現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則407】BMW 1シリーズカブリオレはカジュアルな4シーターオープンだった

ここから本文です

【ヒットの法則407】BMW 1シリーズカブリオレはカジュアルな4シーターオープンだった

掲載 更新
【ヒットの法則407】BMW 1シリーズカブリオレはカジュアルな4シーターオープンだった

2007年10月、BMW 1シリーズ第4のモデル「カブリオレ」(E88)がドイツで発表された。後に(2008年3月)日本にも上陸することになるが、ソフトトップを装備したこのコンパクトなカブリオレはどんなモデルだったのか。ここでは2008年初頭にスペイン・バレンシアで行われた国際試乗会から、125iカブリオレ試乗の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年4月号より)

3シリーズとともにカブリオレ市場をカバー
BMWに限らないが、ドイツのブランドをプレミアムにしている要因のひとつに「個性化」がある。単一で変わり映えのない製品を多売するのではなく、多くの販売台数は望めなくとも個性的でユニークなモデルをユーザーに届けるという戦略である。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

もちろんそうなると生産コストは上がり、利潤を得るためには末端価格も上昇させざるを得ないわけだが、そこでブランド力が試される。つまりトヨタがカローラに、あるいはホンダがシビックにカブリオレバージョンを作ったとして、果たしてその製品が、トヨタあるいはホンダに対してイメージされる価格帯に収まり、ユーザーに受け入れられるかどうかは、とても難しいに違いないということである。

このような特別で個性的なバリエーションをカタログに載せられるかどうかが、プレミアムブランドとノンプレミアムブランドの差なのだ。

それに加えて、日本メーカーがほとんどカブリオレモデルを用意しないのは、伝統的にプレステージブランドがすでにドイツやイギリスなどヨーロッパ、さらにはアメリカの西海岸などの大きな成熟マーケットで、カブリオレ需要層をしっかりと握ってしまっているという事実、そして日本国内ではまったく見向きもされないという事情もある。

そんなわけで、BMWは毎年8万台ものオープンモデルを販売し、プレミアム度に磨きをかけているのである。このような背景で登場した1シリーズカブリオレだが、ドイツや欧州内では別の見方もされている。すなわち、リトラクタブルハードトップを与えられた3シリーズカブリオレが4万ユーロ(日本仕様は783万円)と高価になってしまった現在、その下の層をカバーするのに格好のモデルであるというわけだ。

1シリーズ初登場のパワーユニットを搭載
さて、スペイン・バレンシアの試乗会に現れた1シリーズカブリオレはすべて125i。すなわちバルブトロニックを装備した218psと270Nmを発生するノーマルアスピレーションの3L直列6気筒エンジンを搭載したモデルで、試乗車には6速MTが組み合わされていた。

メーカーの発表によれば、スタートから100km/hに達するまでの所要時間は6.8秒、最高速度は238km/hをマークする。

1シリーズクーぺをベースに、ウエストラインから上部をそっくり取り去って誕生した4シーターカブリオレのプロフィールは非常に自然で、初めからオープンモデルを考えていたことがよくわかる。

ただし、4シーターといっても後席は幌の収納メカニズムのために大きく狭められ、子供用あるいは荷物置場にしかならない。トランク容量はトップを閉めた状態で305L、オープンにすると260Lと小さくなるので、事実上リアコンパートメントはカーゴルームとして使われる運命にあるのだろう。

ところでこのキャンバス製トップの開閉時間はわずか22秒、しかも50km/hまでなら走行中でも可能だ。また横転時の安全対策は、強化されたAピラーと緊急時に後席後方から飛び出すロールバーが受け持つ。

オープン化によるボディの補強やソフトトップの開閉メカニズムなどでおよそ120kg重くなったボディだが、2500rpmから4250rpmまでという広範な領域で発生する270Nmのたっぷりしたトルクのおかげで、全長4.36m/車重1585kgのコンパクトオープンは巨人に操られるスロットレーシングカーのように、アクセルペダルに対してクイックな動きを披露する。

開発担当者の説明によれば、サスペンションのセッティングは以前に乗ったピュアスポーツ指向の135iクーペよりは柔らかくなっているとのことだが、もはやドイツメーカーの試乗会にとって日本の箱根のような存在であるバレンシア郊外の山間部では、予想を超えた敏捷でスポーティな走りを披露してくれた。

ロールも少なく、またBMWの特徴となっている50対50の重量配分のおかげもあって、ステアリング特性はほとんどニュートラル。自然に、コーナーを積極的に探そうとしている自分に気がつくほどドライブを楽しませてくれる。

しかしこうしたドライビングプレジャーを提供する一方で、BMWはシフトアップインジケーター、アイドルストップ、ブレーキエネルギー回生などの環境対策も忘れてはいない。メーカー発表では、このテスト車の燃費はEUスタンダードの総合モードで100kmあたり8.1L、すなわち1Lあたり12.3kmという燃費を誇っている。またCO2排出量は195g/kmとなっている。

ドイツを中心としたヨーロッパでの1シリーズカブリオレの発売は3月からとなっている。(文:木村好宏/Motor Magazine 2008年4月号より)



BMW 125iカブリオレ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4360×1748×1411mm
●ホイールベース:2660mm
●車両重量:1585kg(EU)
●エンジン:直6DOHC
●排気量:2996cc
●最高出力:160ps/6100rpm
●最大トルク:270Nm/2500-4250rpm
●駆動方式:FR
●トランスミッション:6速MT
●最高速:238km/h
●0→100km/h加速:6.8秒
※欧州仕様

[ アルバム : BMW 125iカブリオレ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

まさかの4ドア!? マツダが斬新「ロータリースポーツカー」実車公開!「RX-8」として市販化された「RX-EVOLV」とは?
まさかの4ドア!? マツダが斬新「ロータリースポーツカー」実車公開!「RX-8」として市販化された「RX-EVOLV」とは?
くるまのニュース
「F1で成功する日本人」と「日本で成功する外国人」……そこには共通項アリ。ペドロ・デ・ラ・ロサが持論語る
「F1で成功する日本人」と「日本で成功する外国人」……そこには共通項アリ。ペドロ・デ・ラ・ロサが持論語る
motorsport.com 日本版
「織り目がない!?」AKNドライカーボンとは? アバルト「595」の注目カスタムパーツを3つ紹介します
「織り目がない!?」AKNドライカーボンとは? アバルト「595」の注目カスタムパーツを3つ紹介します
Auto Messe Web
トヨタ トヨペット・コロナマークII 1900HT GSS(昭和44/1969年9月発売・RT75型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト053】
トヨタ トヨペット・コロナマークII 1900HT GSS(昭和44/1969年9月発売・RT75型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト053】
Webモーターマガジン
世界最長10km、マクニカが自動運転EVバスで走行実証…新幹線駅からのフィーダー
世界最長10km、マクニカが自動運転EVバスで走行実証…新幹線駅からのフィーダー
レスポンス
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
ベストカーWeb
こんなデザイン「日本じゃ作れない!」と思ったら日本人の作品だった! 奥山清行氏が描いた「KODコード61バードケージ」のデザインセンスに脱帽
こんなデザイン「日本じゃ作れない!」と思ったら日本人の作品だった! 奥山清行氏が描いた「KODコード61バードケージ」のデザインセンスに脱帽
WEB CARTOP
日産 全固体電池用パイロット生産ラインを公開 
日産 全固体電池用パイロット生産ラインを公開 
Auto Prove
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
AUTOSPORT web
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
WEB CARTOP
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
くるまのニュース
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
バイクのニュース
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
motorsport.com 日本版
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
バイクブロス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

459.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5179.0万円

中古車を検索
1シリーズ カブリオレの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

459.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5179.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村