サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ああ無情 商用車の雄キャラバン完敗の謎】後発なのになぜハイエースに勝てないのか?

ここから本文です

 2004年8月にデビューした現行ハイエースはプロユースの1BOX車として不動の人気を誇っている。

 一方、ハイエースのライバルといえば、2012年6月にハイエースを研究して新型にフルモデルチェンジした現行5代目NV350キャラバン。

【販売絶好調!!】首位を狙う新型フィットが背負うホンダの浮沈と不安要素

 2019年の新車販売台数を見ると、ハイエースバン(レジアスエース含む)は6万8027台、NV350キャラバンは2万551台と4万7476台差で、なんとNV350キャラバンの約3.3倍もハイエースが売れている。

 デビューから16年が経つハイエース、方やNV350キャラバンは8年あまり。

おすすめのニュース

サイトトップへ