現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!

ここから本文です

新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!

掲載 13
新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!

1997年にトヨタのカスタマイズブランドとして誕生したモデリスタ。東京オートサロン2024の会場では、新型アルファードとヴェルファイアをベースに、同社のオリジナルパーツを装着した2台を展示した。

初日のプレスカンファレンスにはトヨタカスタマイジング&ディベロップメント 営業企画本部 用品企画部 部長の濱井哲也さんと共に、ゲストとしてアーティスト・デザイナーの篠原ともえさんが登壇、トークセッションを行った。

キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結

トヨタ直系という強みを生かした物づくりのなかで、ベース車とのマッチングのよさはもちろんのこと、質感をはじめとしたさまざまなライフスタイルに応える商品力の向上に努めてきたモデリスタ。2023年はセイコーやトヨタマリンなどとコラボをするなと、クルマ以外の世界でも幅を広げている。こうしたブランドのこだわりや哲学を濱井さんが紹介すると、篠原さんも物づくりをする人として強く共感していた。

そして会場にあるモデリスタのロゴについても「手・耳・目・口・鼻」が描かれ、今後の同社が今以上に進化・深化し五感に響きをもたらすデザインや物づくりにチャレンジしていくことを発表。このテーマが商品に落とし込まれるのは少し先の2025年が目処という話だが、篠原さんも大きな期待を寄せていた。

さて今回展示されたアルファード。デザインコンセプトは「REGAL DIGNITY」で、ノーマルらしさを残しつつより堂々と上質感あるスタイルをプラス。エクステリアはメッキ部の多いエアロパーツによってラグジュアリー感が向上している。

一方のヴェルファイアは「BEAST RAZOR」がテーマ。エアロパーツやブルーのシグネチャーイルミブレードなどにより精悍さと洗練を表現している。ノーマルよりも個性的なスタイルはビーストを冠するだけありワイルドな印象。それでいてスタイリッシュに仕上げているのもモデリスタならではだろう。

〈文と写真=伴 隆之〉

こんな記事も読まれています

大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
乗りものニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web

みんなのコメント

13件
  • mmn********
    もう車体全部メッキにしたらええやんw
  • koj********
    スイフトスポーツとか乗ってそうな人たちの嫉妬が心地よい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.9350.0万円

中古車を検索
テーマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.9350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村