現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 〈日産デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス〉意匠変更や安全性強化で不動の人気を確保【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

ここから本文です

〈日産デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス〉意匠変更や安全性強化で不動の人気を確保【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

掲載 更新
〈日産デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス〉意匠変更や安全性強化で不動の人気を確保【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

月間販売台数:6608台(18年8月~19年1月平均値)現行型発表:14年2月(一部仕様向上 18年5月)JC08モード燃費:22.2km/ℓ ※「Xターボ」「Gターボ」のFF車写真解説●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)MODEL●藤木由貴(HUJIKI Yuki)

■主要諸元 ハイウェイスターGターボ
全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1775
室内長×室内幅×室内高(mm):2235×1320×1400
ホイールベース(mm):2430
トレッド(mm)前/後:1300/1290
車両重量(kg):960
エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc):659
最高出力(kW[㎰]/rpm):47[64]/6000
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):98[10.0]/3000
燃料タンク容量(ℓ):30(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:165/55R15
最小回転半径(m):4.7
JC08モード燃費(km/ℓ):22.2
車両本体価格:176万5800円

〈スバル・フォレスター〉SUVの本質を極める攻めのキープコンセプト【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

乗降性

前席は座面がフラットでフロアも低く、開口部が大きいため非常に乗り込みやすい。後席はフロアの高さは感じるが、Bピラーにアシストグリップが用意されていることもあり、小柄な乗員でも乗降性に不満はない。

先進安全装備

撮影車両データ

ボディカラー:スパークリングレッド・メタリック/ブラック・パール2トーン
オプション装備:ナビレコパック+ETC2.0取り付けパッケージ付き車用(27万6205円)/特別塗装色(5万4000円)/寒冷地仕様(1万4040円)/本革巻きステアリング+ドアトリムクロス プレミアムコンビネーションインテリア+シート地 ネオフィール/スエード調クロス(3万2400円)/他

ボディカラー

上質感と実用性を両立した内装 ── 日産デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス

インパネ

タコメーター内に液晶パネルを配することでスポーティな雰囲気を強めたメーターパネルは「ハイウェイスター」系に標準装備される。シフトレバーとエアコンパネルが高い位置に置かれているのは操作性の良さと、左右ウォークスルーのしやすさにつながっている。

前席

ベンチタイプのフロントシートはクッションに余裕を感じるもので、腰まわりを包み込んでくれる印象だ。ステアリングのチルト調整、ダイヤル式で微調整しやすいシートリフターによりポジションも合わせやすい。

後席

撥水シートが標準装備となり、子供を乗せるスペースとしては万全の態勢だが、そうした意識のせいか座面は小振りだ。スライドは260mmで、格納時にはダイブダウンすることでフラットなラゲッジを生み出す。

ラゲッジルーム

左の写真を見ると、4名乗車時のラゲッジ能力は心もとなく感じるが、後席をスライドさせることで520mmまで広げられる。その状態でも後席の膝まわりに余裕があるのはうれしい。荷室高はライバルをリードしているが、大物を入れる際には開口部がライバルに対して若干ながら狭く感じる。

うれしい装備

前進時の踏み間違いは歩行者も検知して作動

SEAT ARRANGE

後席を格納して、前席を前にスライドさせれば大人サイズの自転車も格納できるが、ハンドルの飛び出しなどには気を付けたい。長尺物モードは助手席をフルフラットにして後席の背もたれを畳んだ状態。背もたれを起こせば、足を伸ばしてリラックスできる。

バイヤーズガイド

自然吸気では非力な印象があるので「ハイウェイスター」のターボモデルがお薦め。「ハイウェイスターXターボ」なら自然吸気との価格差も約3万円と小さいから割安感がある。ただし右側の電動ス ライドドアがオプションになるので、それが必要なら標準装備されている最上級グレードの「ハイウェイスターGターボ」を選んだ方が良い。

こんな記事も読まれています

Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

124.5206.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0163.0万円

中古車を検索
デイズルークスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

124.5206.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0163.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村