現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!

ここから本文です

超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!

掲載 9
超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!

11月21日(現地時間)、欧州トヨタは、ヤリスクロスのマイナーチェンジモデルを発表した。はたしてどれほどの改良が加えられたのか? 日本での発売時期はいつなのか、解説していこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!

■外観はほぼ変わらず

11月21日、欧州トヨタが発表したヤリスクロス・プレミアエディション

 欧州トヨタは11月21日(現地時間)、ヤリスクロスのマイナーチェンジモデルを発表し、オンラインでの先行受注を開始するとともに、12月から発売することを明らかにした。

インドネシア仕様のヤリスクロスGRスポーツ

 エクステリアはRAV4に似たインドネシア仕様のヤリスクロスとは異なり、一見するとマイナーチェンジ前モデルと比べてもわからないレベル。当初はマイナーチェンジでインドネシア仕様のようなRAV顔になるのでは、と噂されていたのだが……。

日本で販売されている現行ヤリスクロス

 よく見ると上下に分かれたグリルの下の部分に注目。黒いグリルの部分を囲むようにシルバー加飾のバー(フォグランプ内蔵)が取り付けられているのがわかるだろうか。

 サイドステップにはYARIS CROSSのシルバー加飾も施されている。リア回りはフロントと同様、シルバー加飾のディフューザーのほか、車体右側にHEV AWD-iのエンブレムが取り付けられている。精悍な顔つきになって全体的に安っぽさがなく、質感が上がった印象だ。

ヤリスクロス・プレミアエディション

[articlelink]

■第5世代のハイブリッドを搭載

ヤリスクロスGR SPORT

 マイナーチェンジ版ヤリスクロスに搭載されるハイブリッドは、これまでのハイブリッド115に加え、第5世代のハイブリッド130をプレミアエディションとGR SPORTに新設定。ハイブリッド115と比べ、システム最高出力は116ps→130psに、システム最大トルクは14.4kgm→18.9kgmに向上した。

 91ps/12.2kgmを発生する1.5Lエンジンには変更はないが、モーターの出力がパワーアップ。フロントモーターは80ps/14.4kgm→94ps/18.9kgmに、リアモーターは5.3ps/5.3kgm→6ps/5.3kgmに変更となった。0~100km/h加速は0.5秒短縮した10.7秒。

 そのほか、騒音と振動を低減するためのさまざまな追加対策が施されている。エンジンノイズに関しては、左側のエンジンマウントにダイナミックダンパーを追加され、インテークホースにはレゾネーターが取り付けられているという。

 ダッシュインナーサイレンサーは単層構造から三層構造に変更され、カウルトップサイレンサーにはフェルトがさらに追加されているそうだ。風切り音やロードノイズを抑えるため、フロントガラスとリアサイドウィンドウには厚いガラスが使用されている。

■兄弟車のレクサスLBXより大きい10.5インチのディスプレイオーディオ

12.3インチのフル液晶メーターと10.5インチ

 インテリアは大幅進化。プレミアエディションとGR SPORTには12.3インチのフル液晶メーターが用意される(そのほかのグレードは7インチ)。

 センターディスプレイオーディオは9インチのほか、上級グレードには10.5インチが用意される。兄弟車となるレクサスLBXは9.8インチだからそれよりも大きいということになる。細かいところでは運転席と助手席の間にセンターアームレストが装着されているのも嬉しい。

10.5インチのディスプレイオーディオ。レクサスLBXの9.8インチより大きいってどういうこと?

 安全機能の向上もポイント。Appleまたは Android のスマートフォンを使用したMyTアプリは最大5人のユーザーが車両にアクセスでき、リモートでのロック/ロック解除、走行前の空調操作、混雑した駐車場などで車両の位置を特定するためのハザードライトの作動など便利な機能も用意されている。

 ヤリスクロスに搭載されるトヨタT-Mate は、安全性と運転のしやすさを向上させる先進機能を統合したもので、最新「Toyota Safety Sense」システムを搭載するなど、さらに機能が強化されている。

 これらの機能は、ほかのBセグメントSUV モデルではオプションや未搭載のことが多いが、ヤリスクロスでは標準装備となっている、とプレスリリースでは強力にアピールしていた(欧州仕様)。

12.3インチのフル液晶メーター

 主な標準装備の安全装備としては、プリクラッシュセーフティシステム(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)、レーダークルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)、パーキングサポートブレーキ(PKSB)。

 また新しいマルチメディアシステムとデータ通信モジュール (DCM) により、クルマをサービスセンターに持ち込むことなく、ソフトウェアアップデートを無線で配信できるようになった。これにより、Toyota Safety Sense とマルチメディア機能をシームレスにアップグレードできるという。

■日本発売はいつ?

アーバンカーキ/ブラックの2トーンカラーに18インチの5スポークアルミホイールが映えるヤリスクロス・プレミアエディション

 すでにトヨタディーラーではヤリスクロスの受注は停止になっているが、このマイナーチェンジモデルの発売が近いためだろう。ディーラーの情報では、ヤリスクロスのマイナーチェンジモデルの発売時期は2024年1月中旬頃になるという。

 日本仕様の中身がどうなるか正確にはわからないが、エクステリアデザインやハイブリッドシステム、メーターやディスプレイなどのインパネ回りなどは欧州仕様に準じるのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?
めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?
くるまのニュース
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
AUTOSPORT web
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
motorsport.com 日本版
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
レスポンス
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ベストカーWeb
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
WEB CARTOP
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
Merkmal
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
カルモマガジン
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
くるまのニュース
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
月刊自家用車WEB
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
バイクブロス
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
くるまのニュース
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
バイクのニュース
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
レスポンス
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
motorsport.com 日本版
業界初技術で追突事故はゼロに!?  ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
業界初技術で追突事故はゼロに!? ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
Auto Prove

みんなのコメント

9件
  • SHIGA NOBUTAKA
    昨日トヨタに行ったが、改良型に欧州のような10,5インチは設定されていなかったのは甚だ疑問。アクアには設定があるのにね。マイナーチェンジまで待つしかないかな。
  • umi********
    内装、価格が近いアクアレベルだといいのに
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

190.7278.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.0370.0万円

中古車を検索
ヤリスクロスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

190.7278.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.0370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村