サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中古価格は1000万円オーバー! 10分で完売した「シビック無限RR」は採算度外視の本気すぎるマシン

ここから本文です

採算度外視で作られたコンプリートマシン

 無限と言えばホンダと切っても切れない間柄のブランドであり、その知名度は群を抜いて高い。そんな無限が初めてコンプリートカーとしてリリースしたのが、2007年9月にリリースした「シビック無限RR(ダブルアール)」である。

「1日1基しか作れないV10」「打倒タイプRの日産の意地」! 技術屋の魂がこもった市販車の「名エンジン」とその伝説

 それまでホンダ車用のさまざまなパーツをリリースしてきた無限ではあったが、実はそれまでコンプリートカーという形でリリースした車両はなく、当時のプレスリリースには「無限の夢」とまで書かれたのがコンプリートカーの販売だったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ