現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国道158号、大幅な所要時間の短縮で“酷道”を返上した安房トンネル! その壮絶な難工事の歴史を振り返る。

ここから本文です

国道158号、大幅な所要時間の短縮で“酷道”を返上した安房トンネル! その壮絶な難工事の歴史を振り返る。

掲載 更新 5
国道158号、大幅な所要時間の短縮で“酷道”を返上した安房トンネル! その壮絶な難工事の歴史を振り返る。

かつての幹線、国道158号旧道の安房峠は酷道!だった

安房峠は、長野県と岐阜県の県境にまたがる峠だ。この峠を越えるルートは信州と飛騨を結ぶ交通の要衝だが、難所のひとつとして有名であり、当初、この峠を越える幹線であった国道158号の旧道は、道路マニアには「酷道」として知られていた。旧道は狭く大型車のすれ違いが困難で、アップダウンが激しくつづら折りの急カーブが続く。かつての旧道での安房峠越えは、天候や季節によっては8~10時間かかることもあったという。また、積雪で通行止め(11月中旬~5月上旬)にもなる。その際は、大幅な迂回路をとらざるを得なかった。このため、安房峠を抜ける安房トンネルを含む安房峠道路が計画され、1997年に開通した。その工事は、「日本のトンネル技術の敗退」とまで言わしめた国道152号 青崩峠のトンネル工事に匹敵するほどの難工事であったという。

中央道・小仏トンネルで通行止め! 上り線で平日8夜間の通行規制

火山にトンネルを貫通させよ! 難工事の行方は?

「安房トンネル」は、調査をはじめた段階で、以下の地形や地質が大きな壁となって立ちはだかっていた。北アルプス山岳地帯特有の急峻な地形火山活動が行われている地域火山噴出物が堆積した脆弱な地質山岳部に道路を築くか、火山帯にトンネルを貫通させるか。比較検討の末、長大トンネルに決まり、調査抗が掘り進められることになった。長野側は高熱帯を掘り進めるため、送風管での冷却や耐熱用火薬などを使用しなければならなかったが、これで大きな問題はないこと、懸念していた火山性ガスもそれほど心配ないことがわかった。一方、岐阜側は熱水の噴出を抑えながら掘り進めることはできたが、想像以上の脆弱な地質のため、難易度の高い「水抜工法」を選択せざるを得ないことが明らかとなった。本坑着工後、岐阜側では出水による土砂の流出により、水抜坑や調査坑の一部が埋没するも、地下水位を下げることに成功し、両側からの掘削を続け、トンネルの建設ではひとりの犠牲者も出さず、1995年4月に貫通を迎えたのだった。しかし、貫通を目前とした1995年2月、長野側のトンネルに接続する道路を建設する現場の水蒸気爆発で作業員4名が命を落とす事故も発生している。その後、周辺の道路などの整備を進め、1997年12月6日、安房峠道路は開通した。難工事の末に切り拓かれたこの道路によって、国道158号の難所といわれた安房峠をたった5分で通り抜けられるようになった。

安房峠道路は中部縦貫自動車道の一部となり、同自動車道は国土交通省の管理する無料の自動車道だが、安房峠道路のみ、NEXCO中日本管轄の有料道路として供用されている。有料期間は2049年まで、無償化まではまだ時間はかかりそうだが、利用者からは「有料でも利用したい」という声が多いという。それどころか、地元では、この安房峠道路の開通が「第二の夜明け」とまで言われているとか…。なお、酷道で名高い旧道だが、現在も通行可能(冬期を除く)である。厳しい道路ではあるが、その途中では、ドライバーやライダーの疲れを癒した綺麗な景色が待っているかもしれない。

関連タグ

こんな記事も読まれています

この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
AUTOSPORT web
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
Auto Messe Web
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
カー・アンド・ドライバー
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
日刊自動車新聞
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
@DIME
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
バイクのニュース
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
ベストカーWeb
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
カー・アンド・ドライバー
フェルスタッペン、26年F1に導入予定の”アクティブエアロ”は大嫌い!「それよりも、マシンの重量を軽くすることを目指すべきだ」
フェルスタッペン、26年F1に導入予定の”アクティブエアロ”は大嫌い!「それよりも、マシンの重量を軽くすることを目指すべきだ」
motorsport.com 日本版
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
くるまのニュース
自転車に乗っている時も音楽が聴きたい! 注意すべきポイントとは?
自転車に乗っている時も音楽が聴きたい! 注意すべきポイントとは?
バイクのニュース
日本型ライドシェア、横浜や川崎で4月12日より順次開始
日本型ライドシェア、横浜や川崎で4月12日より順次開始
レスポンス
やっぱりロバンペラは異次元! FDJ参戦ドライバーにWRC王者の印象を直撃した
やっぱりロバンペラは異次元! FDJ参戦ドライバーにWRC王者の印象を直撃した
WEB CARTOP

みんなのコメント

5件
  • aid********
    旧道はマンガに出てくるような断崖絶壁の道路でガードレールがなく、一歩間違えたらあの世に直行というような道だった。
    でも頂上の茶屋から穂高連峰が見えた時の達成感は素晴らしかった。
  • panccito
    安房峠トンネルは完成したけど、岐阜県側・長野県側からのアクセス道路(R158)の整備が遅れている。特に長野県側の波田〜中の湯間、細い道でトンネルが狭くて運転が怖いと感じる酷道。安房峠トンネルが完成して20年以上経っているけど、アクセス道路はなんとかならないのか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村