現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車中泊にぜひ活用したい、ハイルーフ車の圧倒的な広さ「スズキ・エブリイワゴン」【最新軽自動車 車種別解説】

ここから本文です

車中泊にぜひ活用したい、ハイルーフ車の圧倒的な広さ「スズキ・エブリイワゴン」【最新軽自動車 車種別解説】

掲載 7
車中泊にぜひ活用したい、ハイルーフ車の圧倒的な広さ「スズキ・エブリイワゴン」【最新軽自動車 車種別解説】

多彩に使える後席レイアウト 力強い走りでカーブでも安心

エブリイワゴンは商用バンをベースにしたワンボックス軽ワゴン。かつては各メーカーから同じようなバンをベースとしたワゴンが販売されていたが、現在はライバルのアトレーがバンになってしまったので、唯一の軽ワンボックスワゴンとなった。 バンの方が税金が安いなどのメリットもあるが、後席の居住性を重視するならワゴンの方が良い。

タントだけの「ミラクルオープンドア」は日常もレジャーも使いやすさ抜群!「ダイハツ・タントカスタム」【最新軽自動車 車種別解説】

エクステリア

「PZターボ」系はハイルーフと標準ルーフを選択することが可能。ディスチャージヘッドランプや14インチアルミホイールなど、装備類も「JPターボ」より充実している。最小回転半径は4.5m。バンは前席から後方の室内の半分以上を荷室としなければならないため、後席を後方に配置することができないが、エブリイワゴンには180mmものシートスライドとリクライニング機構が装備されているから、断然後席の居住性が良いのだ。

インストルメントパネル

前席左右のウォークスルーが可能で、便利な収納類を豊富に備えるインパネ。2021年9月の一部仕様変更でUSB電源二基とMR車の運転席シートヒーターが追加され、利便性が高まった。フルオートエアコンは全車に標準装備。しかも後席を最後端にした状態でも十分な荷室容量が確保されているから積載性も良好。助手席も前倒しできるのでサーフボードも車内に積める。 タイヤも13~14インチになるため、12インチのアトレーよりも見栄えが良く、カーブでの踏ん張りも効く。

居住性

後席前席ハイルーフは室内の頭上空間も広く、開放的な居住性を実現。 後席シートには左右独立式の180mmスライド機構とリクライ ニング機構が備わり、快適なシートアレンジが可能だ。エンジンはターボだけなので力不足を感じることはなく、荷物を積んだ状態でも力強く走ってくれる。ただし、4速ATを組み合わせているため、静粛性や燃費が悪いのが弱点。乗り心地は少し硬めで、乗員や積荷が少ないときには跳ねるような挙動が出てしまい、ワゴンと言えどもスペーシアのような快適性を期待してはいけない。

うれしい装備

「車中泊にも適したフルフラットモードに対応。助手席のシートバックを前倒しする機能も備わっている。PZターボスペシャル」は後席左側に電動オートステップを装備。スライドドアに連動して展開する。「PZ ターボスペシャル」は両側ワンアクションパワースライドドアを装備。運転席にもスイッチが備わる。月間登録台数   1244台(21年8月~22年1月平均値)現行型発表    15年2月(一部仕様変更 21年9月)WLTCモード燃費  13.3 km/l

ラゲッジルーム

通常時後列格納時左が全高1815mmの標準ルーフ、右が全高1910mmのハイルーフの荷室。開口部フロアと段差がなく、大きくて重たい荷物もスムーズに出し入れできる。後席は左右独立のダイブダウン格納と背もたれだけの前倒し機能に対応。先進安全装備などはアトレーに逆転されてしまったが、唯一の軽ワンボックスワゴンとしての存在感は高まった気がする。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.140「2022年軽自動車のすべて」の再録です。

▶︎ http://motorfan-newmodel.com/integration/140/

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
motorsport.com 日本版
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
WEB CARTOP
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
motorsport.com 日本版
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
バイクブロス
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
レスポンス
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
くるくら
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
Auto Prove
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
バイクブロス
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
レスポンス
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
レスポンス
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
くるまのニュース

みんなのコメント

7件
  • 車中泊と子供の車内放置はやめて
  • スペーシアベースみたいな中途半端なクルマ出すより
    エブリーの上位車種出したほうがいいのでは?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

157.0192.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0400.6万円

中古車を検索
エブリイワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

157.0192.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0400.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村