サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 色だけで高級車化! いまどきのクルマは2トーンを選ばない理由がない

ここから本文です

色だけで高級車化! いまどきのクルマは2トーンを選ばない理由がない

 車格や大人っぽさ、見た目の価格感までアップする!

 最近、クルマのボディカラーも多彩になり、10色以上のボディカラーを用意しているクルマが多い。ホンダ・フィット4に至っては、モノトーン、2トーン、アクセント2トーンを合わせて25色にも及ぶほどだ。クルマ選びもさることながら、ボディカラー選びにも大いに悩まされる時代である。

【どうせ乗るなら個性を主張】レアだが有名なボディカラーたち

 ところで、同じクルマでもボディカラーによって印象が大きく変わるのは当然として、ボディカラーによって車格、大人っぽさ、さらには見た目の価格感までUPするのをご存じだろうか。

 それはそもそも小さく、価格感も低くて当然のような軽自動車で顕著だ。たとえばグッドデザインアワード2019年受賞、オートカラーアウォード2019特別賞受賞の日産デイズ。

 17種類もの2トーンを含むボディカラーを揃えているが、特別塗装色のアッシュブラウン(M)/フローズンバニラパール(PM)2トーンはシックで大人っぽく、かなりセンスのいい2トーンカラーだと思える。2トーンカラーがハイウェイスターでしか選べないのは残念だが、見た目の価格感では、数十万円高く見えたりはしないだろうか。大人がシックに乗るならこれだ。

 また、もっともデイズらしいのはテーマカラーでもあるホワイトパール(3P)/プレミアムサンシャインオレンジ(M)2トーンだろう。若い世代にはぴったりのさわやかカラーでもある。

 今、日本で一番売れているクルマがホンダN-BOXだ。街を走る台数が多いだけに、できれば個性的かつ、車格や大人っぽさ、さらには見た目の価格感までUPするボディカラーを選びたいところ。

 そこでイチオシするのが、標準車専用のプレミアムアイボリー・パールII&ブラウンの2トーンカラーである。ホテルのエントランスに乗りつけて、これほどしっくり似合う、高級感あふれる軽自動車のボディカラーもほかにないように思える。N-BOXの場合、リモコンキーもカラーコーディネートされるから粋である。写真より現車のほうがずっとシックだ。

 ホワイト系が好みなら、軽自動車のホワイト系モノトーンだと働くクルマっぽく見えてしまう可能性があるので、N-BOXで言えば、カスタムに用意されるプラチナホワイト・パール&ブラックの2トーンカラーがオシャレ。セレブの定番ファッションとも言える、ブラックのトップスにホワイトパンツを合わせたようなハイコントラストなスタイリッシュさがある。

 女性ユーザーなら標準車にあるピートブロッサム・パール&ホワイトの2トーンカラーもなかなかだ。ピンク系でありながら、どこか大人っぽい色合いである。

 華やかさやスタイリッシュな雰囲気にするなら2トーンがオススメだ

 日常をカラフルに彩ってくれるオールラウンダーのハスラーも、2トーンカラーを含む全11色のボディカラーを用意。大ヒット間違いなしの新型は、大ヒットした先代に対して角ばったジムニー寄りのスタイリングになったのが特徴だが、モノトーンだと、いい意味で武骨感が強調される。もし、カラフルなボディカラーでハスラーらしく、スタイリッシュに乗りたいというなら迷わず2トーンカラーがいい。

 おすすめはイメージカラーであり、インテリアのブラック×オレンジとの相性抜群のバーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーンが定番だが、流行りのブリスクブルーメタリック ホワイト2トーンも爽やかで見た目の価格感がアップする2トーンカラーだ。ハスラーで目立ちたい! というなら鮮烈なアクティブイエロー×ホワイトの2トーンだろう。

 コンパクトカークラスでも、ボディカラーによって存在感、カッコ良さが激変しそうなクルマがある。たとえばトヨタ・カローラスポーツ。モノトーンだと比較的フツーのハッチバック車に見えそうだが、アティチュードブラックマイカ〈218〉×ホワイトパールクリスタル シャインの2トーンカラーだといきなり超スタイリッシュでスポーティー。ルーフがブラックのため、より低全高に見える錯覚効果があるのもその一因だろう。アティチュードブラックマイカ〈218〉×エモーショナルレッドIIになれば、パーティーシーンにも似合いそうな華やかさが強調される。

 SUVでもボディカラーによって商品性に差が出る。一例を挙げれば、売れに売れているトヨタRAV4だ。こう言っては何だが、モノトーンだとけっこう地味に見えてしまう。が、ブルー系のアッシュグレー×シアンメタリックは都会でもアウトドアでも鮮烈な印象を与える。アッシュグレーメタリック×アーバンカーキはアウトドアにドンピシャなアース系カラーでもあり、車格感を一気に高めるボディカラーだと思える。

 こうしていくつかのモデルをより魅力的に見せるボディカラーの傾向を見てみると、やはり2トーンカラーが突出していることが分かる。もちろん、特別塗装色ともなれば追加料金が必要だが、それでも余りある商品力、存在感、カッコ良さ、所有満足度、目立ち度、そして追加料金を大きく上まわる価格感をもたらしてくれるに違いない。迷ったら、2トーンカラーである!! 爆発的人気のトヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーもそうだろう。

 ちなみにマツダCX-30のように、2トーンカラーが用意されていないクルマもあるが、マツダ車の場合、とにかくマツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではのソウルレッドクリスタルメタリックが抜きんでて美しく、高級感がある。魂動デザインの美しさ、面の表情が一段と際立つ6万6000円高のソウルレッドクリスタルメタリックと、標準色のソニックシルバーメタリックのボディカラーの見栄え感の違いを確認してほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します