サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ、「CX-5」大幅改良 最新の魂動デザイン採用 乗り心地や操縦性向上

ここから本文です

 マツダは8日、SUV「CX―5」を大幅改良し、予約を開始したと発表した。12月上旬に発売する予定。最新の魂動デザインや走行モードを切り替えられる機能を採用したほか、ライフスタイルや価値観に合わせて選べる2種類の特別仕様車を追加した。

 エクステリアはフロントフェイスの意匠を一新し、ランプの外形とユニットのデザインも変更した。

マツダ、FR系ラージ商品群のSUVを2023年までに4車種投入 日本市場向けは「CX-60」と「CX-80」

 ダイナミクス性能の進化では、車両構造技術「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」の考え方を適用し、乗り心地や操縦性、静粛性の向上を図った。

おすすめのニュース

サイトトップへ