現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランクル70はもう買えない! 次に狙うはランクル250 発売予想時期は2024年3月初旬! 買いたい人が取るべき対策とは

ここから本文です

ランクル70はもう買えない! 次に狙うはランクル250 発売予想時期は2024年3月初旬! 買いたい人が取るべき対策とは

掲載 更新 37
ランクル70はもう買えない! 次に狙うはランクル250 発売予想時期は2024年3月初旬! 買いたい人が取るべき対策とは

 11月29日に発売されたランクル70。注文が殺到し、販売店によっては抽選販売やすでに受注停止のところもあり大盛況のようだ。納期はすでに3年以上ともいわれており、もはやディーラーに行っても買えない状況だ。となると、次に狙うはランクル250! 発売時期とその対策とは

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部

ランクル70はもう買えない! 次に狙うはランクル250 発売予想時期は2024年3月初旬! 買いたい人が取るべき対策とは

■まずはランクル70の最新販売状況

納車は2年、3年といわれているランクル70

 11月29日に発売された再再販売のランクル70。ランクルを過去に購入または何台も購入した“上客”優先で注文を受け付け、受注を停止しているケース、抽選販売を行って結果を当選者に通知しているケース、第一次抽選が終了し、第二次抽選結果を12月初旬に通知するケースなど、全国の販売店によってさまざまな販売方式がとられている。

 初期ロットの最も早い幸運な購入者の納期は2024年1~2月頃という話を聞いたが、契約した多くの顧客の納期は1年~2年、遅く契約した人で3年以上に伸びている状況だ。

 サブスクのKINTOに関してもアルファード&ヴェルファイア以上の人気となっており、納期は公式ホームページで24カ月以上、ディーラー取材では3年以上というから、アルファード&ヴェルファイア以上の人気になっているのは間違いない。

[articlelink]

■北米仕様は3グレード、価格は5万ドル半ば(約807万円)から

ランドクルーザー1958。丸型LEDヘッドライトとTOYOTAロゴが入ったヘリテージグリルが特徴。北米・中国市場向けのパワートレインは281ps/43.6kgmを発生する直列4気筒2.4Lにモーターを組み合わせたもので、システム最高出力は330ps、システム最大トルク64.3kgm

 ランクル70はカタログモデルながら“もう買えない”状況になってしまった。とくれば、次に狙うはランクル250! 2023年8月2日に世界初公開されたが、まだ発売時期は公式にはアナウンスされていない。

 そこで、今回はランクル250を確実に購入するためにはどうすればいいのか、現時点でわかる範囲内で書いていきたいと思う。

 ひと足お先に発表されたアメリカでは、ランドクルーザー1958、ランドクルーザー、そして特別仕様車のランドクルーザーファーストエディションの3グレードで、2024年春に発売される。

 パワートレーンは2.4L、直4ターボハイブリッド+8速AT(システム出力330ps/64.3kgm)のみの展開で、価格は5万ドル半ば(148円換算で807万円)からという。

 価格が高いのは、ハイブリッドということと、北米仕様は愛知県田原工場に加え、日野自動車羽村工場で生産される可能性が高いため、輸出するため関税が上乗せされるぶん高くなっている。

 北米仕様の3モデルを見ていきたい。発売時にローンチされる特別仕様車として限定5000台が発売されるファーストエディション。

 丸型ヘリテージLEDヘッドランプ、ルーフラック、ファーストエディションのロゴがエンボス加工されたレザー調シートやドアパネルなど専用インテリアを装備するほか、18インチホイール+265/70R18サイズのオールシーズンタイヤ、サイドシルプロテクター、バックドアガード、本革パワーシートなど豪華装備が充実している。

 続いて、エントリーモデルとなる、ランドクルーザー1958は北米に初めてランクルが導入された1958年をグレード名とした。

 丸型LEDヘッドライトと、TOYOTAのロゴが入ったヘリテージグリルが特徴。そのほか、リアデフロック機構とクロールコントロール、18インチホイール+245/70サイズのオールシーズンタイヤを装備。

 インテリアは8インチマルチメディアモニターや6スピーカーサウンドシステムのほか、ステアリングヒーター、シートヒーター付きファブリックシート、ACインバーター(2400W)を装備。

 上位グレードとなるランドクルーザーはランドクルーザー1958の装備に加えて3眼式角目LEDヘッドランプも選択可能でRIGID製カラーセレクタブルLEDフォグランプ、18インチホイール+265/70サイズのオールシーズンタイヤを装備。

 メカニズム面ではランクル300で定評のあるマルチテレインセレクトやマルチテレインモニターのほか、トヨタ初となるフロントスタビライザーを切り離してオフロードの接地性を高めるスタビライザーwithディスコネクションメカニズム(SDM)を装備。

 インテリアは12.3インチマルチメディアモニター、10スピーカーサウンドシステム、ソフテックスパワーシート(ヒーター/ベンチレーター付き)など装備が充実しているのは上級グレードならでは。

 一方、2024年下期から2.4Lハイブリッドが発売される中国では36万元(約720万円)からという。北米仕様と比べて安いのは中国生産のためだろう。

■日本発売は2024年3月初旬頃か、早め早めの対策を!

丸目のランクル250。角目も選べる

 さて日本発売はいつになるのか? ディーラーから得た情報では、ランクル250の正式発売日は2024年3月初旬を予定しているという。

 日本仕様は、2.7L、直4ガソリン+6速ATと2.8L、直4ディーゼルターボ+8速ATのラインナップとなり、約1年後には遅れて2.4L、直4ディーゼルターボ+ハイブリッドが投入される予定。

 価格はあくまでも憶測だが、ランクル300との関係性を鑑みて、2.7Lガソリンが480万円前後、2.8L、ディーゼルターボが540万~630万円前後、2.4lディーゼルターボ+ハイブリッドが700万円前後と予想。

 ランクル70の場合は、上客優先で各販売店の割り当て台数が埋まったり、抽選販売を約1カ月前から受け付けていたディーラーもあるなど全国共通ではないため一概にはいえないが、少なくとも2024年3月のランクル250発売に向けて、営業マンと今から連絡を取り合い、コミュニケーションを取っておくべきだろう。早め早めの対策が奏功するのは間違いない。

 あとは残クレ、下取り、ボディコーティング、メンテパックなど、ディーラーによって購入の“縛り”があり、これを〇にした項目が多いほど、納期が早くなる場合があるので注意して決めたい。

 いまだ受注停止中で、納期は4年といわれるランクル300を早くも上回るといわれているランクル250の販売状況、みなさんの検討を祈ります!

こんな記事も読まれています

米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
レスポンス
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
motorsport.com 日本版
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
AUTOSPORT web
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
motorsport.com 日本版
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
くるまのニュース
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
レスポンス
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
motorsport.com 日本版
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
Webモーターマガジン
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
motorsport.com 日本版
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
WEB CARTOP
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
WEB CARTOP
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
くるまのニュース
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

37件
  • es_********
    70買えないから、じゃ250ね!って
    ホントに70必要な人はそうならない。
  • PD4204
    2.4L、直4ディーゼルターボ+ハイブリッド

    そんなエンジンはない。
    ガソリンフルハイブリッドか、2.8のディーゼルマイルドハイブリッドはある。

    でたらめも度が過ぎる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー70の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村