があったから、それを載せて欲しかった」と、もっとパワーが必要だったという投稿や、「次に乗り換えるクルマが見つからない…」という絶版車ユーザーならではの悩ましい声、「そんなに昔じゃないのに当時のクルマって安いね…」など、当時のクルマの新車価格の安さに衝撃を受けるコメントも印象的でした。

 このように、カローラルミオンは日本市場では後継車らしいモデルもなく姿を消しましたが、実は2021年には同じ車名を引き継ぐ車種として「ルミオン」が南アフリカで発売しています。

 カローラのブランド名は消えたうえ、デザインもボディタイプも全く異なる「7人乗りミニバン」の現行ルミオンですが、それでも系譜としては「2代目」といえるでしょう。

こんな記事も読まれています

名車トヨタ「ランクル70」に乗れるチャンス! Vintage Club by KINTOとランクルBASEがコラボしレンタル開始。
名車トヨタ「ランクル70」に乗れるチャンス! Vintage Club by KINTOとランクルBASEがコラボしレンタル開始。
くるくら
プラッツとイタレリのコラボで1/12プラモ「フィアット500F」がさらに魅力的に登場!【CARSMEET モデルカー倶楽部】
プラッツとイタレリのコラボで1/12プラモ「フィアット500F」がさらに魅力的に登場!【CARSMEET モデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ダイナミックマッププラットフォームが自治体・公共Week 2024に初出展へ
ダイナミックマッププラットフォームが自治体・公共Week 2024に初出展へ
レスポンス
華やぐF1、新規参入の基準が上がるのはあたりまえ? マクラーレン、アンドレッティ拒否に納得。一方”反米姿勢”の存在は否定
華やぐF1、新規参入の基準が上がるのはあたりまえ? マクラーレン、アンドレッティ拒否に納得。一方”反米姿勢”の存在は否定
motorsport.com 日本版
ホンダCB500フォア[名車バイクレビュー] ホンダが初めてジェントルライダーをアピールした4気筒スーパースポーツ
ホンダCB500フォア[名車バイクレビュー] ホンダが初めてジェントルライダーをアピールした4気筒スーパースポーツ
WEBヤングマシン
キャンプにかける予算は? タナベスポーツがキャンプに関するアンケート調査結果を公開!
キャンプにかける予算は? タナベスポーツがキャンプに関するアンケート調査結果を公開!
バイクブロス
レイアウト変更なしでこんなに便利! ここまで快適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
レイアウト変更なしでこんなに便利! ここまで快適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
トヨタ「プリウス」 スポーツカー顔負けの「最強HV」がスゴい!
トヨタ「プリウス」 スポーツカー顔負けの「最強HV」がスゴい!
くるまのニュース
化石堀体験や大物釣り!? レア体験満載の「終末ツーリング」第6巻の発売が決定
化石堀体験や大物釣り!? レア体験満載の「終末ツーリング」第6巻の発売が決定
バイクのニュース
FRポルシェにラングラーショート、アルピナ高騰確実!? 今ならまだ買える!! むしろ今買っとかなきゃなクルマたちイッキ見
FRポルシェにラングラーショート、アルピナ高騰確実!? 今ならまだ買える!! むしろ今買っとかなきゃなクルマたちイッキ見
ベストカーWeb
【2024マン島TTレース】最強ライダー決定戦「シニアTT」は28歳トッド選手(BMW M1000R)が初勝利、平均速度は213.7km/h!
【2024マン島TTレース】最強ライダー決定戦「シニアTT」は28歳トッド選手(BMW M1000R)が初勝利、平均速度は213.7km/h!
モーサイ
【MM Another Story:MINI カントリーマンの「別腹」】伝統の円形メーターがOLEDになって広がった「もっとできること」
【MM Another Story:MINI カントリーマンの「別腹」】伝統の円形メーターがOLEDになって広がった「もっとできること」
Webモーターマガジン
トヨタGR、WRCチャレンジプログラム3期生が欧州ラリーデビュー。後藤、松下両名が揃って完走果たす
トヨタGR、WRCチャレンジプログラム3期生が欧州ラリーデビュー。後藤、松下両名が揃って完走果たす
AUTOSPORT web
落ち着きと品を兼ね備えた特別仕様車! 「DS 9 Esprit de Voyage E-TENSE」発売
落ち着きと品を兼ね備えた特別仕様車! 「DS 9 Esprit de Voyage E-TENSE」発売
THE EV TIMES
【カワサキ】Ninja ZX-25R のワンメイクレース「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦 岡山国際サーキット」の開催レポートを公開
【カワサキ】Ninja ZX-25R のワンメイクレース「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦 岡山国際サーキット」の開催レポートを公開
バイクブロス
超ややこしい!「青梅街道」と「新青梅街道」どっちが広い道路?「途中で名前変わる」という謎のトラップも!? 実際どんなルートなのか
超ややこしい!「青梅街道」と「新青梅街道」どっちが広い道路?「途中で名前変わる」という謎のトラップも!? 実際どんなルートなのか
くるまのニュース
いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
レスポンス
トリマのゲームアプリ第一弾、『トリマソリティア』提供開始…クリアしてポイント獲得
トリマのゲームアプリ第一弾、『トリマソリティア』提供開始…クリアしてポイント獲得
レスポンス

みんなのコメント

16件
  • yui********
    ネタ切れかよ
  • che********
    SNSの反響が多数載せられてるが、出所を明かしてほしい
    いつの反響なのか。
    今、急にこの車に人気が沸騰しているのか?
    であればなぜなのか、記事では一切触れていない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.0242.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8123.3万円

中古車を検索
カローラルミオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.0242.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8123.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村