現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目ほぼ変化ナシ……中身は超レベルアップ!! 新型ムーヴキャンバス進化度検証

ここから本文です

見た目ほぼ変化ナシ……中身は超レベルアップ!! 新型ムーヴキャンバス進化度検証

掲載 8
見た目ほぼ変化ナシ……中身は超レベルアップ!! 新型ムーヴキャンバス進化度検証

 2016年の初代発売以降、ダイハツの人気車種となったムーヴキャンバスが2022年7月にフルモデルチェンジ。見た目はほとんど変わっていないように見えるが、ダイハツの最新プラットフォーム「DNGA」の採用やターボの設定など、より多くのユーザーの関心を集める仕上がりとなっている。そんな新型ムーヴキャンバスの先代モデルからの進化度を評価!!

※本稿は2023年1月のものです
文/ベストカー編集部、清水草一、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、ダイハツ
初出:『ベストカー』2023年2月26日号

見た目ほぼ変化ナシ……中身は超レベルアップ!! 新型ムーヴキャンバス進化度検証

■見た目はほぼ変わらず中身が大幅進化!!

2022年7月に登場したダイハツ ムーヴキャンバス。ターボが加わり魅力がよりアップした

 先代型のかわいらしいエクステリアの雰囲気を踏襲しながら、新世代のDNGAプラットフォームをベースとしたことで、乗り心地を含めた走りの性能が格段に進化したのが大きな特徴。

 先代型はNAのみだったパワートレーンにターボが加わったのも嬉しい。魅力度が大きく進化した!!

●FMCのポイント
・従来型のイメージを踏襲する癒やし系エクステリアデザイン
・タントなどに採用されるDNGAプラットフォーム採用
・従来型にはなかったターボエンジン搭載車を新設定

■清水草一氏の評価は?

癒やし系エクステリアデザインは踏襲された

 俺の大好きなムーヴキャンバス。大好きなエクステリアは、先代からほぼそのままキープで、シャシーがDNGAになり、足回りが断然しっかりした! それでいて癒やし系の乗り心地は保っている。わかってるな~。現行軽トールワゴンのなかで一番乗り心地がいいんじゃないか?

 先代は完全ホンワカ仕様だったので、エンジンはNAのみだったけど、新型はターボが加わったから、首都高ではポルシェも追い回せる! と思ってる。キャンバス本来のカワイイ系カラーに加えて、おっさんでも恥ずかしくないカラーも登場して、全方位万全ナリ!

●清水氏による新型ダイハツ ムーヴキャンバスの進化度採点簿(※先代を100とした場合の進化度)
・エクステリアデザイン……100
・インテリアの質感……120
・先進的テクノロジー度……130
・パワートレーンの評価……140
・操縦性能の評価……200
・乗り心地の評価……120
・コストパフォーマンス……120
・総合進化度……150

■渡辺陽一郎氏の評価は?

64psを発揮するターボエンジンが搭載された

 現行ムーヴキャンバスは、プラットフォームをタントなどと同じタイプに刷新して軽量化を図った。エンジンは、先代型はノーマルタイプのみだったが、現行型はターボも選べる。内装も上質になった。

 外装色を上下に塗り分けたストライプスに加えて、モノトーンには新たにセオリーというシリーズ名を与えた。セオリーはメッキパーツを効果的に使って、落ち着いた雰囲気を演出している。

 メーカーオプションとディーラーオプションを組み合わせたリラックス/エレガント/ビターという3種類のスタイルも用意され、ファッション性を強めた。

●渡辺氏による新型ダイハツ ムーヴキャンバスの進化度採点簿(※先代を100とした場合の進化度)
・エクステリアデザイン……105
・インテリアの質感……110
・先進的テクノロジー度……110
・パワートレーンの評価……115
・操縦性能の評価……115
・乗り心地の評価……110
・コストパフォーマンス……100
・総合進化度……110

●新型ダイハツ ムーヴキャンバス諸元(ストライプスGターボ・2WD)
・全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm
・ホイールベース:2460mm
・車重:900kg
・エンジン:直3、658ccターボ
・最高出力:64ps/6400rpm
・最大トルク:10.2kgm/3600rpm
・価格:179万3000円(価格帯:149万6000~191万9500円)

こんな記事も読まれています

やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
AUTOSPORT web
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
レスポンス
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
motorsport.com 日本版
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
AUTOSPORT web
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
AUTOSPORT web
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
乗りものニュース
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VAGUE
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
くるまのニュース

みんなのコメント

8件
  • 先代のほうがかわいかった
  • 目標のセールスを記録しているなら、この方法はアリだと思う。
    外板パネルとか、共有出来るなら、コスト削減にも繋がるだろうし。
    それを価格に転嫁できるなら大いにけっこう。
    モデルチェンジしたらデザインが不評で売り上げを落とすこともないし。
    デザイナーさんも旧型似でも、全然違っても売り上げが下がれば文句言われて評価が下がるだろうし。
    次の外装デザインをそんなに考えなくていいなら、他のところに注力出来るし。
    ある程度セールスが良い場合、モデルチェンジしらた、だいたい良い結果にはならない。
    それなら見た目はほとんど同じでよくない?
    旧型のオーナーも卑屈?にならないで済む。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

146.3192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8252.8万円

中古車を検索
ムーヴキャンバスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

146.3192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8252.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村