現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブランド導入4年、レクサスの存在感は日増しに大きくなっていた【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

ブランド導入4年、レクサスの存在感は日増しに大きくなっていた【10年ひと昔の新車】

掲載 6
ブランド導入4年、レクサスの存在感は日増しに大きくなっていた【10年ひと昔の新車】

2009年、積極的なモデル展開を行ったレクサス。2005年に日本に導入されて以来、レクサスブランドは一層輝きを増していた。当時、レクサスは日本市場でどのように受け入れられていたのか、ここでは2009年秋に行われた国内フルライナップ試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2010年1月号より)

クーペでもオープンでも変わらないSCの快適な乗り心地
2009年、レクサスは積極的なモデル展開を行った。1月にRXを投入し、4月にはRXハイブリッド、5月にはISコンバーチブルを追加、7月には新たなハイブリッドモデルHS250hを導入した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

これによりラインナップは広がりを見せ、着実にレクサスブランドの販売台数を伸ばしている。とくにHS250hは、月間目標販売台数500台のところ受注台数約1万台(7月14日~8月16日)と、プレミアムセダンとしての環境性能や魅力的な価格設定、そしてレクサスブランドの認知度などがプラスに働き、目標を大幅に上回った。そうしたなかレクサスのフルライナップ試乗会が開催された。

今回、試乗車としてまず選んだのはSC430。SCはレクサスブランドが日本に導入された当初からラインナップされていたモデル。その2010年モデルは、新しいデザインのアルミホイールの採用や新色のボディカラーの設定、夜間の足下の視認性を向上させるイルミネーテッドエントリーシステムが装備されるといった改良が施されている。

試乗したのは、その新色のブルーマイカメタリック。鮮やかなボディカラーは見ているだけで気持ちが高揚する。そしてスタイルも、登場からすでに4年以上経過しているが、いまだに新鮮。鮮度はまだ落ちていないといっていいだろう。

SC430は、どこか最新のレクサスモデルとは一線を画しているところが印象的だ。高級感や静粛性などは、いかにもレクサスらしいところはあるのだが、操作系に軽さは感じられず、しっかりとしているものだった。

天候にも恵まれたので、少し走ったところでオープンにする。スイッチひとつでオープンになるのもこのSCの特徴である。ただし、電動メタルトップはラゲッジルームに収納されるためオープン時のトランク容量は限られてくる。

乗り心地は、極めてフラットかつコンフォートライドな感覚だ。どんな路面状況であれ、その凹凸をドライバーが感じることは少ない。クルマへの入力がドライバーへ伝わる前にすべてボディに吸収されてしまうといった感覚だ。

だからといって極端にフワフワとしていてドライバーへのインフォメーションが少ないというわけではない。クルマの性格に合わせた味付けがなされているようだ。こうした味の使い分けは、レクサスは本当に上手いと思う。

このクルマには似合わないなと思いつつもアクセルペダルを床まで踏み込んでみた。すると、SCはレスポンスがいいとは言えないが、といって鈍いわけでもない「ジェントル」という言葉が一番相応しい加速力を見せてくれる。

オーディオは、クローズド時とオープン時の音量や音場特性を自動的に補正するマークレビンソン製が標準装備される。空調やこうした音などドライバーが意識することもなく自動的に調整されるのはオープンのSCならではだろう。こうしたところにもレクサスのおもてなしが体感できる。

車重を感じさせない軽快なRX、しかも燃費は18km/L台
SCのレポートだけで紙幅が尽きそうであるが、もう1台、RX450hにも試乗した。このRXもレクサスブランドのSUVとして「レクサスらしさ」が感じられる。また、ハイブリッドモデルに加えて2WD車も投入され、選択肢の幅が広がったのは朗報だ。

シートに座って最初に視角に入ってくるのはHSにも採用された「リモートタッチ」だ。HSに試乗したときにも感じたが、指先の感触だけでモニタ上のポインター操作ができ、とても使いやすい。これからのレクサス車には、ぜひとも標準採用してほしい装備だ。

2トンを超えるRX450hの車重は決して軽くはないが、システム合計の出力が299psと十分なため、その重さを感じる場面は少ない。アクセルペダルを踏み込めば、車体が前へ前へと引っ張られていき、軽快ささえ感じるほど。これで10・15モード燃費は18km/L台というのだから本当に驚きだ。

レクサスの存在感は、日増しに大きくなってきている。それは、ラインナップの充実もそうだが、それ以上に走る楽しさと優れた環境性能の両立がブランドの核としてあるからだ。レクサスの価値は、まさにそこにあると言える。(文:Motor Magazine編集部 千葉知充/写真:村西一海)

レクサス SC430 主要諸元
●全長×全幅×全高:4535×1825×1355mm
●ホイールベース:2620mm
●車両重量:1740kg
●エンジン:V8DOHC
●排気量:4292cc
●最高出力:206kW(280ps)/5600rpm
●最大トルク:430Nm/3400rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:FR
●10・15モード燃費:8.7km/L
●タイヤサイズ:245/40R18
●車両価格:710万円(2009年当時)

レクサスRX450hバージョンL エアサス 主要諸元
●全長×全幅×全高:4770×1885×1690mm
●ホイールベース:2740mm
●車両重量:2130kg
●エンジン:V6DOHC+2モーター
●排気量:3456cc
●最高出力:183kW(249ps)/6000rpm
●最大トルク:317Nm/4800rpm
●前モーター最高出力:123kW(167ps)
●前モーター最大トルク:335Nm
●後モーター最高出力:50kW(68ps)
●後モーター最大トルク:139Nm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:4WD
●10・15モード燃費:18.8km/L
●タイヤサイズ:235/55R19
●車両価格:650万円(2009年当時)

[ アルバム : レクサス SC430、RX450h はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

フェルスタッペンが通算33回目のPP獲得。フロントロウはルクレール【予選レポート/F1第1戦】
フェルスタッペンが通算33回目のPP獲得。フロントロウはルクレール【予選レポート/F1第1戦】
AUTOSPORT web
1000万円超え! トヨタ新型「ランクル“プラド”」予約受付開始! 330馬力の「“最強エンジン”仕様」中国で発売へ
1000万円超え! トヨタ新型「ランクル“プラド”」予約受付開始! 330馬力の「“最強エンジン”仕様」中国で発売へ
くるまのニュース
ヤマハ「TMAX560」シリーズ2024年モデル発売 上質感とスポーティさを表現した新色を採用
ヤマハ「TMAX560」シリーズ2024年モデル発売 上質感とスポーティさを表現した新色を採用
バイクのニュース
「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???
「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???
ベストカーWeb
ホンダ「PCX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スバルの屋台骨を支える「新型フォレスター」はバカ売れ間違いなし!? 歴代モデルの系譜から占う新型のポイントとは?
スバルの屋台骨を支える「新型フォレスター」はバカ売れ間違いなし!? 歴代モデルの系譜から占う新型のポイントとは?
ベストカーWeb
ザウバー育成マロニーが初優勝。宮田莉朋はスタートで出遅れるも猛追見せる/FIA F2第1戦レース1
ザウバー育成マロニーが初優勝。宮田莉朋はスタートで出遅れるも猛追見せる/FIA F2第1戦レース1
AUTOSPORT web
広さ確保のためだけじゃない!? タントよりもスペーシアよりもN-BOXが一番長いのよ!! 軽最長ホイールベースのワケ
広さ確保のためだけじゃない!? タントよりもスペーシアよりもN-BOXが一番長いのよ!! 軽最長ホイールベースのワケ
ベストカーWeb
「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題
「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題
motorsport.com 日本版
5号車ポルシェが開幕ポール獲得。トヨタは1台が一次予選敗退も、新人デ・フリースが2番手【WECカタール予選】
5号車ポルシェが開幕ポール獲得。トヨタは1台が一次予選敗退も、新人デ・フリースが2番手【WECカタール予選】
AUTOSPORT web
ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】
ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】
Auto Messe Web
ええ、N360とN-BOXって同じ設計思想ってマジか!! ホンダのMM思想が感動レベルだった
ええ、N360とN-BOXって同じ設計思想ってマジか!! ホンダのMM思想が感動レベルだった
ベストカーWeb
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーネット
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
motorsport.com 日本版
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
AUTOSPORT web
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
motorsport.com 日本版
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
  • トヨタの高額車は輸入車に踏み切れない余裕の無いユーザー向けて感じだなw
  • ガラス、テールライトをLEDにして高額に値上げ。トヨタ流ぼったくり術が偉大だ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

710.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.8388.0万円

中古車を検索
SCの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

710.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.8388.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村