現在位置: carview! > ニュース > イベント > 「メーカー主催」オーナー交流の大切さ AOG湘南里帰りミーティングで知る

ここから本文です

「メーカー主催」オーナー交流の大切さ AOG湘南里帰りミーティングで知る

掲載 4
「メーカー主催」オーナー交流の大切さ AOG湘南里帰りミーティングで知る

オーテック乗り集合 申し込みは377台に

3連休の初日で朝から好天となった10月7日に、神奈川県にある大磯ロングビーチの駐車場にて「AOG湘南里帰りミーティング」が開催された。

【画像】水没しても大切にしたオーテック ザガート ステルビオ【イベント会場から】 全61枚

「AOG」とはオーテック・オーナーズ・グループのことで、文字通り日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC=2022年4月にオーテックジャパンとニッサン・モータースポーツ・インターナショナルが統合されて発足)のクルマを愛用しているユーザーに対してNMCが感謝の意を込めて開催しているビッグイベントだ。

2004年に開催されたプレイベント的な催しまでをカウントすると今回で16回目で、コロナ禍の影響で2020年と2021年の2回は実施せず、昨年3年ぶりに再開(社名変更後の初開催)。今年はコロナ前を上回る規模での開催となった。

単一車種ユーザーのオーナーミーティングとは異なり、NMCというメーカーが主催するイベントなので参加人数が多く、今年は743名、377台という申込受理数での開催に。参考までに記しておくと、ノートの73台が最多勢力で、マーチの63台、セレナの59台がそれに続く。S15型シルビアのオープンモデルで、電動式メタルルーフを採用していたレア車のヴァリエッタまで複数集まっていたのが印象的だった。

常連の参加者が多いのかと思ったら、毎回3割が“初参加”とのことなので、着実にNMCのクルマを愛用しているオーナーが増えているのだ。

車種ごとに駐車するシステムなので、同じクルマに乗るユーザー同士が気軽に交流できる点も、毎回AOG湘南里帰りミーティングが盛況である理由の1つなのだといえるだろう。

里帰りに、未来の人材もやってくる?

参加人数が多いこともあり、今回は80名の社員が運営スタッフとして参加者たちをサポート。会場のあちらこちらでユーザーとのつながりを深めた。

オーテックはユーザーとのこういった場でのつながりからも、真に求められているモノに対する理解を深め、ニーズにマッチした製品を提供しているのだ。

開会式でNMCの代表取締役社長兼最高経営責任者である片桐隆夫氏が「子どもの頃、親と一緒にAOG湘南里帰りミーティングを楽しんでいた女性が、会社とユーザーとの距離が近い、ということで今年の新入社員として入ってきてくれました」と話していたが、そういうエピソードを披露できるほど“メーカー主催オーナーミーティングの先駆け的イベント”を長く続けてきており、なおかつユーザーフレンドリーなのだ。

メーカー主催のオーナーミーティングだが、AOG湘南里帰りミーティングはユーザーが主役の大規模なオフ会のような雰囲気になっている点が特徴で、展示物をただ単に見るのではなく、愛車で参加したすべてのNMCユーザーが主人公になれるコンテンツがたくさん用意されている。

車両展示から紹介すると、最新のオーテックブランド車、ニスモロードカー、車中泊仕様車、商用特装車、福祉車両、幼児通園車、海外向けのパトロール NISMOおよびパスファインダー Rock CREEK、オーナーから寄贈されたオーテック ザガート ステルビオという充実の内容だった。

片桐氏によるとNMCが総力を結集して製作したクルマの第一弾がスカイライン NISMOとのことで、会社的に気合いが入っているこちらはJGTC GT500用レーシングエンジンの真横で2台が披露された。

被災を生き抜いた「ステルビオ」

ステルビオは宮城県のオーナーから寄贈されたクルマで、1991年に新車で購入し、親子2代にわたって大切にしていたものの、2011年に発生した東日本大震災による津波で被災。

窓のラインまで水没してしまい、それ以後、乗れなくなってしまったが手放すことなく各部のクリーニングを行いながら維持し続け、今回「たとえこの姿で保管されなかったとしても、少しでもいいので使える部品を活用していただければクルマにとっても幸せだと思うので、ぜひ引き取っていただきたい」と寄贈してくれたそうだ。

ブース関連では、オーテック&ニスモ両ブランドのグッズ販売、メダル&レザー刻印などのモノづくり体験、ファミリーで楽しめる縁日ブース、カルチャーコーナー、MOTUL AUTECH GT-Rの運転席に乗車できるキッズライド、協賛企業ブース、ケータリングエリアが展開された。

「遠来賞」と「過走大賞」に拍手!

ステージ関連のコンテンツも充実しており、SUPER GT GT500クラスに参戦している23号車 MOTUL AUTECH Zの松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手および2023 AUTECHレースクイーンの高岡みほさんが登壇。

ゲストとしてトークショーやフォトセッションを行いつつ、12月に開催されるニスモフェスティバル2023のチケットが景品となったじゃんけん大会でも参加者たちを楽しませた。

最北/最南から来場した参加者を表彰する「遠来賞」と走行距離最長車を表彰する「過走大賞」の表彰もあり、遠来賞は北海道(!)から参加のエクストレイル AUTECH、鹿児島(!!)から参加のシルビア AUTECHバージョンが選ばれた。

鹿児島から自走で片道1300kmを走ってきたそうで、イベントが開催される2日前の夕方に出発したとのことだった。

また、過走大賞は55万km走行のセドリック ブロアム ロング VIPが選ばれた。

閉会式/集合写真撮影後に退場開始となったが、出口の左右に社員がずらりと並び、参加者たちを見送った。AOG湘南里帰りミーティングは、来年も数多くの参加者を集め、盛大に開催されることになるはずだ。

こんな記事も読まれています

2024年版 使い勝手良し、走り良し!「最強」電動SUV 10選 カテゴリー別ランキング
2024年版 使い勝手良し、走り良し!「最強」電動SUV 10選 カテゴリー別ランキング
AUTOCAR JAPAN
「学生フォーミュラ日本大会2024」に106チームがエントリー!「Aichi Sky Expo」で9月9日~14日に開催される大会の内容とは
「学生フォーミュラ日本大会2024」に106チームがエントリー!「Aichi Sky Expo」で9月9日~14日に開催される大会の内容とは
Auto Messe Web
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
AUTOCAR JAPAN
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
AUTOCAR JAPAN
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
乗りものニュース
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
AUTOSPORT web
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
乗りものニュース
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
OPENERS
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
くるまのニュース
“スーパー”なステーションワゴンだった──新型アウディRS6アヴァントパフォーマンス試乗記
“スーパー”なステーションワゴンだった──新型アウディRS6アヴァントパフォーマンス試乗記
GQ JAPAN
フランス発ルーフトップテント「ナイトアップ」日本上陸!大人2人から使えるスタイリッシュ仕様
フランス発ルーフトップテント「ナイトアップ」日本上陸!大人2人から使えるスタイリッシュ仕様
グーネット
悲願の初勝利へ“言い訳無用”のチーム体制強化【2024全チームプレビュー/Kids com Team KCMG】
悲願の初勝利へ“言い訳無用”のチーム体制強化【2024全チームプレビュー/Kids com Team KCMG】
AUTOSPORT web
ルノー 「カングー」で楽しむキャンプライフ提案! アウトドアデイジャパン東京2024
ルノー 「カングー」で楽しむキャンプライフ提案! アウトドアデイジャパン東京2024
グーネット
ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
motorsport.com 日本版
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
日刊自動車新聞
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
くるまのニュース
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
グーネット

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01080.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01080.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村