現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽自動車初のフルハイブリッドを設定!? スライドドア化やEV化の可能性もアリ!? 新型ワゴンRの今わかっている最新情報

ここから本文です

軽自動車初のフルハイブリッドを設定!? スライドドア化やEV化の可能性もアリ!? 新型ワゴンRの今わかっている最新情報

掲載 24
軽自動車初のフルハイブリッドを設定!? スライドドア化やEV化の可能性もアリ!? 新型ワゴンRの今わかっている最新情報

 全高1800mm級のスーパーハイトが人気の軽自動車だが、基本はやはり全高1600mm級のハイトワゴン。そのハイトワゴンの基本を作ったスズキ ワゴンRが、新型で将来のEV化も視野に入れた進化を遂げるという。いったいどうなる!?

※本稿は2023年12月のものです
文、予想CG/ベストカー編集部、写真/スズキ
初出:『ベストカー』2024年1月26日号

軽自動車初のフルハイブリッドを設定!? スライドドア化やEV化の可能性もアリ!? 新型ワゴンRの今わかっている最新情報

■スーパーハイト全盛でも……ワゴンRは諦めない!!

全高1600mm級の「ハイトワゴン」のワゴンR。次期型ではスライドドアを採用する可能性が高い(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 現在、軽自動車の販売の中心は全高1800mm級のスーパーハイトへと移行しているが、やっぱりその基本は全高1600mm級のハイトワゴンにある。

 ワゴンRはハイトワゴンの基本を作ったクルマ。全高の高いスーパーハイトよりも重心が低く、操安性に優れるハイトワゴンのメリットを活かすべく、意欲的なモデルチェンジを敢行する。

 ハイトワゴンはヒンジドアが主流で、これまでのワゴンRもヒンジドアだが、新型ではスライドドアを採用するという情報ある。だが、これは派生モデル「スマイル」のような存在となるかもしれない。

■将来的にはEVも追加か!?

 プラットフォームは将来のEV化を視野に入れた新開発。これが今後横展開され、次期型スペーシアなどにも採用されることになるので、力を入れて開発。スズキの得意とする軽量化と高い剛性を両立。

 パワートレーンはスズキお得意のマイルドハイブリッドは当然だが、軽自動車初採用となるストロングハイブリッドの計画もあるという。AGSにモーターを組み合わせたシステムを軽自動車用に合わせ込む。将来的にはEVモデルも追加される計画だ。

●ワゴンR 予想スペック
・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1650mm
・ホイールベース:2460mm
・車両重量:850kg
・エンジン:直3DOHC、0.66Lハイブリッド
・最高出力/最大トルク:54ps/5.9kgm
・モーター出力/トルク:10ps/3.0kgm
・トランスミッション:電気式無段変速機
・予想価格:130万~190万円

こんな記事も読まれています

「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
AUTOCAR JAPAN
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
AUTOSPORT web
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
レスポンス
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
AUTOSPORT web
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
くるまのニュース
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

24件
  • ネイトン
    ワゴンRは背が高いけどカッコ良いのが初代からのアイデンティティーなんで予想CGみたいなブサイクは要らないw
  • hon********
    予想CGのまま販売されたら、ハイブリッドだろうが要らん。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1198.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村