現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今なら1500万円ってマジか? 嗚呼……後悔先に立たず! なぜ第2世代エボ最高? の「ランエボVIマキネンエディション」を売ってしまったのか?

ここから本文です

今なら1500万円ってマジか? 嗚呼……後悔先に立たず! なぜ第2世代エボ最高? の「ランエボVIマキネンエディション」を売ってしまったのか?

掲載 31
今なら1500万円ってマジか? 嗚呼……後悔先に立たず! なぜ第2世代エボ最高? の「ランエボVIマキネンエディション」を売ってしまったのか?

 今や海外オークションでは程度のいいタマだと1500万円以上で取引されている第2世代最後のランサーエボリューションVIのマキネン仕様。新車で購入しながら2年ちょっとで手放してしまった担当が後悔の念を語る。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/三菱自動車、ベストカーWeb編集部・渡邊龍生

今なら1500万円ってマジか? 嗚呼……後悔先に立たず! なぜ第2世代エボ最高? の「ランエボVIマキネンエディション」を売ってしまったのか?

■T・マキネンの4年連続ドライバーズ獲得を記念した特別仕様車だった

ランサーエボリューションVIトミーマキネンエディションは第2世代ランエボシリーズのトリを飾る限定車エボのさらに特別仕様車だった

 いきなり個人的な話で恐縮なのだけど、いまだにあの時の決断を悔やんでいる部分がある。何がって、ランサーエボリューションVIトミーマキネンエディション(以下、ランエボVIマキネン)を売却してしまったことだ。

 ランエボVIマキネンは、第2世代ランエボ(IV~VI)の最後を飾る限定車ランエボのなかでもさらに当時の三菱WRCグループAで4年連続ドライバーズチャンピオンを獲得したエースドライバー、トミー・マキネンの偉業を記念した特別仕様車として登場。

 当時、R33スカイライン2ドアGTS25tタイプMに乗っていた私は1997年に登場した最後の5ナンバーエボのランエボIV、翌1998年に登場したランエボVと毎年のように登場する第2世代ランエボに注目していた。

 最も欲しかったのはエボVだったのだが、タイミングが合わずにR33に乗りながらじっとエボシリーズの動向を観察。そして1999年12月、ついにランエボVIマキネンが正式に発表された。

[articlelink]

■エボVとエボVIのいいとこ取りだった?

アルミホイールはエボIV~IVまでのOZ製からENKEI製10本スポークタイプに変更されていた

 翌2000年1月に正式に販売が始まったランエボVIマキネンはその生産台数も歴代最も少ない3000台弱。しかもエボVの足(フロント)とエボVIの足(リア)をジョイントし、エボVIよりも10mmダウンしたターマック仕様サスペンションを備えていた。

 直4、2LDOHCターボの4G63はGSRでは最高出力280ps/最大トルク38.0kgmはエボVから変わっていなかったが、その最大トルクの発生回転数が従来までの3000rpmから2750rpmに低められていたのもポイントだった。

 それだけでなく、第2世代エボ最後を飾るにふさわしいエクステリアも精悍そのもの。従来まではフロントバンパーに必ずフォグランプ設置部があったのだが、より高速なターマック仕様として今回は標準仕様では廃止。その代わり、カナード形状となったフロントバンパーのサイド部やフロントリップスポイラーなどを採用。

 ホイールにはエボIV~IVまでのOZ製からENKEI製10本スポークタイプに変更されていたのもトピック。リアビューをキリリと引き締めるマフラーはエボVIまでの楕円形状のマフラーテールからエボVIマキネンでは真円形状の大口径マフラーに変更。走るたびにその排気サウンドには酔いしれたものだ。

ランサーエボリューションVIトミーマキネンエディションのRECAROシートにはマキネンのロゴが入る特別仕様となっていた

 また、インテリアでもRECAROシートにはマキネンのロゴが入る特別仕様だったほか、従来ではRS用だったクイックステアリングギアがGSRにも採用されたり、GSRに新開発のハイレスポンスチタンアルミ合金ターボチャージャーが採用されたりしたことで中低速トルクとレスポンス向上を図っていたこともオーナー心をくすぐられたもの。

■E46BMW3シリーズのハイソな匂いに惹かれ……

担当が2000年に購入したランエボVIマキネン。売らずに今も乗り続けていたら……

 担当がこのランエボVIマキネンを購入したのが2000年夏。車両本体価格327万8000円と当時としてはなかなかの金額だったのだが、基本的に値引きしないランエボシリーズでありながら在庫車を30万円引きの条件で乗り出し約365万円で新車購入したのだった。

 購入してからは、特に走りの面では文句なしだったランエボVIマキネン。まあ、快適性はないに等しかったのだが、それは納得して購入していたワケだし。比較的コンパクトなボディに4G63ターボの強烈無比な加速力はそれまでの愛車たちをはるかに凌駕していた。さらにエボIVからのAYCの採用でワインディングに行っても面白いように曲がる、曲がる(笑)!

 こんな楽しいスポーツセダンがあるのかと当時は仕事が終わってから夜な夜なひとりで走りに行っていた。ただ、青空駐車にしていたこともあり、駐車場に止めていた時に車上荒らしにあったりしたものだが……。

 しかし、その2年後の2002年秋、当時ジャーマン3のDセグモデルのひとつであるE46型BMW3シリーズに試乗してひと目ぼれしてしまい、勢いで後期型320iMスポーツに買い換えてしまったのだった。

 ちなみに私のランエボVIマキネンの売却額は、2000年6月登録のシルバーカラーのGSRで走行距離は当時1万8000kmのバリもん。2年ちょい乗って250万円の金額がついたのだが、迷わず売却してしまったのだった……。

 その後、紆余曲折あって現在は先代スバルWRX S4に乗っているのだが、あの時ランエボVIマキネンを売らなければ……。今では街で見かけることも減ったのだが、あの時の自分の決断が正しかったのかどうかを考えるといまだに後悔することも。

こんな記事も読まれています

マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
グーネット
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
AUTOSPORT web
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
レスポンス
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
AUTOSPORT web
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
くるまのニュース
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
Auto Messe Web
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
driver@web
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
motorsport.com 日本版
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
WEB CARTOP
世界にたった1台のアルファロメオ! かの「SZ」を彷彿とさせる「ジュリアSWBザガート」はスペックも強烈だった
世界にたった1台のアルファロメオ! かの「SZ」を彷彿とさせる「ジュリアSWBザガート」はスペックも強烈だった
WEB CARTOP
【特集:GRとNISMO変化の実存(1)】ワークスチューンが止まらない!GRカローラとGT-R NISMOの特別と格別
【特集:GRとNISMO変化の実存(1)】ワークスチューンが止まらない!GRカローラとGT-R NISMOの特別と格別
Webモーターマガジン
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
VAGUE
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
driver@web
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

31件
  • oig********
    アホくさ。今持っていれば1500万円だからってか
    んな事なら、俺は32RやCR-XのEF8、180SX、コロナセダンの4AG、アルトワークス初期型などなど
    今じゃ高価な車をたくさん乗り継いできたっての、過去を引きずった話のネタを今さら。25年ルールさえ無ければ、こんなに高価な価格になってねーよ。
    過去は振り返らず前進あるのみ。今乗ってる車が一番と思ってりゃいいだろ。
  • mr.kobayan
    変に値上がりすると手放せなくなる。乗りもしないのに毎年税金払って車検通して。俺の32がそう。絶対手放しちゃいけない呪縛。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

324.5540.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

95.01025.0万円

中古車を検索
ランサーエボリューションの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

324.5540.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

95.01025.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村