現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまも復活が期待される名車「エスティマ」どこがよかった? なんで生産終了になった??

ここから本文です

いまも復活が期待される名車「エスティマ」どこがよかった? なんで生産終了になった??

掲載 7
いまも復活が期待される名車「エスティマ」どこがよかった? なんで生産終了になった??

 2023年4月~9月期の登録車販売台数において、10位圏内にトヨタ「ノア」(5位、49,587台)、トヨタ「ヴォクシー」(7位、45,020台)、日産「セレナ」(8位、43,252台)と、3モデルがランクインするなど、安定した人気を誇るミニバン。いまでこそ、当たり前となった乗用ミニバンジャンルだが、このジャンルを切り拓いた一台は、2020年に販売終了となった「エスティマ」だ。

 初代エスティマが登場したのは、1990年5月のこと。その後約30年間で3世代のみというロングライフだったエスティマは、いまも復活を望む声が多いモデル。「天才タマゴ」エスティマの魅力について振り返りつつ、生産終了のワケについて考えてみよう。

いまも復活が期待される名車「エスティマ」どこがよかった? なんで生産終了になった??

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA

成功したとはいえなかった初代

 「エスティマ」は、1989年の東京モーターショーでコンセプトモデルとして登場、翌1990年に発売されたモデルだ。当時急伸していたアメリカのミニバン市場をメインターゲットとして開発されたもので、そのスタイリングテーマは「たまご」。フロア中央部下にエンジンを75度傾斜させて搭載することにより、ミニバンらしからぬ走りと広い室内空間を実現しており、革新的なミニバンとして、大いに話題になった。

 しかしながら、アメリカでは2.4L 直4エンジンでは非力だとして受け入れられず、日本においても、大きすぎて(全幅は1800mmもあった)かつ値段が高いという理由で、当初は販売が伸び悩むことに。ただ国内では、1992年に登場した、エスティマの全幅を1700mm以下にして5ナンバー枠に収めた「エスティマルシーダ」/「エスティマエミーナ」が大ヒット。一躍人気車へ躍り出た。

「天才タマゴ」のコピーで話題となった初代エスティマ。MRレイアウトとスタイリングのよさから、根強いファンはいまも少なくない

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="3" car_cd="10102010" keyword="エスティマ" limit=30]

乗用ミニバン市場を確立させた2代目

 エンジンをフロア下に搭載する、ミッドシップレイアウトだった初代エスティマは、ミニバンでありながら独特のゆったりとした乗り味を持ち合わせていたが、狭いスペースに収められるエンジンの種類には限りがあるため、結果的に「非力」という評価に結びついてしまった。

 そこで2000年に登場した2代目では、カムリをベースとしたFFレイアウトに変更、エンジンも3.0LのV6が搭載可能となった。初代のたまご形のワンフォルムデザインを継承しつつ、低床化で実用的な空間を確保。両側スライドドアの採用や、後にハイブリッドを追加設定するなど、ファミリーカーとしての魅力を大いに高めた。

 当時のミニバンといえば、商用バンをベースとしたキャブオーバー型のハイトワゴンであり、商業車チックなデザインや、背高ゆえに頼りない走行性能、広くはない車室内の居住性など、ファミリー層にはイマイチ刺さりにくいモデルばかり。2代目エスティマは、ミニバン市場を、「商用バンをベースにした家族向け乗用車」から、「走りもデザインも楽しめるオーナーカー」にイメージチェンジさせたのだ。

2000年デビューの2代目エスティマ。たまご形のフォルムは継承したが、メカニズムは初代と異なるFFレイアウトとなった。それでもミニバンとしての魅力は総合的に向上

ノアやアルファードの台頭のほか、SUV人気もエスティマには逆行に

 2006年には3代目へとモデルチェンジをしたエスティマ。自身が確立した乗用ミニバンジャンルは、2001年に日本のファミリー層向けに開発されたミドルクラスの「ノア」が、2002年には、豪華さがウリのラージサイズの「アルファード」が登場するなど、人気ジャンルに急成長。その結果、エスティマは存在価値が薄れ、2020年にその役目を終えることになった。

 生産終了となってしまった理由はほかにも考えらえる。エスティマはミニバンでありながら、独特なスタイリングや走りのよさから、ややニッチな需要を満たすモデルでもあったが、近年は、デザインでパーソナルカーを選ぶならSUV系が人気となっている。少子高齢化によって、ミニバン市場そのものが将来的に縮小傾向(もしくはこれ以上の成長はない)にあることも影響しているだろう。トヨタはこれらを総合的に判断し、生産終了という決断に至ったのだろう。

最終型となる2016年マイナーチェンジ版の3代目エスティマ。「ワンモーションフォルム」のよさはエスティマならでは

◆      ◆     ◆

 そんなエスティマだが、今後BEVで復活するというウワサがある。初代エスティマがMRで実現したかった「本来のエスティマ」の乗り味をついに達成できるのか、期待して待ちたい。

こんな記事も読まれています

15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

7件
  • goo********
    私はエスティマに3台乗り継いでいます。
    親しみもあり、復活を期待したいです。
  • ********
    安かったね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.4353.1万円

中古車を検索
エスティマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.4353.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村