サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JR東海、軌道自動自転車に「リーフ」のバッテリー再利用 電動化へ走行試験

ここから本文です
 東海旅客鉄道(JR東海)は、在来線で線路設備の点検を実施する「軌道自動自転車」の電動化に向けた走行試験を開始したと発表した。試験で用いる「電動式軌道自動自転車」は、バッテリーに蓄えた電力で電動機を駆動させる方式を採用。バッテリーには、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」に搭載されたバッテリーを再利用する。車載用としては一定の役割を終えたバッテリーの新たな活用方法としても期待される。

 JR東海は在来線部門で軌道自動自転車を207台保有している。

おすすめのニュース

サイトトップへ