現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「5ナンバーのカローラ神話」強し!! 旧型でも売れ続けるアクシオがあぶり出すニーズ

ここから本文です

「5ナンバーのカローラ神話」強し!! 旧型でも売れ続けるアクシオがあぶり出すニーズ

掲載 更新 11
「5ナンバーのカローラ神話」強し!! 旧型でも売れ続けるアクシオがあぶり出すニーズ

 2020年6月の販売台数(ベストカー調べ)で、旧モデルのカローラアクシオ:1120台、カローラフィールダー:1640台、新型カローラスポーツ:910台、カローラセダン:1190台、カローラツーリング:4330台とツーリングは抜け出ていたものの、そのほかのモデルに対しては旧型が健闘していた。

 新型が出たあとも売っているのは、トヨタがニーズがあると踏んだ結果なのだが、ここまで根強い人気を維持しているのはナゼか? ディーラー取材でわかった旧モデルを購入している層などの情報とともに、その理由を考察していきたい。

同クラス同時期登場のエース対決 なぜ差が付いた!?? ヤリスに届かないフィット 苦戦の実情

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】5ナンバーサイズを守り続けたトヨタの名門車「カローラ」 その歴代車を一挙プレイバック

■なぜ新型に引けを取らない売れ行き 開発者が語る旧型を残したワケ

 2020年上半期(1~6月)の国内販売状況を見ると、小型/普通車ではトヨタが圧倒的に多い。小型/普通車の約半数をトヨタ車が占めた。

 そして2020年上半期における小型/普通車の販売トップ3車は、1位:ライズ、2位:カローラ、3位:フィットだ。直近の7月のみでは、1位:ヤリス、2位:ライズ、3位:カローラと続く。ライズやヤリスと併せて、カローラの人気も根強い。

 ただし日本自動車販売協会連合会が公表するカローラの登録台数は、複数のタイプで構成される「カローラシリーズ」の合計だ。2020年上半期のカローラの登録台数を、ボディタイプ別に1カ月平均で算出すると以下のようになる。

 1位:カローラツーリング(1カ月平均/4465台)、2位:カローラセダン(1577台)、3位:カローラスポーツ(950台)、4位:カローラフィールダー(805台)、5位:カローラアクシオ(592台)。

2018年にカローラスポーツ(写真左手前)、2019年にカローラ(セダン)、カローラツーリング(写真右上)に生まれ変わった現行型カローラファミリー

 ここで注目されるのは「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」だ。この2車は先代型の継続生産モデルで、新型のツーリング/セダン/スポーツが3ナンバー車になるのに対して、5ナンバーサイズに収まる。エンジンは直列4気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドを用意するが、グレードはベーシックな「EX」のみだ。ノーマルエンジンのエアコンは、オートではなくマニュアルタイプになる。

現行型に席は譲ったものの、現在も引き続き販売されているカローラフィールダーとカローラアクシオ。今回の主役だ

 従来型のカローラフィールダーとカローラアクシオを継続生産する理由は、以前からカローラには法人需要が多いためだ。カローラの開発者は以下のようにコメントしている。

「歴代カローラのお客様を見ると、セダンでは法人比率が約50%に達していた。ワゴンでも25%程度を法人のお客様が占める。そうなると3ナンバー車になった新型と併せて、5ナンバーサイズのアクシオとフィールダーも残す必要があった。法人のお客様では、社内的な規則などにより、5ナンバー車しか購入できない場合もあるからだ」

 新型カローラは、各種の装備を充実させてエンジン排気量も1.8Lや1.2Lターボになるから、価格は最も安い「セダンG-X」でも193万6000円だ。継続生産される「1.5EX」なら、装備が簡素になる代わりに価格はCVTが166万6500円、5速MTなら154万6600円と安い。価格で単純に線引きされる場合、設計が古く装備が乏しくても、安価な5ナンバー車を購入する場合がある。

■なぜ旧型は売れている? 現場が語るその理由

 それにしても、継続生産のカローラアクシオとフィールダーの台数を合計すると、2020年上半期の1カ月平均が1397台に達する。これは新型になったカローラセダンの1577台に迫る売れ行きで、カローラスポーツ(5ドアハッチバック)の950台を上まわる。カローラシリーズ全体の17%を継続生産モデルが占めた。

 この販売構成は、法人からレンタカーまで、さまざまな需要に支えられるカローラならではだろう。クルマは個人ユーザーだけが買う商品ではなく、用途は多岐にわたる。カローラアクシオとフィールダーが好調に売れる背景には、カローラブランドの、そしてトヨタの販売面における根強さがあるわけだ。

新型カローラ登場後も、引き続き販売を継続している5ナンバーセダンのカローラアクシオ。全長4400×全幅1695×全高1460mmと、今では希少な5ナンバーセダン

5ナンバーサイズの従来型カローラフィールダー。アクシオ/フィールダーともにガソリンエンジンとハイブリッドを設定しているが、グレードはベーシックな「EX」のみとなっている

 カローラアクシオ&フィールダーの堅調な売れ行きについて、トヨタの販売店に尋ねると以下のような返答だった。

「購入するのは大半が法人のお客様だ。カローラアクシオは営業車、ワゴンのフィールダーは、プロボックスのようなバンの代わりに使われることが多い。プロボックスは耐久性が高いが、バン仕様だから後席は狭い。車検期間も初回は2年だが、その後は毎年受ける」

「しかも価格は相応に高いから、法人のお客様がプロボックスではなくカローラフィールダーを選ぶことも多い。また車庫が狭く3ナンバーサイズのカローラではドアを開閉しにくいお客様が、継続生産モデルを購入することもある」

 プロボックスに電動格納式ドアミラーや前席ヘッドレストの上下調節機能を装着した「Fグレード」は、価格が172万7000円だ。これと比較して、カローラフィールダー「EX」を選ぶユーザーもいるだろう。

 カローラフィールダー「EX」の価格は181万8300円だから約9万円高いが、後席のスペースが拡大され、サイド&カーテンエアバッグ、スマートキーなども標準装着される。車検期間の違いも含めれば、継続生産型とはいえ、カローラフィールダーにも魅力がある。

■3ナンバー化する国内向けモデル 新たな5ナンバーサイズ車にも期待

 ただし新型になった3ナンバーサイズのカローラと継続生産型のアクシオ&フィールダーでは、クルマの造りがまったく違う。走行安定性、乗り心地、内装の質、そして安全装備には大きな差がある。

 カローラアクシオ&フィールダーの発売は2012年だが、プラットフォームは2010年に登場した「ヴィッツ」と同じだ。TNGAの考え方に基づく新型カローラと比べれば、機能や装備が大幅に見劣りする。

 そこで、開発者に継続生産型をいつまで造るのか尋ねると「まったく未定です」と返答された。将来のことはコメントできないから当たり前の反応だが、明確には決まっていない様子だった。

 売れ行きが下がった段階でやめればいい話だが、継続生産型が1カ月平均で約1400台も登録されるのは、根強い需要がある証だ。5ナンバーサイズの「ヤリス」は、走行安定性と乗り心地のバランスが優れているので、これのプラットフォームをベースに、かつてのプラッツ&ベルタのようなコンパクトセダンを開発する方法もあるだろう。

 ヴィッツをベースに「プラッツ&ベルタ」を造っていた時代は、各メーカーが5ナンバーサイズのセダンを用意していた。

初代ヴィッツをベースに造られた「プラッツ(前期型)」。キャビンとトランクが広く、法人需要も多かった

プラッツの後継車で、2代目ヴィッツをベースとしていた「ベルタ」。スタイリングに苦心したプラッツと比べて、不自由のないデザインにまとめていた

 トヨタでは「カローラアクシオ」と「プレミオ&アリオン」、日産なら「ティーダラティオ」と「ブルーバードシルフィ」、三菱は「ランサー」という具合だ。そのために「プラッツ&ベルタ」の売れ行きは伸び悩んだが、今はホンダグレイスも終了して、5ナンバーセダンは発売後13年を経過するプレミオ&アリオンとカローラアクシオだけだ。

 セダンとワゴンの売れ行きが下がったのは確かだが、5ナンバー車が皆無になると、クルマの選択に困るユーザーも生じるだろう。

 例えばマツダの場合、ボディサイズの拡大や後方視界の悪化によって、教習車の開発が困難になった。そこで日本では売られていないタイ製の「マツダ2セダン」をベースに、教習車を開発している。マツダ2セダンなら5ナンバーサイズに収まるからだ。いい換えれば今の日本車では、日本の教習を行えないことになってしまう。日本のドライバーを育てる大切な教習車を、海外から調達せねばならない現実がある。

2019年、マツダは日本で販売していないマツダ2セダンを、教習車として新規採用

 カローラアクシオ&フィールダーは、運転しやすい5ナンバーサイズのボディでありながら、後席や荷室は3ナンバー車の新型カローラよりも広い。この特徴を継承しながら、ヤリスのプラットフォームを使ってフルモデルチェンジを行い、走行安定性と乗り心地のバランスを引き上げて欲しい。新しい5ナンバーサイズのセダン&ワゴンに挑んでこそ、日本のトヨタではないのか。

【画像ギャラリー】5ナンバーサイズを守り続けたトヨタの名門車「カローラ」 その歴代車を一挙プレイバック

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スズキが“新たな”「技術戦略」公開! “10年先” 見据えた画期的「計画」とは
スズキが“新たな”「技術戦略」公開! “10年先” 見据えた画期的「計画」とは
くるまのニュース
新しいマツダCX-30が出た!──GQ新着カー
新しいマツダCX-30が出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ハース、次世代F1でもフェラーリPUを搭載へ。技術提携を2028年末まで延長
ハース、次世代F1でもフェラーリPUを搭載へ。技術提携を2028年末まで延長
AUTOSPORT web
スズキ ジムニーシエラ5ドア、電動ポップアップルーフを装備して日本登場…ホワイトハウスが開発
スズキ ジムニーシエラ5ドア、電動ポップアップルーフを装備して日本登場…ホワイトハウスが開発
レスポンス
麻薬中毒の路線バス会社! 「宇野バス」「銀河鉄道」に学ぶ、“補助金”に頼らない独立自尊の経営戦略とは
麻薬中毒の路線バス会社! 「宇野バス」「銀河鉄道」に学ぶ、“補助金”に頼らない独立自尊の経営戦略とは
Merkmal
夏休みは日産グローバル本社ギャラリーへ! 「真夏のナゾ解き大冒険2 ~タイムトラベル編~」を開催
夏休みは日産グローバル本社ギャラリーへ! 「真夏のナゾ解き大冒険2 ~タイムトラベル編~」を開催
月刊自家用車WEB
6速MT搭載! 新型「4ドアスポーツカー」に反響多数!? 「乗りたい!」「買います!」 「匠の手作り」ボディד旧車風”丸目4灯の「M55 C」とは
6速MT搭載! 新型「4ドアスポーツカー」に反響多数!? 「乗りたい!」「買います!」 「匠の手作り」ボディד旧車風”丸目4灯の「M55 C」とは
くるまのニュース
クセになる食べ応え 中央道「初狩PA」で「ピリ辛吉田のうどん」を実食
クセになる食べ応え 中央道「初狩PA」で「ピリ辛吉田のうどん」を実食
バイクのニュース
ピレリ、来年導入予定のより柔らかい『C6』タイヤをモンツァでテストへ。2026年仕様のタイヤも9月にテスト開始
ピレリ、来年導入予定のより柔らかい『C6』タイヤをモンツァでテストへ。2026年仕様のタイヤも9月にテスト開始
AUTOSPORT web
2025年のスプリント増加なしに安堵するF1チーム。オーストリアの“脱週末2レース”はメリットの消失か
2025年のスプリント増加なしに安堵するF1チーム。オーストリアの“脱週末2レース”はメリットの消失か
AUTOSPORT web
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
ベストカーWeb
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
ベストカーWeb
いつかはトヨタ「ハリアー」の夢を実現! さり気ないエアロ加工でカスタム道まっしぐら…思わず唸る小技アイデアを紹介します
いつかはトヨタ「ハリアー」の夢を実現! さり気ないエアロ加工でカスタム道まっしぐら…思わず唸る小技アイデアを紹介します
Auto Messe Web
いい訳に耳を貸さない「冷徹さ」を感じる……ってそりゃ当たり前! 駐車違反を取り締まる「緑の人」の中身とは
いい訳に耳を貸さない「冷徹さ」を感じる……ってそりゃ当たり前! 駐車違反を取り締まる「緑の人」の中身とは
WEB CARTOP
古代神話、そして宇宙が5つの特別仕様車を生んだ!「レンジローバー・スポーツSVセレスティアル・コレクション」受注開始!
古代神話、そして宇宙が5つの特別仕様車を生んだ!「レンジローバー・スポーツSVセレスティアル・コレクション」受注開始!
LE VOLANT CARSMEET WEB
横浜ゴム、XAI活用のタイヤ設計支援システムを開発 開発者の知識・経験不足を補完
横浜ゴム、XAI活用のタイヤ設計支援システムを開発 開発者の知識・経験不足を補完
日刊自動車新聞
ミシュラン、複合材料を開発中と発表「レースは重要な実験場」
ミシュラン、複合材料を開発中と発表「レースは重要な実験場」
レスポンス
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

11件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.0223.0万円

中古車を検索
カローラアクシオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.0223.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村