サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型フィットのAピラー、こんなに細くて衝突時は大丈夫? 

ここから本文です

驚きの細さである。新型車登場時によく聞く「Aピラーを細くしました!」というレベルとは違う、劇的な極細化。

フィットが歴代継承するワンモーションフォルムの長所は、空力に優れるスタイルと室内の広々感を演出できること。これに、ホンダならではのセンタータンクレイアウトが合わさり、コンパクトボディながら驚くほどの室内スペースと多彩なシートアレンジで大人気車種に上り詰めたわけである。

【乗ってわかった新型フィットのマルとバツ】2モーターHVは驚きの完成度。1.3Lとの差が激しすぎる!

ただ、ワンモーションフォルムを実現するためにAピラーを前方に出すと、いくら三角窓を付けても斜め前方の死角が増える。

おすすめのニュース

サイトトップへ