サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > トヨタがスバルと共同開発の電動SUV「bZ4X」を世界初披露。EV専用プラットフォーム&AWDはスバルの技術

ここから本文です
トヨタ自動車は4月19日に開幕した上海モーターショーで、新型EV「bZ4X」を世界初披露した。トヨタは今後新型EV「bZ」シリーズを2025年までに7車種導入する予定で、今回発表された「bZ4X」はその第一弾となる。同モデルはスバルとの共同開発車となり、AWDシステムなどにスバルのテクノロジーが採用される。

これまでにハイブリッドを中心に展開してきたトヨタだが、いよいよEVにも本腰を入れる。今回のbZシリーズの発表では、2025年までにEVを15車種展開すると明らかにし、そのうち7車種を「bZ」シリーズが占める予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ