現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ「XC60」 誰もが納得の高級な見た目、乗り心地、走りのXC60D4試乗記

ここから本文です

ボルボ「XC60」 誰もが納得の高級な見た目、乗り心地、走りのXC60D4試乗記

掲載 更新
ボルボ「XC60」 誰もが納得の高級な見た目、乗り心地、走りのXC60D4試乗記

2017年10月にフルモデルチェンジをしたボルボ「XC60」に、ディーゼルモデルが導入され試乗してきた。プレミアムモデルのXC60のガソリン車に試乗した時、驚かされたのは、その驚異的とも言える静粛性だとレポートしている。今回はディーゼルエンジンの搭載車なので、そのあたりはどうなのか?早速お伝えしよう。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

ボルボXC60はいずれもAWDでFFの導入はしていない。今回のディーゼルXC60D4もAWDで、試乗車はトップグレードのインスクリプションだった。XC60にはガソリンエンジンの出力違い2機種、T5とT6があり、T5の試乗レポートはお伝えしている。また、すでに導入しているプラグインハイブリッドモデルのT8があり、今回のディーゼルを加え、パワートレーンの選択肢が増えたことになる。
※参考:ガソリン車のレポート(ボルボXC60試乗記 ジャーマンスリーをガチライバルとする新型ボルボXC60)
XC60テクノロジー解説(ボルボ スカンジナビア・デザイン、上質さをアピールするプレミアムSUV「XC60」解説)

トヨタ カローラ フルモデルチェンジ試乗記 真のグローバルモデルに生まれ変わった新型カローラハッチバック(プロトタイプ)

■試乗レポート

プレミアムブランドであるボルボの魅力の一つにスカンジナビアン・デザインがある。エクステリア、インテリアともに、独特のセンスが光り、魅力を放っている。XC60D4のインテリアは、センターコンソールの背が高く、これはPHEV用のバッテリー格納のスペースと思われるが、これが、ドライバーズ・シートの、囲まれ感を演出しており、ドライバーズカーとしてのXC60の側面を感じさせる部分でもある。

また流木を使ったドリフトウッドのパネルの手触りが良く、クルマのインテリアでは触れたことのない触感は、刺激的でもある。また見た目にも好ましく、メタルの使い方もセンス良く使われていると思う。また、ナビゲーションモニターがタテ長デザインというのも斬新で、常識を覆すデザインセンスも感じられる。

メーターパネルはフルデジタルで、ドライブモードによって表示内容が変化するが、ありがちな稚拙な表示ではなく、大人に相応しいデザインで表示されるのもいい。そして試乗車にはヘッドアップディスプレイも装備され、地図ナビゲーションはもちろん、標識の認識が可能なので制限速度の表示など安全運転にも寄与する装備がある。

言うまでもないが、ボルボは先進安全装備を全車標準装備としており、日進月歩の技術だけに最新のモデルには最新の安全装備が備わっている。そしてレベル2の運転支援技術ではACCがボタン一つのワンアクションで設定でき、速度設定、車間距離設定も非常に簡単に設定できるようになっていた。

■操舵フィール

運転席からの眺めはコマンドポジションで、見下ろし感のあるポジションだ。高級車系の中でもドライバーズカーを前面に出すBMWとは違い、レンジローバー系のSUV的ポジションに分類されると思う。この見下ろし感のあるドライビングポジションは征服感も味わえるわけで、高級SUVに相応しい一面でもある。


ステアリングの操舵フィールは軽く、高級車らしいフィーリングで、全長4690mm、全幅1900mm、全高1660mm、ホイールベース2865mmという、ほぼDセグメントサイズの大きさを感じさせない軽快感がある。また、試乗車にはパノラマサンルーフが装備されていたこともあるが、視界が広く、相当に爽快感が高い印象だった。

そしてステア応答は素直で、ドラポジの高さからくるゆったりとした印象はあるものの、応答遅れなどなく、ちょうどいい操舵フィールだと思う。ワインディングでも良く曲がる、という印象でハンドルを切り、さらに切り足してアクセルを踏んでもアンダーにはならず、ステア方向にグングンと回頭していくので、動きはイマドキのドライバーズカーでもある。また、高速道路での車線変更では収まりが良く、ドラポジが高いモデルには、切り戻しがありがちだが、そうした応答遅れも全くなく、すんなりと車線に収まる。そして直進の座りもよく安心感も強いと感じる。

■乗り心地

試乗車はエアサスペンション仕様のインスクリプションで、NVHにおいて非常に好ましい仕上がりと感じた。冒頭に記載した静粛性でも、ディーゼルであるネガが微塵もない。驚異的と言える静粛性はディーゼルエンジン搭載モデルでも受け継がれており、個人的にはこのXC60D4がベストチョイスと言いたくなる。

もちろん、走行フィールは滑らかで滑るように気持ちよく走り、ハーシュネスの性能も素晴らしくいい。関東近辺でもっともハーシュネスの厳しいであろう西湘バイパスの路面の継ぎ目でも、『嘘だろう?』というほど滑らかにいなしていくのだ。また料金所からの加速でもディーゼルのゴロゴロした音がせず、わずかにエンジン音はするものの、ディーゼルなのかガソリンなのか、判別できないレベルの静粛性がある。それにもかかわらず、ディーゼルらしい力強い加速感があり、トルクフルに車速を上げてくれるのだから申し分ない。

トランスミッションは8速ATを搭載しているが、面白い状況も発見した。100km/h走行時8速にシフトされ、エンジンスピードは1600rpm。これが80km/hになると7速となり回転は同様に1600rpmとなる。が、90km/hで走行すると8速にシフトされるため、回転が1400rpmとなるのだ。空気抵抗があるので、何とも言えないが80km/h走行より90km/h走行のほうが燃費はいいかもしれない。

■まとめ

意のままに走れるというドライバビリティだけではなく、高級車には欠かせない静粛性や乗り心地の優雅さも備わり、ボルボブランドはいま大きく羽ばたいていることを感じる。ひとクラスボディサイズの小さいXC40は現在世界中で大人気となり、国内ではすでに年内の販売予定台数を完売しており、このXC60も納期が遅れているという。それだけ多くの人にこの価値観が伝わっているわけで、このディーゼルモデルも品薄になるのは間違いないだろう。

最後にプラス30万円のエアサスペンションだが、この高級な乗り味はエアサスがベストマッチだと思う。ドライバーズカーの要素を求めるならコンベンショナルなサスペンションも良いが、車格に見合っているのはエアサスペンションのほうだ。

■価格

ボルボ XC60 関連情報
ボルボ 関連情報

こんな記事も読まれています

フィアット『Nuova 500』モチーフのティッシュケースが登場
フィアット『Nuova 500』モチーフのティッシュケースが登場
レスポンス
日産「新型・車中泊“専用”バン」がスゴい! 超オシャレ「上質インテリア」採用! クルマとは思えない斬新「部屋仕様」に大反響
日産「新型・車中泊“専用”バン」がスゴい! 超オシャレ「上質インテリア」採用! クルマとは思えない斬新「部屋仕様」に大反響
くるまのニュース
アウトドアカーはシンプルがいいね! 大容量&車中泊に特化したトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
アウトドアカーはシンプルがいいね! 大容量&車中泊に特化したトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!  
「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!  
モーサイ
今年も猛暑! クルマの熱中症対策グッズは「6月」までに準備すべき理由 昨年は9万人以上が救急搬送されている
今年も猛暑! クルマの熱中症対策グッズは「6月」までに準備すべき理由 昨年は9万人以上が救急搬送されている
Merkmal
【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 前編】きっとあなたも好きになる・・・イケメンワゴンが誘う理想の世界
【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 前編】きっとあなたも好きになる・・・イケメンワゴンが誘う理想の世界
Webモーターマガジン
2号車キャデラックが降格/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 スターティンググリッド
2号車キャデラックが降格/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 スターティンググリッド
AUTOSPORT web
ついにヒョンデ 「アイオニック 5 N」発売開始! さらに”ドリキン土屋”監修のチューニングパーツも開発
ついにヒョンデ 「アイオニック 5 N」発売開始! さらに”ドリキン土屋”監修のチューニングパーツも開発
THE EV TIMES
F1ラスベガスGP、底力が試されるのは”第2回”? 初開催は成功裏に終わるも「どんなことからも学ぶことがある」
F1ラスベガスGP、底力が試されるのは”第2回”? 初開催は成功裏に終わるも「どんなことからも学ぶことがある」
motorsport.com 日本版
HKSからGT-R、86/BRZ、GRスープラ用フロアマットがリニューアルされて販売開始
HKSからGT-R、86/BRZ、GRスープラ用フロアマットがリニューアルされて販売開始
レスポンス
箱根のロング有料道路「値上げ」全線通ると普通車1000円超に 37年ぶり7月から 新割引も
箱根のロング有料道路「値上げ」全線通ると普通車1000円超に 37年ぶり7月から 新割引も
乗りものニュース
ホンダが「斬新 軽バン」発表! 荷室フラットで「快適車中泊」出来る? N-VANとe:では違いある?
ホンダが「斬新 軽バン」発表! 荷室フラットで「快適車中泊」出来る? N-VANとe:では違いある?
くるまのニュース
世界に1台しかないフェラーリ「テスタロッサ」タルガトップが5000万円からと激安の理由と製作したEBSとはなにもの?
世界に1台しかないフェラーリ「テスタロッサ」タルガトップが5000万円からと激安の理由と製作したEBSとはなにもの?
Auto Messe Web
3列シート 7人乗り、多彩なライフスタイルにフィットするSUV 電気自動車 メルセデス「EQB」を発売
3列シート 7人乗り、多彩なライフスタイルにフィットするSUV 電気自動車 メルセデス「EQB」を発売
AutoBild Japan
【悲報】 アバルト「F595」/「695」在庫一杯で国内販売終了のお知らせ 電動化の推進に伴い
【悲報】 アバルト「F595」/「695」在庫一杯で国内販売終了のお知らせ 電動化の推進に伴い
AUTOCAR JAPAN
ランボルギーニ公式コーヒー? 「ラヴァッツァ」とのパートナーシップ発表
ランボルギーニ公式コーヒー? 「ラヴァッツァ」とのパートナーシップ発表
レスポンス
「とても生産的」な学びを得たアロンソ。今季最多ポイント獲得のアストンマーティン/F1カナダGP
「とても生産的」な学びを得たアロンソ。今季最多ポイント獲得のアストンマーティン/F1カナダGP
AUTOSPORT web
手ぶらでサーキット体験!! レンタル車両にプロのレッスンまで! ブリヂストンのeスポーツとリアルのコラボが魅力満載
手ぶらでサーキット体験!! レンタル車両にプロのレッスンまで! ブリヂストンのeスポーツとリアルのコラボが魅力満載
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村