現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 森永卓郎のミニカーコラム「香港ウィナー・トヨタ・クラウン」

ここから本文です

森永卓郎のミニカーコラム「香港ウィナー・トヨタ・クラウン」

掲載 6
森永卓郎のミニカーコラム「香港ウィナー・トヨタ・クラウン」

香港生まれの【トミカ・リスペクトモデル】

 ここ何年か、1980年代の香港製小スケールミニカーがブームになっていて、インターネット・オークション市場でも、とんでもない高騰を演じている。ウィナーも、そのひとつだ。

森永卓郎のミニカーコラム「トミカプレゼンツ・ブラーゴ ラ・フェラーリ」

 チープなイメージの香港製小スケールミニカーの中で、ウィナーはオールダイカストの重厚感がある。品質的には香港製の中でも、頭ひとつ抜け出した存在だった。発売された車種は、トヨタ・セリカ・リフトバック、いすゞ117クーペ、三菱コルト・ギャランなど、日本車が多かったので、ボクもついつい買ってしまった。

 ウィナーの唯一の欠点は、トミカのコピーである可能性が極めて高いことだ。もちろん完全なコピーではなく、トミカが別部品のメッキ・プラパーツで表現しているフロントグリルを無塗装のダイカストで表現したりと、ところどころを変えてはいる。だが、ホイールが同じ形だったり、そもそも車種選択がトミカと同じだったりと、コピーと判断されても仕方がない作りになっているのだ。

 これは別の見方をすると、トミカに近い製造能力を持っていたメーカーともいえる。実際、製造から50年近く経つというのに、劣化がほとんど見られないところは、実に素晴らしい。それが近年の再評価にも結び付いているのだろう。最近、ヤフーオークションで落札されたウィナーのいすゞ117クーペは、1万2000円と、本家トミカを圧倒する落札額になっていた。

 写真は、ウィナーのトヨタ・クラウン(1971年デビュー、4代目)だ。通称「クジラ・クラウン」は、ボクが免許をとったときに登場した新型で、あまりにも大胆な変身に驚くと同時に、気になって気になって仕方がないクルマだった。だから、トミカのクジラ・クラウンも大好きな1台なのだが、コピー作品であるはずのウィナーのミニカーも、なかなか捨てがたい味を持っている。カラーバリエーションは、写真の薄緑色のメタリック しかボクは所有していないが、他のカラーがあるのか、ないのか、よくわからない。ネットを検索してみたのだが、そもそもこのウィナーのモデルに関する情報がほとんど残されていないのだ。

 トミカの陰に隠れてひっそり咲いた雑草のような存在だったので、大部分が子供のおもちゃとして扱われて、最後は捨てられてしまったので、いま生き残っているモデルは非常に少ないのではないだろうか。最近のネットオークションでの高値は、その希少性の表れかもしれない。

こんな記事も読まれています

「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
レスポンス
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
くるまのニュース
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
レスポンス
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
ベストカーWeb
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
消滅は「人類の進歩」といえるのか? ベントレー・フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(2)
消滅は「人類の進歩」といえるのか? ベントレー・フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(2)
AUTOCAR JAPAN
ベントレー最後の「W12」を堪能 フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(1) 僅か120台限定
ベントレー最後の「W12」を堪能 フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(1) 僅か120台限定
AUTOCAR JAPAN
引退進む「金ホイール&デカッ羽」見るなら今! スーパーパトカー軍団、栃木の秘蔵っ子いつまで現役?
引退進む「金ホイール&デカッ羽」見るなら今! スーパーパトカー軍団、栃木の秘蔵っ子いつまで現役?
乗りものニュース
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!
ベストカーWeb
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
バイクのニュース
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
レスポンス
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
ベストカーWeb
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
Auto Messe Web
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
motorsport.com 日本版
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
レスポンス

みんなのコメント

6件
  • ああ、やっぱりガチめのマニアな森永先生だと話が違うね。

    先日のワケわからん海外メーカーの羅列とは全くの別物だわ。
  • ドアのラインでモロにトミカのコピーと分かるな。
    その点、ヤトミンはトミカのコピーでもしっかりパネルラインを修正してた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.01290.0万円

中古車を検索
117クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.01290.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村