現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが新型「エリシオン」発売!「ほぼオデッセイ」? “高級ミニバン”改良で「BLACK Edition」も設定 ネットの反応は

ここから本文です

ホンダが新型「エリシオン」発売!「ほぼオデッセイ」? “高級ミニバン”改良で「BLACK Edition」も設定 ネットの反応は

掲載 20
ホンダが新型「エリシオン」発売!「ほぼオデッセイ」? “高級ミニバン”改良で「BLACK Edition」も設定 ネットの反応は

■「エリシオン」2024年型を発表・発売

 ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」が2023年7月15日、「エリシオン」の2024年型を発表・発売しました。日本のSNSユーザーからはどのような反響が寄せられたのでしょうか。

【画像】六角グリルがカッコイイ! ホンダ新型「エリシオン」を画像で見る(29枚)

 日本では、エリシオンは2004年、低車高が特徴のオデッセイ(3代目・4代目)よりひと回り大きいミニバンとしてデビューしました。

 しかし、2013年11月にフルモデルチェンジして大型化した5代目オデッセイに統合される形でエリシオンの日本国内での販売は終了しています。

 一方、海を渡った中国では、エリシオンの名前は今も生き続けています。

 中国では、2014年8月から5代目オデッセイが広汽ホンダ(広州汽車とホンダの合弁会社)から販売されていますが、このオデッセイの姉妹車として東風ホンダから販売されているのが、通算2代目となるエリシオンです。

 ファミリーユースを意識したオデッセイに対し、エリシオンはより高級感のある仕様となっています。

 この2代目エリシオンは、2021年12月30日にマイナーチェンジが行われ、今回登場の2024年型は、そのさらなる改良モデルです。

 ボディサイズは全長4951mm×全幅1842mm×全高1711mm、ホイールベースは2900mm。2列目はアームレスト、レッグレスト、シートヒーターなどを搭載した独立シートで、3列目シートにもシートヒーターを搭載しています。

 パワートレインは、最高出力145馬力・最大トルク175Nmを発揮する2.0リッターエンジンに最大出力183馬力・最大トルクは315Nmを発揮するモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。これに組み合わせるトランスミッションは、E-CVTです。

 先進装備のコネクティッド機能「Honda CONNECT 3.0」などが装備されており、デジタルキー、音声アシスタント、インテリジェントナビゲーション、V2H、OTAオンラインアップグレードなど多数の機能が追加されています。

 価格は、27万9800元(約541万円)からです。

 18インチのブラックホイールや専用ロゴなど車両全体にブラックの加飾を施したオプションパッケージ“Black Edition”も設定されています。

 このようなエリシオンに対し、SNSでは、「ほぼオデッセイやん」「背の高いオデッセイなのよね」「オデッセイ×前期ステップワゴンって感じ」など、日本でなじみ深いオデッセイを連想する指摘が多数寄せられています。

 また、「もう日本ではエリシオンは出す気がないんですかね」「昔のエリシオンみたいなフラッグシップミニバンは出さないのかな」など、中国での展開と日本国内のラインナップを比較して寂しさをにじませる声も。

 このように日本での発売は一切触れられていませんが、「日本でも発売されたら楽しみです」「日本で発売あるなら試乗は行きたいかも」といった期待する投稿もありました。

こんな記事も読まれています

中国で苦境に陥った角田裕毅、問題解決できるのか? レース中に僚友リカルドのマシンを観察「トラクションの量がかなり違っていた」
中国で苦境に陥った角田裕毅、問題解決できるのか? レース中に僚友リカルドのマシンを観察「トラクションの量がかなり違っていた」
motorsport.com 日本版
取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
レスポンス
女性WECチームにラヘル・フレイが復帰へ。F1アカデミーなど参戦のドリアーヌ・パンと交代
女性WECチームにラヘル・フレイが復帰へ。F1アカデミーなど参戦のドリアーヌ・パンと交代
AUTOSPORT web
スーパー耐久新法人『STMO』でモリゾウ理事長が目指すもの、そして守っていくものは
スーパー耐久新法人『STMO』でモリゾウ理事長が目指すもの、そして守っていくものは
AUTOSPORT web
「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも
「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも
乗りものニュース
「高速SA」に泊まれる!? 謎の「ハイウェイホテル」車中泊より快適ってホント? “どんな人”が利用しているのか
「高速SA」に泊まれる!? 謎の「ハイウェイホテル」車中泊より快適ってホント? “どんな人”が利用しているのか
くるまのニュース
角田裕毅、中国GPは散々な週末に。混乱の中順位上げるもマグヌッセンに撃墜され終戦「僕はかなりスペースを空けていたから腹立たしい」
角田裕毅、中国GPは散々な週末に。混乱の中順位上げるもマグヌッセンに撃墜され終戦「僕はかなりスペースを空けていたから腹立たしい」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年F1第5戦中国GP スプリント
【正式結果】2024年F1第5戦中国GP スプリント
AUTOSPORT web
ヤマハ発動機、80年代のGPマシンをイメージした「XSR900 GP ABS」発売
ヤマハ発動機、80年代のGPマシンをイメージした「XSR900 GP ABS」発売
日刊自動車新聞
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月14日~4月20日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月14日~4月20日)
Webモーターマガジン
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
motorsport.com 日本版
馬鹿げたアクシデントだ! ストロール、リカルド撃墜でペナルティも裁定に不服「集団の先頭で誰かがブレーキを踏んだ」
馬鹿げたアクシデントだ! ストロール、リカルド撃墜でペナルティも裁定に不服「集団の先頭で誰かがブレーキを踏んだ」
motorsport.com 日本版
GWのロングドライブ時にも頼りになる、新作“ハローキティ”グッズ4選!【特選カーアクセサリー名鑑】
GWのロングドライブ時にも頼りになる、新作“ハローキティ”グッズ4選!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催
352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催
@DIME
ホンダ「S660」とスズキ「カプチーノ」が本気バトル!「東北660ターボGP」はチューニング好きにはピッタリのレースです
ホンダ「S660」とスズキ「カプチーノ」が本気バトル!「東北660ターボGP」はチューニング好きにはピッタリのレースです
Auto Messe Web
日産フェアディZ(昭和44/1969年11月発売・S30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト054】
日産フェアディZ(昭和44/1969年11月発売・S30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト054】
Webモーターマガジン
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
WEBヤングマシン
SEALから廃タイヤチューブ再利用のスニーカー登場…価格は2万4200円
SEALから廃タイヤチューブ再利用のスニーカー登場…価格は2万4200円
レスポンス

みんなのコメント

20件
  • 外国でしか売ってない車をさも国内で売り出したような見出しをつける記事が最近とても多い。
    国内で新車が出ないからなんだろうけど面白くはない。
  • エリシオンといえば前評判は良かったのに結局売れず消滅したクルマ
    既に名前で負けてる
    売れる見込みは無いな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0136.0万円

中古車を検索
エリシオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0136.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村