現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新しいフロンマスクを纏った軽スーパーハイトワゴンの三菱eKスペースが市場デビュー

ここから本文です

新しいフロンマスクを纏った軽スーパーハイトワゴンの三菱eKスペースが市場デビュー

掲載
新しいフロンマスクを纏った軽スーパーハイトワゴンの三菱eKスペースが市場デビュー

 三菱自動車は2023年4月6日、軽スーパーハイトワゴンのeKスペースをマイナーチェンジし、5月25日より販売を開始すると発表した。

車種展開および車両価格は以下の通り。

三菱自動車のアクティブな新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」が正式発表。販売開始は5月25日に決定

G:2WD166万1000円/4WD179万3000円

M:2WD154万7700円/4WD167万9700円

 今回の改良は、フロントデザインの変更や新ボディカラーの設定、新シート生地の採用、機能装備の拡充などを図ったことが特徴である。

 まずフロントデザインは、高輝度ブラック塗装にメッキ加飾を組み合わせた立体的なグリルを採用し、合わせて特徴的な縦型スリットのモチーフで仕立てたバンパーを配備して、上質かつ印象的な顔つきを創出する。また、LEDプロジェクターヘッドライトを全車に標準で装備した。一方、足もとには3本スポークをイメージさせる新デザインの14インチホイールカバーを装着。ボディカラーに関しては、モノトーンに新色のアッシュグリーンメタリックを加えたほか、ミストブルーパールを新たに設定。さらに、2トーンにはナチュラルアイボリーメタリック×ブラックマイカ、ホワイトパール×ブラックマイカ、ミストブルーパール×ホワイトソリッドを新たに採用するなど、トータルでモノトーン7色、2トーン4色の全11色をラインアップした。

 内包するインテリアは、シート生地を幾何学的でモダンなパターンとし、同時に汚れの目立ちにくいグレージュ(グレーとベージュの中間色)としたことがトピック。また、リアビューモニター付ルームミラー(自動防眩機能付)と後部座席プリテンショナー機構付きシートベルトを全車標準装備化し、安全性をいっそう向上させた。

 パワートレインは基本的に従来と共通で、BR06型659cc直列3気筒DOHC12Vエンジン(最高出力52ps/6400rpm、最大トルク6.1kg・m/3600rpm)+SM21型モーター(最高出力2.0kW/1200rpm、最大トルク40Nm/100rpm)+リチウムイオン電池+CVTのマイルドハイブリッドを搭載。ターボエンジンはカタログから外れている。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
AUTOSPORT web
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
AUTOSPORT web
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
AUTOSPORT web
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
AUTOCAR JAPAN
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
AUTOSPORT web
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
くるまのニュース
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
AUTOSPORT web
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
Auto Messe Web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
AUTOCAR JAPAN
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
AUTOSPORT web
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
VAGUE
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
レスポンス
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
AUTOSPORT web
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

158.1182.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0199.0万円

中古車を検索
eKスペースの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

158.1182.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村