現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「3シリーズ」ベースのBMWアルピナの買いは? Sエンジンの「B3」かディーゼルの「D3S」か、悩ましい!

ここから本文です

「3シリーズ」ベースのBMWアルピナの買いは? Sエンジンの「B3」かディーゼルの「D3S」か、悩ましい!

掲載 8
「3シリーズ」ベースのBMWアルピナの買いは? Sエンジンの「B3」かディーゼルの「D3S」か、悩ましい!

衝撃的だった前期型B3リムジンだからこそ後期型にも期待

2022年5月25日に予約注文が日本で開始されたBMWアルピナ「B3」。ついにそのステアリングを握る機会に恵まれ、自動車ライターの西川 淳氏が「B3S」と「D3Sツーリング」に試乗した。そのレポートをお届けする。

BMW「M4GTS」は新車価格のままキープ! プレ値がつく前にぜひとも手に入れたい1台【真夜中のブローカー】

ブッフローエで開発・生産された最終モデルを手に入れたい衝動に駆られた

本気で欲しいモデルがある。自分で色や仕様を選んでオーダーして待つということを久しぶりにやってみたくなったのだ(このところ、掘り出し物の中古車ばかり探していた)。そしてじつは大いに悩ましいことになっている(妄想ではあるが)。

そのモデルとはBMW「3シリーズ」(G20)ベースのアルピナである。ガソリンエンジンのB3か、ディーゼルのD3Sか、そこにリムジン(セダン)とツーリング(ワゴン)というボディ形状の掛け合わせも考えると4パターンの選択肢があるのだが、それが悩みのタネではない(いや、悩ましいけれど)。問題は新しくなった後期型の印象がガラリと変わったことだった。

まずは3シリーズのアルピナが欲しくなった理由から説明しよう。理由は2つ。まずはG20前期型ベースのB3リムジンアルラット(AWD)に衝撃を受けたから。そのドライブフィールがあまりに肌に合った。抱きついたら最後、もう絶対に離したくないと思ったほどに。それゆえ、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考会でも満点を投じた。アンダー1500万円で最高の実用車だと思っているのだ。

もう1つの理由は、そんなアルピナもBMW AGによるブランド買収が決定し、今後は開発も含めて本家(AG)に委ねられることになったからだ。それはそれで楽しみは尽きないけれど、ブッフローエで開発・生産された最後のモデルを買っておきたいという気持ちも大きい。

マイナーチェンジでガラリと変わったB3の乗り味

そうこうするうちに3シリーズのマイナーチェンジが近づき、ならばマイチェン後、すなわち後期型ベースのアルピナを乗ってから決めるのもいいな、などと妄想が勝手に膨らんだ。実際に買えるアテなどないというのに。クルマ好き幸せ脳の妄想癖というやつだ。

輸入元のニコルから新型B3のデモカーにナンバーがついたという知らせがあった。直近の日程をやりくりし嬉々として借りだして試乗に向かったのは言うまでもない。そして愕然となった。B3の乗り味が全く変わっていたのだ。おそらくスポーツ志向の強いユーザーには良い変化なのだと思う。節の効いたメリハリのある動きと乗り心地を有していたからだ。

けれども滑空するかのように転がりすぎる前期型のライドフィールを気に入っていた筆者にとっては、それは少々硬派に過ぎた。コツコツとホイールの当たりさえ感じ、タイヤの薄さを実感するドライブフィールはまさにスポーツカーのそれだったのだ。

前期型を中古で探すこともできるけれど、それじゃ最後にブッフローエへオーダーをかけるという楽しみがない。なによりマーケットに自分の好きな色があるとは思えない。できるだけアルピナっぽくない色か、もしくはいっそC3時代の白に青緑ストライプのようなノスタルジック路線で乗ってみたいなどという具合に妄想がすでに目一杯広がっていた。

好みはD3Sのフィーリングなのだが……

そうこうするうちに今度は後期型D3Sツーリングのデモカーにもナンバーがついた。これがまた素敵なカラーで、アルピナらしくないところも大いに気に入った。聞けばBMWインディビジュアルカラーのアーバングリーンというらしい。乗ってみれば意外にも前期型より少々当たりの柔らかな乗り心地になっていて、低中速域にて室内に入ってくるノイズも小さくなったように感じた。全体的には以前より好みの乗り味になっている。ひょっとするとD3Sには変化がなく、B3を大きく変えたから相対的にD3Sをよく感じたという可能性も残っているのだが……。

D3Sツーリングには都合1200kmほど試乗することができた。高速燃費は16km/Lあたりで、B3より3割ほど良い。燃料価格の差を考えると、やっぱりディーゼルは財布に優しい。乗り味も今となっては悪くない。ツーリングのライドフィールも気に入った。後期型ならD3Sツーリングで決まり、か。いや、とはいえSエンジンは捨て難く……。

アルピナ好きの妄想は今の所、そのあたりで宙ぶらりんになっている。

こんな記事も読まれています

【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
くるまのニュース
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
AUTOCAR JAPAN
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
Auto Messe Web
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
Auto Messe Web
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
AUTOSPORT web
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
くるまのニュース
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
レスポンス
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
AUTOSPORT web
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
motorsport.com 日本版
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

8件
  • 若い頃みたいに回転フィール命で回して乗ってた頃なら迷わずB3Sだけど、そこそこいい歳になって目的地ありきのまったりドライブする使い方ならD3Sかな。
    迷えるだけ幸せだと思うよ。
  • アルピナ アルピーヌ アルパイン の三段活用
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

265.01390.0万円

中古車を検索
B3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

265.01390.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村